連載期間40年突破!ガラスの仮面のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

もはや少女漫画で知らない人はいないのでは?といえる作品がこのガラスの仮面で、なんと連載が始まったのは1976年と、美内すずえ先生も40年越えの連載期間突破と恐ろしいモンスター漫画と化してきています。白泉社の『花とゆめ』にまだ連載されているので、雑誌チェックもしてみてください。

累計発行部数も5,000万部を超えるなど、まさに国民的少女漫画と言えるのではないでしょうか。まだ読んだことのない人、これから読んでみたい人は、ここで見どころなどを紹介していきますので、参考にしてみてください。

DVD・コミック料金比較

ガラスの仮面
さすがにこれだけの長期連載漫画ですから、DVDもしっかり13巻出ています。まとめてみるにはお金がかかるので、その他映画なども良く見る人は定額プランがおすすめです。

なので大手の料金をここでは比べてみました。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

49冊出ているガラスの仮面は、まとめ借りには大変ですがその魅力を知るにはコミック読破は必然です。なのでここでは49冊借りた場合の金額を算出してみましたので、参考にしてみてください。

DMMは送料は抜群に高いですが、単価が圧倒的に安いです。なのでこういった長期連載ものには、圧倒的なコストパフォーマンスが出ると言えます。ゆえに各社を比べるとこういった結果が出たと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

主人公の北島マヤは病弱な母とともに貧しい暮らしをしている少女である。とくに何の取り柄があるわけでもない、と話の中では紹介されていくが、マヤには一つだけ人並みはずれた能力があった。

彼女はドラマの道場人物のせりふや演技を一回みただけですべて記憶して再現することができる。不運な事故で引退せざるを得なくなった元大女優の月影千草はその素質を偶然見抜き、マヤを演劇の世界へ導こうとする。

演劇に目覚めたマヤは劇団オンディーヌを訪れるが、そこで後に永遠のライバルとなる天才姫川亜弓と出会う。亜弓は生まれて初めてパントマイムを試みるマヤを見た瞬間その才能を見抜き驚愕する。

経済的理由で劇団に入ることに絶望するマヤだったが、月影は劇団つきかげをたちあげた。しかし、月影の持つ紅天女(くれないてんにょ)の上演権を手に入れようとする大都芸能の若社長速水真澄らの妨害が始まる。

見どころ

この漫画は演劇の世界が舞台になっているが、読んでいるとスポーツ根性ものというジャンルに入れたいような雰囲気をもっている。主人公のマヤが次から次と困難に直面するたびに月影先生の特訓があるのだが、演劇に興味が無くても違和感無く読める。

一話完結ではなくひとつのテーマにかなりのページ数が使われているのでまとめ読みする際には時間を忘れるような展開をみせる。

月影先生が要所要所でつぶやいたり、ナレーションのような字幕が入っており、知らず知らずのうちに読者は話の中に引き込まれていくようになっている。

マヤと月影先生のほかに主人公と同等の人物たちがいる。速水真澄と姫川亜弓である。ふたりともマヤの才能を認め彼女が大女優になるための助けとなろうとするが、その動機は当然違っている。

速水は恋愛感情を抱くがその不器用さがすさまじい。亜弓はマヤを認めつつもその才能をねたましくさえ感じる。しかし、その感情を押さえ込んでマヤをサポートし続ける姿は胸を打つものがある。

感想

演劇に興味が無くてもいつの間にか興味を覚えてしまうストーリーである。それは主人公のマヤが演劇に関する基本的なことを全く身につけていない状態から女優を目指すという設定のために違いない。

至るところでマヤは周囲から馬鹿にされてしまうが、彼女の天才ぶりはそれを跳ね返しておつりがくるほどである。読んでいるうちにマヤの演劇への感性や解釈に共感してしまうのではないだろうか。

それにしても速水真澄と姫川亜弓のマヤへの献身ぶりには感心する。速水は大会社の二枚目御曹司、亜弓はお嬢様育ちの天才美少女である。この二人が互いに関心を持つようにはならないのだろうかと思ってしまうのは私だけだろうか。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が連載期間40年突破!ガラスの仮面のレンタル料金と見どころと感想まででした。

連載が長い割には単行本の数が少ないと思った人は多くいることでしょうね。それにはやはり理由があって長期休載があり一度終了した経緯があります。

ゆえにこの数で納まっていますが、それがなければ100巻は突破していたと思います。数が多いと読むのは大変なので、50巻前後ぐらいなら飽きずに読めるギリギリの数だと私は思います。

これを機会にガラスの仮面の魅力を存分に味わってみてください。

スポンサーリンク