小学館ビッグコミック連載ゴルゴ13のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

1968年から連載という長期マンガであるゴルゴ13は、さいとう・たかを先生が織りなすスナイパーデューク東郷の活躍を描いたストーリーです。

ここでは、まだ読んだことがない人のための、レンタルか購入かの比較情報から見どころと感想までを紹介していきますので、参考にしてみてください。

コミック料金比較

ゴルゴ13
単行本では182冊まで発売されています。まさに現役最強レベルです。

私が知っている限りでは、両さんでおなじみの「こち亀」の200巻に続く数ですが、全部そろえるとなると大金が必要です(笑)ね。とりあえずレンタルした場合の各社の料金を下記にまとめてみました。

電子書籍/コミック料金/まとめ借り期間延滞料金送料
DMMコミック50円か85円
10冊時1,340円
25冊未満14泊/15日
25冊以上20泊/21日
1日25円840円
TSUTAYA DISCAS
90円

10冊時900円
20泊21日1日50円10冊未満600円
10冊以上で無料
Renta100円~

10冊時1,000円
48時間~0円0円
ゲオコミック124円

10冊時1,240円
14日間1日24円0円

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

1巻550円以上する、やや他のマンガと比べると高い「ゴルゴ13」を買うかレンタルするか悩むところです。買うにも借りるにもかなりのお金が必要ですからね。

ここでは驚異的な量である182巻までのレンタル金額を計算してみました。

さすがにレンタルでもかなりの金額がかかることが分かってきます。ゆえに大量で借りるならDMMが圧倒的コストパフォーマンスに優れていることもわかってきますね。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

デューク東郷(通称:ゴルゴ13)は世界的に名の知れた狙撃手(スナイパー)。世界各国の紛争や事件の裏には、ゴルゴ13による狙撃により、秘密裏に成功へと導かれています。

スポンサーリンク

プロフェッショナルな腕前を持ち、無口でストイックな彼は、各国の政府機関や大企業、富豪、団体などから狙撃を請負い、その腕前は世界一と称されています。

狙撃の標的は物の時もあり、良く使う武器はM16(アサルトライフル)。裏切り物には厳しいプロフェッショナル。国籍・本名・年齢などは不明。

見どころ

ゴルゴ13の面白さは、丁寧に描写されている政治的な陰謀や、エピソードに登場する各人物らの置かれた状況、利害関係者の駆け引き、武器商人や援護者のゴルゴ13へのサポート(もちろんゴルゴ13より謝礼が払われている)、警察関係者、軍関係者、CIAやKGB等の各国調査機関、時には日本の企業も登場し、世界各国の幅広い登場人物たちにより、深い世界観が惜しみなく描かれています。

また、ゴルゴ13の狙撃方法も当然ながら特大の見どころ。基本的にはゴルゴ13が一人で攻め込みますが、まるで軍隊が襲ってきたかのような作戦を取ることもあり、敵陣が「戦争が勃発した」と思いこんでしまうかのような話もあります。

そして武器の使い方や、薬品等について詳しく説明がされ、絵も綺麗に描かれています。そして世界各国の女性はゴルゴ13に魅かれ、ベッドを共にすることあります。

話によってはゴルゴ13を裏切る女性もいたり、関係後に狙撃された女性もいます。

この作品は、世界のどこかで起きている「変化/計画」を、阻止しようとする抵抗勢力からの攻撃、もしくは計画実行のために、狙撃のプロであるゴルゴ13へ、狙撃の依頼をするという流れが本当面白い。

依頼前に味方へ説明する際に「なんだって!?ゴルゴ13だって!」というような驚きをもって作戦を聞くキャラクター(たいがいオジサン)も必ずいます。

そしてゴルゴ13には独特のルールがあり、作者の深いこだわりを感じます。

感想

ゴルゴ13のクールさ、プロフェッショナルな仕事、裏切り者への厳しい報復を取るというルール、裏のウラまで見据えた戦略に多くの人が格好よさを感じるかと思います。

作中でゴルゴ13が出てくるページは少ないにも関わらず、圧倒的な存在感と、眼力、そして女性にモテル描写にノックアウトされました。また、世界の政治や事件に詳しくなれます。

もしかしたら数年後に東京オリンピックに関するエピソードが出てくるかもしれません。。。きっと出ると思います。絶対に背中側に立ってはいけません。

コミックレンタル

まとめ

matome

以上が小学館ビッグコミック連載ゴルゴ13のレンタル料金と見どころと感想まででした。こち亀の連載が終了した以上は、さいとう・たかを先生も200巻を超える連載を目標にして頑張っていただきたいものです。

いかつい顔をしたゴルゴ13主役のデューク東郷ですが、以外に女性にもモテるのはまさに羨ましい限りですね。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket