結婚式のウェディングドレスをレンタルするおすすめ格安ショップ一覧

スポンサーリンク

女性の一大イベント結婚式。当然ウェディングドレスなどが必要になってきます。買うには高額だし、どこに行けば販売しているかわからない。などそういった悩みやニーズは数多くありますので、どこで借りれるか、どうすれば格安に費用が抑えれるかちょっと探してみました。

参加者に回った場合も買うにはちょっと・・・という人も同じように貸衣装屋さんにはレンタル衣装があるのでチェックしてみましょう。

doress

結婚式のウェディングドレス

言わずもがな女性の人生最大のイベント。力を入れたいところでもあり、費用は抑えたいところでもあります。海外でのブランド品を購入したり、指輪などにお金をかけたほうが、無くならないものなので価値はこちらのほうが高いと思います。

どちらにしろ考え方や価値観の違いもあるので、費用などを参考にして考えてみましょう。

おすすめ貸衣装ショップ一覧

押さえるところは押さえて、ついでにポイントも貯めましょう。

ドレスをレンタルする際は、とにかく即決が大切です。世の中借りる人が非常に増えてきているので競争は激化しています。

数がそんなにないのですぐ在庫切れになります。お気に入りに入れたら遅くても翌日には決断をしましょう。時期的にも人気のジューンブライドあたりは、数が激小します。

早め早めの予約も考えて早く商品を選んでおきましょう。

ここは比較的大きいサイズの購入専門です。ゴールドジャパン

いずれも楽天市場なので、お気に入りに入れておいて検討してみましょう。ドレスを買うより借りることで浮いた金額を指輪に回したり、旅行に回したり、ブランド品に回したりと色々な可能性がでてきます。

もちろん価値観の問題なので、どこにお金を回すかそれとも節約するかはそれぞれの判断と言えるでしょう。

格安に抑えるにはやっぱりレンタル

一生に一度のウエディングドレスですが、買うには高額なので非常にレンタルする人が増えてきています。

ちなみに結婚式の総費用は平均約350万円が相場です。平均価格を押し上げているのは派手な結婚式が文化の愛知県なのはちょっとした雑学。ゼクシィ参考。

仮に購入しても、おそらく普通の人の予定では二度着る事がないドレスですから、買うまでには至らない女性がほとんどです。

結婚式場のレンタルでもよし、ネットで借りるもよしといえるでしょう。ただしブライダル関係で頼むと非常に高額なので、それ以外の貸衣装屋さんなどで考える人も増えています。

スポンサーリンク

ちなみにアンケートをおこなった結果、ドレスのレンタル相場は20万円以上25万円未満が最も多く27%で、その次が30万円以上で18%。その次が25万円以上30万円未満で15%、という調査結果が出ています。

という事はレンタルなら約20万から30万までなら出せるという人が全体の4割を占めているという事です。

自分のウェディングドレスの費用の参考にしてください。ちなみにドレスの持ち込み料金がかかるところもあるので、持ち込む場合は一言式場などに聞いておきましょう。

特に海外などで行う場合は、文化や宗教の違いもあるので綿密に聞いておいてください。

ちょっと言いにくい式場やブライダル関係への断り文句は、「友達がデザイナーの卵なので」など。こういって自分で衣装を用意するのが賢い方法ですね。

卵なら無名なので相手先の質問も、無名なのでよくわかりません。など、いろいろかわし文句が言えると思います。

悩んだ末に結局格安で購入。その後の行方は?

本当は欲しいのだけど、買うかどうかぎりぎりまで悩んで買う人ももちろん数多くいます。女性特有の長い思考が働く特性ですね。

街中のウェディングドレス販売店やネットで購入するなど、楽天でならポイントがつくからといってここで買う人も増えてきています。

ちなみに購入後、使い終わったドレスは、アンケートの結果

  1. タンスの奥に置き場所をとって眠っている。
  2. フリマなどに売りに出したがサイズの関係で売れなかった
  3. どこにいったかわからない。
  4. 結局捨てました。
  5. 人にあげました。

などなど意見は多数ありますが、上記の共通点は、「持っていても困っている」というのが率直な感想です。

ちなみにドレスのオーダーメードを考えているなら、下記がお手頃価格で作る事が可能です。



その他にも結婚式の一式や引き出物など数多く取り揃えているので、もしかすればここ1件で用が全て足りるかもしれません。

参列者への感謝のお返しや気持ちなども、しっかり伝えたい素敵なギフト選びもいろいろチョイスしていきましょう。

まとめ

  • ドレスにお金をかけるか旅行にお金をかけるかお土産にかけるかが一つの分岐点。
  • 在庫切れはすぐになるので、お気に入りを見つけたらなるべく早く決断する事。
  • 相場費用はあくまで目安なので自分の予算をきちんとたてよう。
  • 購入する場合は後の保管場所や売るのかどうかまで視野に入れておくこと。

以上結婚式のウェディングドレスをレンタルするおすすめ格安ショップ一覧と使用後のドレスの行方のアンケート結果の紹介でした。

個人的には旅行やお土産やブランド品などに費用をかけたいですね。

ちなみに参列者も参考になる費用の目安などを年齢別で選ぶ結婚式の参列者が選びたい格安衣装のレンタルショップ一覧で紹介しているので、参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket