自動販売機を借りて副業にする際のポイントとメーカー選別の基準

スポンサーリンク

土地さえあれば簡単に設置できる自動販売機、需要は高くオフィスでの利用や住宅地でも公園やマンションの1Fなどにおけば、自動で稼いでくれるこの仕組み。

場所があるなら誰もが一度は検討したいところですね。ここでは実際に設置している実績などを紹介していきます。副業になるかどうかの収入の目安にしてみてください。

自動販売機を借りて儲けることは可能か

稼ぐためには毎月かかるランニングコストから販売手数料の合い見積もりなどが必要です。ポイントをしっかり押さえて交渉していきましょう。お任せでは向こうの言いなりになるだけです。
jihan

ランニングコストの目安

基本的に機械使用料はレンタルになるので、無料となります。なので必要な諸経費は電気代ということになります。夏より冬の方が電気代は高いのは知っておきましょう。

機械自体も年々進化しているので、昔から設置している人は新しい機械に変更したほうが電気代も抑えれるので、もう一度比較をしてみるのも一つの方法です。

家庭でも古いエアコンや冷蔵庫などは買い替えた方が電気代がぐんと減ったという事例も数多くあります。

電気代は月に3,000円くらいは見ておきましょう。もちろん機械の大きさに左右されるのであくまで目安です。大きい機械のほうが当然電気代は高くなります。

ネットで設置に関する相談をおこなっている【自動販売機お問い合わせ.com】
などに見積などを依頼してみましょう。

気になる収入の目安

それでは設置したらどれだけ儲かるのか。

実際に私が設置している自動販売機での目安ですが十分参考になると思うので、今後の設置への目安にしましょう。

メーカーは伏せますが、価格帯で売れ筋が全然違っているのでこの価格帯も重視してください。

春から秋くらいが下記目安で、冬場はこの6~7割の売れ行きに落ちます。ちなみにこの場所には2台置いているので、もう一台は下記の半分くらいの手数料で行き来しています。

販売価格月間本数1本あたりの手数料合計手数料
本数×手数料
110円2821円588円
120円26529円7,685円
130円1631円496円
140円1334円496円
150円3636円1,296円
160円1538円570円
合計373本11,077円

なので2台設置で計算すると総利益-電気代=約10,000円くらいが毎月の利益を生み出してくれています。

上記は平均的な月の料金を出しているので、飲料が爆発する暑い夏場などはこの倍の利益が行くときもよくあります。

ちなみにこの自動販売機の設置環境は住宅街で、真横に大きな公園がありスポーツスクールなどが定期的に行われています。

120円が売れ筋ですが、夏場になるとスポーツドリンクが爆発しすぐ売り切れになるので、業者に連絡しないと補充が追い付かない状況です。

こういった事態にならないよう夏場は缶を減らして、500ml特にスポーツドリンクなどを充実させるようにしています。

1列だけでは対応できないので、2列や3列にして品切れ対策も必要ということです。

スポンサーリンク

設置して放置しっぱなしはやめてきちんと数字を見て管理していきましょう。利用する年齢層なども見るようにして売れ筋を把握すれば、売り上げは伸びていきます。

全品一律手数料にした場合

なかなかこの交渉には応じてくれませんが、下記のように本数が2,000本までいくようなら全品100円交渉も不可能ではありませんが、応じてくれることも少ないのは認識しておいてください。

一律5%契約の自動販売機で全品100円にした場合、月間2,000本平均で約10,000円の利益が出ています。

これはオフィスで設置していて、従業員のための契約なので利益度外視で全品100円にしています。それでも本数が多いので、電気代を差し引いてもそれなりに利益が出ています。

増税前は8%あったのですが、増税後5%まで下げられてしまいました。他のメーカーに交渉したのですが、いずれも不可だったのでこのままにしています。

メーカーをきちんと選ぶ

cola
やはり一番人気はコカ・コーラでそのあとにサントリー。キリン、アサヒ、JT、ポッカ、伊藤園などが続きます。

ある程度本数が出れば、少し強気に手数料交渉はしたほうが良いでしょう。人気が高いコカ・コーラは、やはり向こうも強気で、なかなか手数料を安くしてくれない事も頭にいれておきましょう。

新規に設置する際もいくつかのメーカーから見積もりをもらうのは当然ですが、売れる本数の目安がないので、はじめは手数料が安くてあまり儲からないコカ・コーラの設置がおすすめです。

1年ぐらい実績を出してから他メーカーに手数料をあげる合い見積もりをとる方法が、無難な戦略と言えます。コーラがやはり実績を出すには最適のメーカーと言えます。

その際必要なのは、メーカーから送られてくる売り上げ手数料計算書などです。口頭では信頼性が薄いので相手側も取り合ってくれないことは認識しておきましょう。

こちらが強気にでれる本数は月間800本以上くらいですね。数が少ないと向こうもあまり掛け合ってくれません。もちろん強気に出すぎるのもNGです。バランスが大事だという事です。


自動販売機設置の際に気を付けることのまとめ

  • 新規の場合は1年実績を積むこと。コカコーラかサントリーで始めるのが望ましい。
  • 売れる夏場などは、放置せず週一度など売り切れ状態をチェックしメーカーと掛け合う事。
  • 品ぞろえを増やした方が売り上げが上がるので複数設置を考えること但し実績が出てから。
  • 古い自動販売機を設置しているなら、販売手数料の見直しをかねて見積もりを複数とる事。その際は必ず、最新の機械を設置するよう約束すること。

以上 自動販売機を借りて稼ぐためにできる方法の紹介でした。少しでも知識を吸収して今後の利益拡大に役立たせてくれれば幸いです。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket