手塚治虫で話題のブッダのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

単行本の発行が2000万部を超えた大ヒット作品のブッダは、あの漫画界の巨匠手塚治虫先生の作品です。

これまでに数々のヒット作を生み出してきた手塚治虫先生のこのブッダ。ここではその見どころや感想などを紹介していきますので、興味があればレンタルしてみてください。

コミック料金比較

ブッダ
これほど面白い作品なのに、その当時アニメ化されていないのが、不思議なくらいですが、手塚ファンならばDVD化などが願望ではないでしょうか。

絵ずらは違いますが、現代版でDVD(映画)は発売されました。下記で借りてみたい人は定額プランなどを参考に利用してみてください。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

ここではブッダをネットで借りる際の金額を比べてみましたので、参考にしてみてください。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全巻で12冊完結型のブッダですが、ここではすべて一気借りしてみた場合の、金額を算出してみました。

どうせ読むなら少しでも安いほうが良いですからね。

と、ここではツタヤディスカスがお値打ち価格で利用可能となっています。10冊を切ると送料が発生するので、全巻まとめてレンタルがおすすめの利用方法と言えます。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

「ブッダ」は、1972年から1983年まで連載されていた手塚治虫の漫画です。

古い作品でありながら今でも人気は健在で、これまでに単行本の売り上げは2000万部を越えており、2011年と2014年にはアニメ映画も公開されました。

また、2004年と2005年にはアメリカのウィル・アイズナー漫画業界賞で最優秀国際作品部門を受賞しています。

紀元前6世紀にシャカ族の王子として生まれたゴータマ・シッダルタ、言わずと知れた仏教の始祖、釈迦が主人公の壮大な大河ドラマです。

見どころ

日本人の多くは無宗教、神道、仏教のどれかに分類されますが、大晦日にはお寺の除夜の鐘を聞き、お正月には神社へ初詣に行く我々にとって、仏教は信者でなくとも非常に馴染みのある宗教だと思います。

そんな国際的にも主流である仏教の開祖、お釈迦様とはいかなる人物だったのか、手塚治虫なりの解釈、表現がこの漫画の見どころです。

この漫画で描かれている釈迦がどのくらい史実と実像に迫っているのかはわかりませんが、正直非常に驚かされました。

孤高の聖人というより、悩み苦しんで日々成長を重ねていく人間そのものなのです。

釈迦という人物は、生まれながらの善人、聖人であったというイメージを持っていたためとても意外でしたが、間違いなく人間であった釈迦の姿に一種の親しみを感じられた作品です。

感想

青年期までの釈迦が結構ひどい人なので正直ひいてしまいました。

若いうちから出家を希望していた釈迦でしたが、その一番の理由が「死ぬのが怖いから」。

釈迦はインド周辺に今でも根深く残っている身分制度に心を痛めて出家したと思っていたので(これも一理ではありましたが)、自分のため、というのが意外でした。

ともかく、いつか出家する予定だった釈迦にとって、政治的に娶らせられた妻の存在は邪魔でしかなく、子供も持たないと決心していたのに妻が妊娠した際には絶望し、自分の出家の邪魔になるという意味で我が子にラーフラ(障害という意味)と名づける始末。

これだけなら本当にただの残念な人なのですが、出家して悟りを開いてからは、イメージ通りの素晴らしい聖人として多くの人々に慈悲深く接し、救い続ける人生を送りました。

これほどの偉人でも間違うのだと思うと、失敗したって当たり前なのだと、前向きになれる気がしました。

コミックレンタル

まとめ

matom
以上が手塚治虫で話題のブッダのレンタル料金と見どころと感想まででした。

手塚治虫先生のそのほかの作品は

  • 火の鳥
  • マグマ大使
  • ブラックジャック
  • ジャングル大帝
  • リボンの騎士

などが挙げられます。とにかく数え切れないほどの作品と名作ぞろいなので、手塚ワールドを堪能してその面白さを後世に伝えていくのが、私たちの使命ではないでしょうか。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket