LINEマンガでも好評!学園ベビーシッターズのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

白泉社が発行している人気雑誌LaLaで掲載されて今やLINEマンガでも好評の学園ベビーシッターズは、時計野はり先生が描く学園物の少女漫画です。

少女漫画らしく、イケメンや可愛い子がたくさん登場するのも絵的に見ても引き込まれるポイントです。

ここではその、学園ベビーシッターズの面白さを知ってもらいために見どころとなどを利用料金とともに紹介していきますので、参考にしてみてください。

コミック料金比較

学園ベビーシッターズ
ベビーシッターのお話といういかにも少女漫画らしく、男子学生の鹿島 竜一が四苦八苦する展開が、非常に面白い内容となっています。

森ノ宮学園の生徒たちとのやりとりも、面白おかしく繰り広げられているので、女子だけでなく男子も当然はまる作品といえるでしょう。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

13巻まで発売されている学園ベビーシッターズを全部レンタルした場合の金額を計算してみました。

数も少ないので一気に読んでみるほうがおすすめです。買いそろえるのもそこまで高くないので、一度読んで気に入ったら購入してみてはいかがでしょうか。

ツタヤディスカスが最も安く利用できるという結果になりました。10冊以上で送料が無料なので、13冊一気に利用しないとお得にはなりませんので、注意が必要です。

単行本は本屋で買うなら1冊400円以上します。そしてネットで購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

概要

『学園ベビーシッターズ』は2016年現在、白泉社の月刊誌『LaLa』で連載中の少女漫画です。飛行機事故で両親を亡くしてしまった鹿島竜一と弟の虎太郎は、同じ飛行機事故で息子夫婦を亡くした森ノ宮学園の理事長、森ノ宮羊子さんに引き取られます。

スポンサーリンク

隆一が20歳になるまでは後見人になって養育してくれるというこの話には少し裏があり、竜一は虎太郎の面倒を見てきた経験から高校の部活動でベビーシッター部に入部して高校に勤めるお母さん先生たちの子供たちの面倒をスタッフの兎田さんと一緒に見ることになります。

物語は基本的にベビーシッター部の部活風景がメインで描かれますが、毎回可愛らしいキャラクターが可愛く動く話になっているため、子供好きにはたまらない一作となっています。

見どころ

『学園ベビーシッターズ』のみどころはやはり子供たちの沢山出てくる場面です。お花見や学芸会など時計野はり先生特有の三頭身の子供たちはとにかく可愛いです。

また、竜一君の同級生の牛丸ゆきちゃんや猪俣さん、子供が大好きで見ると鼻血を噴出させてしまうイケメンの山羊君と根津君、根津君の弟と妹達も合わせると20人以上のキャラクターがこの作品には登場しますが、一度として同じパターンになったお話がない所も見どころです。

特に虎太郎君の成長を描いた話は虎太郎君が竜一君を大好きだと思っていることがよく伝わる話ばかりで、「兄弟っていいもんだな」と再認識できます。

感想

『学園ベビーシッターズ』は家族愛や友情、恋愛の全てがつまった作品です。

竜一達を引き取ったおばあさんの表情は常に険しいものばかりですが、その心の奥は真っ赤に燃える愛情が詰まっており、エピソードの中でもちらほらその熱い愛情表現を見ることができます。特に竜一の誕生日の回では竜一を抱きしめて「両親も喜んでいるだろうさ」と優しく竜一を気遣います。

しかし基本的に口下手なため、その熱い愛情は秘書の犀川さんが常に代弁してくれます。犀川さん自身もなかなか感情を酔うのが難しいキャラクターですが、虎太郎とのやりとりを見ていると、表情で隠して入るもののかなり愛情深い人だということが分かります。

筆者のおすすめはおひな祭りの回です。接着剤のついたおびなの頭が虎太郎の髪の毛についた瞬間は大爆笑ものです。これからも虎太郎と竜一の成長を見守っていきたいと思います。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上がLINEマンガでも好評!学園ベビーシッターズのレンタル料金と見どころと感想まででした。

それにしてもLaLaは人気漫画が揃っています。男子漫画少年ジャンプの女子版ともいえるのではないでしょうか。

時計野はり先生のその他の作品は

  • ひたいに三日月
  • 逆転ハニー
  • サンタのいる街
  • お兄ちゃんと一緒

など。興味がありましたら買うなりレンタルするなり利用してみてください。

しかしペンネームなんでしょうが、時計野はりとは思い白い名前を付けたものですね。素直に時計の針でもよかった気がしますが。どちらにしても学園ベビーシッターズは、ぜひ読んでほしい作品の一つには間違いないでしょう。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket