少年マガジンで大ヒット!あひるの空のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

バスケットボールを題材にした漫画はそれほど多くはないのですが、このあひるの空は、背が低い主人公が仲間を作りあまり活動的でなかったバスケ部を大会で優勝させるために、獅子奮闘していくスポーツ漫画であり、ちょっとしたギャグ漫画でもあります。

ここではその「あひるの空」の見どころなどをネタバレなしで紹介していきますので、参考にしてみてください。一度読めば笑いあり根性ありできっと引き込まれると思います。

コミック料金比較

あひるの空

まだ連載は続いている「あひるの空」ですが、巻数はあの伝説のバスケットボール漫画「スラムダンク」を抜いています。それだけ面白いわけですから、ここで読まなくちゃ勿体ない!というのが本音です。

ファンとしては、こち亀レベルの長さまで連載を続けて欲しいと思っていると思います。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

現在では46冊発売されていますから、根性ある人は一気読みしてみましょう。なのでそんな奇特な人のために46冊一気借りした場合の金額を計算してみました。

とDMMが単価50円の強さを見せて、最安値で利用可能となっています。送料は高いのでとにかく数を借りればもとは取れると言えるでしょう。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

ヤンキーが集まる九頭龍高校に入学したばかりの主人公、車谷空はバスケットボールをするために部室を訪れたが活動は全くしておらずただただ遊んでいるだけの人達がいるだけで事実上形だけの部活動であった。どうにかして活動がしたいと考えた空とそれをからかう先輩達。

スポンサーリンク

そこでバスケで勝つことができれば活動をしていいと条件のもとに勝負が始まり無事勝利をおさめることができた。

初めは嫌々行っていた先輩達も少しずつ変わっていき次第にバスケに夢中になっていき本気で向き合っていくことになります。

見どころ

この漫画の圧倒的な見どころは漫画でありながら漫画でないことです。というのも私は今までスポーツ漫画をいくつも見てきましたが、勝利や優勝に重点を置く人が多い印象がありました。

強い相手と戦い、負けるが次第に強くなっていきリベンジすることができるなどのストーリーが王道の展開だと思います。しかし、あひるの空ではそういった形はとらずとことん負けます。

もちろん、前半はチーム自体が初心者が多いので当然負けますが成長していっても負けることが多いのです。きっと、勝ち負けという事に重点を置いているのではなく勝負がつくに至るまでの道のりに磨きたいことがあるんじゃないかと思います。

とても考えさせられる現実を描いたような漫画でもあります。

感想

スポーツを描く漫画でありながらそれだけでなくコメディな部分や人間の心理に迫った部分などまさに私達が生きている中でこういう感情があるよなぁといったことが感じられるところに胸を打ちました。

最初の入りとしてはバスケットボールの漫画は珍しいという事からだったのですが、今ではそれだけじゃなくこの後主人公たちはどういう風になっていくのだろう、変わっていくのだろうとワクワクもしますし、ドキドキもさせてくれる漫画だと感じています。

スッと引き込まれていく感覚があったのでこれはなんだろうなぁと考えていたのですが、作者の方は場面でのメリハリの使い方がとても上手だなと感じました。

シリアスな部分ではとてもシリアスになりますが、切り替えるタイミングや部分がベストな場所なんだと思いました。

だからこそ、読んでいても飽きてきたなぁと感じることは全くありませんし、私を含め読者の方々の心に響くものがあるんじゃないかと感じました。

スポーツ漫画が好きじゃない人にも自信をもってオススメできる作品だと感じています。
コミックレンタル

まとめ

matom
以上が少年マガジンで大ヒット!あひるの空のレンタル料金と見どころと感想まででした。作者の日向武史先生は、以外にその他作品が少なく連載物ではHowlingとこの本作品ぐらいです。

後は読み切り作品でスリーアウトチェンジ、少年アンプリファイアーなどと少なめです。それだけあひるの空に力を入れているのでしょう。

バスケットボールをモチーフにした漫画でそのほかヒットしたのは

  • スラムダンク
  • DEAR BOYS
  • I’ll

など。バスケット好きならこれら作品は全てチェックしてみましょう。当然ですがコミックレンタルがおすすめです。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket