ネタバレなし!イノサンのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

坂本眞一先生が描く「イノサン」はフランスの歴史漫画がテーマとなっています。容姿端麗な主人公が死刑執行人という、斬新なストーリーで描かれていますからこれを機に読んでみてはいかがでしょうか。

誰もがご存知であるマリー・アントワネットや、ルイ十六世などが出てくるヨーロッパの歴史を知るにもいい漫画といえます。ここではそのイノサンのレンタル料金と見どころと感想までを紹介していきますので、参考にしてみてください。

DVD・コミック料金比較

イノサン
ヤングジャンプで連載されているイノサンですが、絵的センスが素晴らしく思わずうなるような、描写となっています。

こんな絵が描けたらいいなと思うほどの、絵のうまさですから美大生なども勉強の意味で読んでみるのも面白いのかもしれません。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

とりあえず9冊と巻数は少ないので、一気に利用できますし購入もそこまで負担はかかりません。なので借りた場合の金額を出してみましたので、今後の参考にしてみてください。

ここでは電子データで提供するレンタが一番お得な料金となりました。手に本をもって読むのではなくスマホやタブレット、パソコンなどで読む電子書籍だと思ってください。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

実在した死刑執行人「シャルル=アンリ・サンソン」がフランス革命に生きた人生と、作中に多くの処刑・拷問・人間心理が克明に描かれている。

青年期の純粋な性格から、成長するにつれて、かつて尊敬しながらも恐れていた父の面影を見せるようになる。

また、『イノサンRouge』からはシャルルの妹であるマリー=ジョセフが女主人公として活躍の場を広げる。週刊誌とは思えないような緻密さで表現しており、その耽美な表現は第17回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出された。

見どころ

未熟者で臆病だと自負する主人公が、青年から大人へと変わる瞬間。家督を継承してから父の面影を色濃く映した処刑人となり、青年だった頃には考えられないような駆け引きをしている。

そして「女は従順であれ」という社会に反発するように死刑執行人になった、兄とは正反対の妹。交差する思いとは裏腹に、兄妹の今後の関係が気になるところだ。

また、死刑執行人サンソン家のストーリーも去ることながら、サンソン家に関わる人物のストーリー、史実のフランスを、映画のように読み進めていけることも見どころだろう。

感想

フランス革命前後というと、多くの作品が、革命に関わった軍人や公爵、特に、王家のマリー・アントワネットを取り上げるだろう。

しかし、イノサンでは実在したサンソン家を事細かに描くことで、主人公への感情移入や反感を作者に操られているかのような錯覚になる。

それ程作り込まれた作品であるといえよう。現在ではヤングジャンプからグランドジャンプの掲載となり、タイトルも『イノサンRouge』となったが、今後の展開が楽しみである。
コミックレンタル

まとめ

matom
以上がネタバレなし!イノサンのレンタル料金と見どころと感想まででした。

その画風から雰囲気までその他の漫画と違ったこの「イノサン」は一度読んだらだれしも病み付きになること間違いなしです。

なんといっても漫画大賞にノミネートされたその実力は、いわずもがなで今後の展開に注目です。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket