マンガ大賞を受賞した「かくかくしかじか」のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

マンガ好きなら一度は憧れるマンガ家になるまでのストーリー。その魅力は読んでみないと、わからないのは言うまでもありません。

ここではマンガ大賞を受賞した「かくかくしかじか」のレンタル料金からその感想などを紹介していきますので、参考にしてみてください。

レンタルでその魅力を味わえるので、価格参考で比べてみてください。

コミック料金比較

kakukaku
単行本では5冊まで出ています。その面白さを味わうためにまずは1巻を読んでみましょう。巻数も少ないので一気読みがおすすめです。

まずは各社企業のレンタル料金を表にまとめてみました。

電子書籍/コミック料金/まとめ借り期間延滞料金送料
DMMコミック50円か85円
10冊時1,340円
25冊未満14泊/15日
25冊以上20泊/21日
1日25円840円
TSUTAYA DISCAS
90円

10冊時900円
20泊21日1日50円10冊未満600円
10冊以上で無料
Renta100円~

10冊時1,000円
48時間~0円0円
ゲオコミック124円

10冊時1,240円
14日間1日24円0円

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

1巻550円以上する「かくかくしかじか」を買うかレンタルするか悩むところです。ここでは5巻までのレンタル金額を計算してみました。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanがいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

2012年~15年にかけて連載された東村アキコの自伝的漫画です。漫画家になった林明子が、過去を回想する形で描かれます。

高校生の明子は、子供の頃から漫画家になりたいと思っていました。受験をひかえ、明子は美術大学の入学をめざし、町の絵画教室に通い始めます。そこにいたのは、竹刀を持ち歩き、生徒をビシバシ叩きながら指導する怖い男の先生でした。

スポンサーリンク

しばらくして絵画教室を辞めようと思う明子でしたが、先生の熱意ある指導のおかげもあり、なんとか美大に合格します。しかし大学生活がはじまった途端、開放感から絵を描かなくなり、スランプに陥ります。

夏休みに田舎に帰り、家で泣いていると、そこに再び先生が現れ、明子に半強制的に絵を描かせます。やがて4年が経ち、大学を卒業した明子でしたが、働きはじめたコールセンターの仕事のつまらなさに絶望し、漫画家になるため、新人賞に応募する作品を猛然と描きはじめますが……。

見どころ

精神的な支えでもあり、公私にわたり何かとお世話になっていた町の絵画教室の先生。それでいて、時には煩わしく思っていた時期もある恩師との、厳しくもいま回想すれば充実していた思い出の日々を、ユーモラスに描いた作品です。

漫画家や画家になりたいと思っている若い人が読んで参考になる作品です。また、そのような人たちだけではなく、「何者かになりたい」と願いつづけている多くの人にとって、琴線に触れる内容です。作り話ではない、生きた実例がここにあります。

夢を実現するための努力がどれだけ重要か、親身になってくれる恩師の存在がどれだけ大切か、そのことに気づかせてくれます。何度も挿入される、「ねえ、先生」という呼びかけが効果的です。
電子書籍 コミック

感想

作者のユーモアというか、茶目っ気が面白く、途中何度もゲタゲタ笑って読みました。すごく苦労してようやく入学した美術大学で、親に身を削らせるような資金面での援助をさせながら(美大はお金がかかります)、主人公が遊びほうけ、挙げ句の果てには絵が描けなくなってしまうところなどは、読んでいるこちらが心配し、いたたまれない気持ちになりました。

社会人になって、コールセンターで働きはじめた主人公が、仕事のつまらなさから、会社に行くことに絶望を感じ、脇目もふらず漫画を描きはじめるくだりが面白いです。

追いつめられないと行動しない。人間ってこんなもんだよな、と思わせます。そんなんじゃどうせ賞なんて獲れない、と読者は思いますが、この主人公(作者)、美大入学のときもそうでしたが、守護霊でも背中についているのでしょうか。何か持っていますね。

作者の人生が凝縮された、笑って泣ける佳品だと思います。

まとめ

matome

以上が、「かくかくしかじか」のレンタル料金と見どころと感想まででした。ちなみに漫画大賞を受賞したのは2015年です。その魅力をたっぷりとコミックで堪能してみてください。
コミックレンタル

ちなみにダイハツのCMとは全く関係ありませんので、あしからず。その他おすすめコミックは下記を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket