最終回までゾクゾクする悪魔の花嫁のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

原作は池田悦子先生で、作画は、あしべゆうほ先生が描く悪魔の花嫁は、読み方はデイモスのはなよめと読みます。

タイトルから見てわかるように、少女漫画でありながらホラーの内容で、怖いもの見たさの女性に好評の作品となっています。

ここでは、部屋で暗い中読んでほしいこの作品の見どころと感想をネタバレなしで紹介していきますので、参考にしてみてください。

コミック料金比較

悪魔の花嫁
漫画のデザインを見てもらえばわかるように、なかなかの怖い出来栄えです。中身も当然恐ろしい出来なので、キモ試しやお化け屋敷が苦手な人には、おすすめできない作品といえます。

それでも読んでみたい人は、下記宅配企業でレンタル料金を計算してみましたので、参考にしてみてください。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

ホラーマンガなのに17巻も発売されている悪魔の花嫁ですから、買いそろえて暗い部屋の中でじっくり読むのもよいですが、レンタルしてから買うのも一つの手段です。

ここでは全17冊大人借りした場合の金額を出してみましたので、興味があれば借りてみてください。

ここではツタヤディスカスが、そこまで差はないですがコストパフォーマンスでよいものが出ました。送料がかかるのは10冊未満なので、17冊一気借りがおすすめです。

ちなみに購入するならどこの電子書店がいいかというと、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

「悪魔の花嫁」は、1975年から連載開始され、いまだに完結していないロングランの少女漫画です。

一話完結のオムニバス形式となっており、悪魔に魅入られた美少女、美奈子が悪魔によって経験させられる、時に恐ろしく、時に美しい物語が描かれています。

どの話も「世にも奇妙な物語」などにそのまま採用できそうな完成度で、非常に面白く、未だに数多くのファンが続編を楽しみにしている作品です。

現在も長い休載をはさみながらも細々と連載されているようですが、いつ完結するやら、そもそも「完結」という概念があるものなのか、ちょっと疑問ではあります。

スポンサーリンク

見どころ

前世で約束していた女性の生まれ変わりを探していた悪魔デイモスと、彼に見出され、花嫁となることを望まれてしまった美少女、美奈子。

美奈子を花嫁として黄泉の国へ連れて行くために、美奈子に人間の汚さ、狡さを見せつけ、絶望させようと画策するデイモス。

そんな悪魔の罠に嵌り、自己を見失い、もがき苦しむ人々が迎える皮肉な結末が物語の核となっているのですが、時に悪魔の誘惑に負けない気高い人間の姿も描かれており、そこが一番の見どころとなっています。

また、好みは分かれると思いますが、古い少女漫画特有の西洋風な絵柄も見どころのひとつです。

とても日本人には見えない登場人物たちが、どこで買ったのかと目を見開くようなドレスを日常的に身にまとい、いつの時代の、どこの国の建築様式か一切不明の洋館で王族のような暮らしを営んでいたりして、コマの隅々をついじっくりと観察してしまいます。

リアリティが欲しい人には不評かと思いますが、ファンタジーとしてみたらとても面白く、楽しみながら鑑賞できるポイントです。

感想

悪魔に魅入られた少女の恐ろしい体験、という体裁になってはいるのですが、実際デイモスはそれほどあくどくなく、むしろ悪魔のくせに人間の少女を無理矢理連れ去りもせず、律儀に心変わりさせて許可を得ようと努力しているあたり、並みの人間よりもいじらしい存在なのではないかと感じることもままありました。

そもそもデイモスは人間を悪い道へ誘惑してはいるけれど、それに伸るか反るかは人間の心ひとつにかかっているので、破滅していく人間たちはみな自業自得といえます。

デイモス自身が言っているように、彼はきっかけを与えただけにすぎず、そこから不幸になる人間たちは弱く、汚く、ずるいのです。

そんな汚い人間の世界を捨てて、私と黄泉の国へ行きましょうよと誘うデイモスですが、周囲の人々が何人不幸になろうとも、人間の気高さと美しさを信じてこの世にとどまり続ける美奈子。

悪く言えば図太いとさえいえるほどの彼女の強かさも、この作品の魅力でした。

コミックレンタル

まとめ

matom
以上が最終回までゾクゾクする悪魔の花嫁のレンタル料金と見どころと感想まででした。

池田悦子先生は、その他多くに作品や原作があり作画は牧美也子先生との共作が多い傾向です。

その池田悦子先生の作品例は

  • 緋紋の女
  • 悪女聖書
  • 新世紀悪女聖書
  • 妖子
  • バンパイア・ララバイ
  • 妖魔の使い
  • 愛しのGAN GAN
  • メタモル
  • ディアナの載冠
  • 化の物語
  • 妖華
  • 不思議子の夏
  • 薔薇の呪文
  • 不思議子の迷宮

など。これだけの人気作品ばかりですから、ぜひ色々な作品を読んでみて下さい。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket