男子もハマるベルサイユのばらのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

女性なのに力強いタッチで描く池田理代子先生の大ヒット作「ベルサイユのばら」は男性でも女性でも面白いと感じるコミックと言えます。

舞台はフランスであの有名なヴェルサイユ宮殿でのやりとりは、誰もがフランスへのあこがれを持ったに違いありません。

そして熱狂的なファンは、海外旅行でヴェルサイユ宮殿まで行ってしまうほど。話はそれましたが、ここではその「ベルサイユのばら」を全巻読破する為の料金を比較してみたので、参考にしてみてください。

コミック料金比較

ベルサイユのばら
単行本では5冊バージョンと12冊バージョンの2種類まで出ています。その面白さを味わうためにまずは1巻を読んでみましょう。巻数も少ないので一気読みがおすすめです。

まずは各社企業のレンタル料金を表にまとめてみました。

電子書籍/コミック料金/まとめ借り期間延滞料金送料
DMMコミック50円か85円
10冊時1,340円
25冊未満14泊/15日
25冊以上20泊/21日
1日25円840円
TSUTAYA DISCAS
90円

10冊時900円
20泊21日1日50円10冊未満600円
10冊以上で無料
Renta100円~

10冊時1,000円
48時間~0円0円
ゲオコミック124円

10冊時1,240円
14日間1日24円0円

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

1巻660円以上する「ベルサイユのばら」を買うかレンタルするか悩むところです。ここでは12巻までのレンタル金額を計算してみました。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

1972年~73年にかけて連載された池田理代子の漫画です。舞台はフランス革命前後のフランスです。オーストリアとフランスの同盟のために、オーストリアからマリー・アントワネットという少女がルイ16世のもとに嫁いできます。

アントワネット、その時14歳。世間知らずな、あどけない少女でした。国民は飢えているとも知らずに、彼女は遊びのために税金を湯水のように使ってしまいます。それが後の悲劇を生む原因となるのでした。

スポンサーリンク

詐欺師に巨額の国費を騙し取られる事件などが発生し、彼女のイメージはどん底に堕ちます。そしてついにフランス民衆はアントワネットに対し怒りを爆発させます。

そんな彼女を守ろうとする女護衛騎士オスカルの活躍などがありますが、それもむなしく、追いつめられた王ルイ16世と王妃アントワネットは、国を捨て、オーストリアへ決死の逃避行を計画します。

彼らは無事フランスを脱出できるのでしょうか?

見どころ

作者の池田理代子さんは、シュテファン・ツヴァイクの小説『マリー・アントワネット』を読んで感銘を受け、『ベルサイユのばら』を描きました。

カッコいい男装の女護衛騎士・オスカルなど、ツヴァイクの小説には存在しない、池田さん独自のキャラも登場し、史実を基にした歴史空間のなかで縦横無尽に活躍します。

長谷川一夫により、宝塚歌劇団のミュージカルとして舞台化され、通算観客数は400万人を超えました。少女漫画作品としては異例の大ヒットを記録し、累計約1500万部を売り上げ、社会現象化しました。

本家フランスに『ベルサイユのばら』は逆輸入され、映画化されました。本作品を読んで、フランスの歴史や文化に興味を持つ日本の若者はいまだに後をたちません。

煌びやかな軍服や優美な絵のタッチで、滅びゆくルイ王朝とその后アントワネットの人生を、美しくも儚く描いたエンタメ大作です。
コミックレンタル

感想

読み物として抜群におもしろく、ページをめくる手が止まりませんでした。このマンガを読む人は、徹夜を覚悟する必要があります。

ルイ15世の愛妾(元高級娼婦)VSマリー・アントワネットの確執など、少女漫画だからこそ、とも言えるおんな対おんなのドロドロした戦いなども描かれています。

近頃話題になったドロドロ系の昼ドラを、さらにパワーアップさせた感じかもしれません。作中交錯する、心理的な駆け引きが刺激的です。
大切な教訓も、作品内から導き出すことができる、生きた作品と言えます。

おもしろく読めて感動できる、フィクションと史実が見事に融合した、現代人必読のマンガ作品のひとつだと思います。

まとめ

matome

以上が男子もハマるベルサイユのばらのレンタル料金と見どころと感想まででした。女性はともかく男子にも是非読んでほしい、まさに古き良き時代の漫画の代表作と言えるでしょう。

電子書籍 コミック

以下は池田理代子先生のその他の作品です。興味があればこれらもレンタルしてみてください。

  • おにいさまへ
  • オルフェウスの窓
  • 栄光のナポレオン
  • 太王四神記
  • 聖徳太子
スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket