早く続きが見たいハンター×ハンターのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

休載が多くファンをじれさすマンガといえば、このハンター×ハンターですが、ストーリーの面白さは一級品で、少年ジャンプでは「ONE PIEACE」に続く長期連載となっています。

それでも終わらないのは、やはり人気漫画ゆえの宿命だといえるでしょう。幽遊白書と同じ作者の冨樫義博先生が、これだけの漫画を果たして完結させれるのかどうか、ファンとしても気になる点だと言えます。

ここではそのHUNTER×HUNTERの見どころなどを感想を交えて紹介していきますので、参考にしてみてください。

DVD・コミック料金比較

ハンター×ハンター
DVDも発売されていますから、クォリティ高い映像と声優さんを楽しみたいならDVDがおすすめです。

ここでは大手宅配会社の料金プランを書いてみましたので、参考にしてください。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

33巻までしか出ていないので、連載期間を考えると少なすぎますがとりあえず、ここでは33巻レンタルした場合の金額を計算してみました。

ここではDMMが単価の安さで、最安値でレンタル可能という結果となりました。10冊以下だと送料の高さであまりおすすめできないのですが、これくらいの冊数ならDMMが一押しです。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

『ハンター×ハンター』は人気漫画雑誌『ジャンプ』で1998年から連載を続けている人気漫画です。

2度のアニメ化を果たし常にアニメ界、漫画界の話題となっているこの作品はハンター志望の少年ゴンと仲間たちがハンター試験を合格し様々な冒険を経て成長していく姿を描いています。

この作品の特徴は大きく3つあります。ひとつは作者冨樫義博が約20年の連載期間のうち、約8年は休載しているため週刊連載であるにもかかわらず、観光された単行本は現在33冊と圧倒的に少ないということです。

この休載期間については、WEB上でいくつものスレが立ち、議論が成立してしまうほど、読者が注目していることです。

次に挙げられる特徴は、作中主人公ゴンが不在になる場面があるということです。

これは人気漫画『ドラゴンボール』でも度々起きたことですが、主人公不在でも話が続くという「主人公は1キャラクター、常にその姿を出さなくても進行可能」なストーリーであるという作者の意図があることです。

最後の1つは、作品のテーマの中に必ず宮崎駿的「人間の歴史はしょせん大自然の歴史の一部」というメッセージがあるということです。

見どころ

『ハンター×ハンター』の見どころは実に沢山あります。

生まれた時から顔すら知らない父親の背中を追って危険が沢山待っているハンターという仕事に12歳で挑み、自然の中で培った天性の才能と努力と豊かな人間性で常に困難に立ち向かっていくゴンの姿は読者すべてに勇気と感動を与えます。

彼の育む人との友情や信頼関係は、まさに理想的で彼に出会った人の多くが人間的にワンランクアップしていく点は欠かすことのできない作品の見どころです。

また、作中で繰り広げられる戦いは冨樫先生の作画力によって、完全な芸術の域にまで達しています。こちらも目を離すこのできない、見どころの一つです。

感想

『ハンター×ハンター』は私にとってなくてはならない作品です。現実的にゴンのようなキャラクターの人間はなかなかいません。

でも、「自分はどうやって生きて行ったらいいのだろう?」と迷ったときに指標になるのがこのゴンというキャラクターです。

常に明るく、前向きに人を疑うのではなく信頼して任せ、自分は全力で物事に取り組むことは、本当に難しくなかなかできません。

でも、そうすることによって自分は信頼できる仲間の中で幸せに生きていけるのだと生き方の模範解答をもらえる、『ハンター×ハンター』はそんな作品です。早く連載が再開されることを祈ります。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が、早く続きが見たいハンター×ハンターのレンタル料金と見どころと感想まででした。

休載が多いのでストレスがたまるファンも多いと思いますが、充電期間中にさらに面白いストーリーを考えてくれることに期待していきましょう。

人気漫画ワンピースもたまに休載しますが、長期はないので、やはり漫画家は腰痛や首痛などが永遠のテーマなのかもしれません。

ということは、週刊誌では連載がきついなら月刊誌などに移れば、休載も少なくファンも喜ぶのではないでしょうか。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket