土屋太鳳が声優!僕だけがいない街のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

特殊能力を持つ主人公はマンガ家という、面白い設定です。その内容の面白さからDVDやブルーレイでアニメ化されるほどですから、これは見ないわけにはいきません。

声優にも土屋太鳳さんが起用されるなど、何気に力が入っている作品ですから、コミックも同様チェックしておきましょう。

DVD・コミック料金比較

僕だけがいない街

DVDで太鳳ちゃんをチェックしたいならば、大手三社の定額料金を比べてみましたので参考にしてみてください。

当然ですが単品レンタルも可能です。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

単行本では8冊まで出ています。なので全巻買いそろえてもよいですが、レンタルした場合の金額を算出しましたので、参考にしてみてください。

レンタが圧倒的に低コストとなりました。電子データなので48時間自動返却なのですが、手にもって読めない点がコミックレンタルとの違いとなるでしょう。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

「僕だけがいない街」はヤングエースにて2016年4月まで掲載されていたサスペンス漫画である。2014年から3年連続でまんが大賞にランクインしており、アニメ化・実写映画化もされるほどの話題漫画。以下あらすじ。

主人公・藤沼 悟(ふじぬま さとる)は漫画家を目指す29歳。彼は「再上映(リバイバル)」という少し変わった力を持っていた。

それは彼の周りで事件や事故が起こる直前に、その事件の原因となっている時間が何度も繰り返されるというものだ。

そして悟はある事件に巻き込まれ、なんと18年前までリバイバルをしてしまう。その当時に起きたのは彼の友人も被害者となってしまった「児童連続誘拐殺人事件」。容疑者は捕まり事件は解決したかのように見えていたが、そこには不可解な点がいくつもあった。

小学生に戻った悟はその事件を未然に防ぐことで未来を変えようと奮闘する。何が起こるか予測できない本格サスペンス。

みどころ

この漫画の見どころは、何といっても「犯人」である。事件を未然に防ごうとする悟だが、そのために過去の事件の原因を探っていく過程で「恐ろしく周到・慎重かつ頭がキレる。」という犯人像が見えてくる。

誰がその犯人かもわからぬ状況で、犯人に気づかれないように事件の原因を取り除いていくという緊張感のある戦いは読むものをハラハラさせ、物語に惹き込んでいく。

こう書くと、犯人が分かった時点で物語としての面白みはなくなってしまうのかと思うのだが、実は犯人が分かった後でもまだまだ面白い。それは「この犯人だったらどう行動し、どんな結末になるのか?」ということが読めないからだ。

この犯人を生み出したことが、この漫画を面白くしている一番の要因だと私は思う。

感想

この漫画を読んだ感想は「ページをめくる手が止まらねえ!」である。この漫画は1度起こった事件に対する「なぞ解き」の醍醐味と、それをもとに見えない敵と戦う「心理戦・頭脳戦」の醍醐味を一度に味わえる作品だ。

これを可能にするのは「リバイバル」という設定であり、この設定を最大に活かしているのが凶悪な犯人の存在である。普通の犯人ならば未来を知っている悟に敵うはずもなく、こんな設定も必要ない。

しかし、未来を知っている悟をもってしても正体がつかめないほどの犯人だからこそ、この設定を使えるのであり、この設定のおかげで普通のミステリー漫画とは一味違い、いっそう面白い作品となっているのだと思う。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が土屋太鳳が声優!僕だけがいない街のレンタル料金と見どころと感想まででした。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのある土屋太鳳さんですが、この前TBSのマラソンを完走するなど超体育会系の様子。

人間はやはり見た目ではわからないですね。あのほんわかな雰囲気なのにスポーツ美女ですから、ぜひともその活躍を動画やDVDでチェックしてみてください。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket