ゴルフセットやウェア一式をレンタルする場合の費用は約1万円未満

スポンサーリンク

本コースでプレーするのに必要なクラブをレンタルする場合、方法はネットで借りる場合とプレーする先でのレンタル方法があります。

プレー先の料金は各場所異なるので割愛しますが、ネットでの必要な費用を載せていきます。意外に安く利用できることがわかりました。

気になる費用は

miz
上記画像はDMM.comゴルフレンタルを参考にしています。あまり長期利用することはないでしょうが、1日のみ利用可能です。

連続してゴルフコンペや接待が続く際などには、長い期間で借りた方が安く済むので、計画的に利用してみましょう。

取扱いメーカー一覧

  1. ミズノ
  2. テーラーメイド
  3. ダンロップ
  4. ブリジストン
  5. ナイキ

値段だけではなく、きちんとブランドで選びたい人はここをチェック。これだけあるとそんなに、不満はなくむしろ選ぶのに困るくらいです。

お好きなブランドがあれば、利用してみましょう。常に最新モデルを借りれる可能性もあがってきます。

重たいクラブセットを郵送して届けてもらえれば楽ですし、他の人の目も、自宅から送られたイメージなので、まさかレンタルを利用しているなんてなど思わないでしょう。

例えば接待ゴルフの際にも汚いゴルフセットを持っていくには、みっともないのでDMM.COMなどでそろえた方が相手にも、イメージ的にもおすすめです。

コースで借りたら相手は、素人相手に回るのかなど変なイメージを持たれたりする可能性もあります。なのでネットでレンタルを利用して自宅に送ってもらい持参するのもよし。

コースに送って重たいものを持たなくてよい手間を省くことも可能です。特に力がない女性などは、こういったシステムを有効活用しましょう。

借りる長所と短所

安くないゴルフクラブですから、たまに付き合い程度くらいなら借りた方が賢い選択です。

スポンサーリンク

なのでここではメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

  • 本コースに送って返却も本コースですれば重たい思いをしなくても済む
  • 最新モデルの利用ができるので、いちいち買い替えなくてもよい
  • 意外に背も高く場所をとるクラブセットですがスペースを気にしなくて済む。
  • 接待ゴルフの時、汚いクラブを持参しなくてよい
  • 手入れが不要になる。

デメリット

  • 年何十回と利用するなら高くつく
  • 自分のものにはならない。(買戻し制度があるところもあり)
  • 中古なので傷がある

などが挙げられます。物欲が強い人はレンタルには縁がないでしょうが、あまりこだわりがない人には、このシステムは向いていると思います。

ちなみにDMM.comゴルフレンタルではウエアやシューズも借りることが可能です。
uea
クラブ・ウエア・シューズを合わせて利用しても10,000円行きませんから、年間10回利用しても10万円です。

はたしてどちらがお得でしょうか。ちなみにゴルフクラブレンタルならゴルフパートナーも同じようなサービスをしていますので、参考にしてみてください。

まとめ

置き場の問題や手入れから解放されるのは、とてもありがたいので一度は検討してみましょう。

それぞれの事情で利用者もいろいろ。それ以外の商品もレンタル可能なDMM.com

仕事でもプライベートでもいろいろ利用してみましょう。少ない費用で大きな効果が期待できるレンタル制度をうまく活用し、お金やスペースを少しでも浮かしていきましょう。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
広告

関連記事-こちらもどうぞ