映画も小説も大人気!名探偵コナンのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

日本テレビで毎週土曜日18:00から放送されている、名探偵コナンはマンガだけでなく小説や映画でも人気の作品です。子供だけでなく間違いなく大人も楽しめる作品といえます。

探偵ものは金田一少年の事件簿や、怪人二十面相など様々な人気作品が目白押しですが、息の長い作品といえばこの名探偵コナンが代表作ではないでしょうか。

DVD・コミック料金比較

名探偵コナン
音声やイラストを楽しみたい人はDVDからスタートしましょう。ここでは、各企業の定額プランを比較してみました。

そのあとはコミック料金も掲載しているので、どちらで楽しむか好みに分かれるでしょう。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全部で91巻も出ている名探偵コナンですが、もうじき100巻が見えてきたところです。ここではきりよく90冊まで借りた場合の料金を算出してみました。

90巻買いそろえるのはかなりの費用がいりますからね。

大量に借りた場合、各社大きな値幅が出てしまいますね。ここではDMMが最もお値打ち価格となりました。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

スポンサーリンク

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

高校生名探偵「工藤新一」が謎の組織が作り出した薬の効力で6歳の少年になってしまう。しかし、頭脳は名探偵のままでありそれを駆使して謎の組織の手掛かりをつかむべく幼馴染の「毛利蘭」の私立探偵をしている父親「小五郎」に成り代わり様々な難事件を仲間と共に解決していくミステリー漫画。

基本、数話跨ぎで一つ一つ事件を解決し完結していく作品ですが18巻以降からはコナンと同じく子供にされた謎の組織の元研究員「灰原 哀」の登場から徐々にその「組織」が絡む、もしくはその可能性のある事件も増えていき「組織」の全貌が少しずつ露となっていきます。

CIA・FBI捜査官や公安警察といった心強い仲間も増えていく一方で「組織」の新たなメンバー達も動き始めて現在および85巻以降一般事件を解決しつつ「組織」のナンバー2通称「ラム」を探索中

見どころ

初期こそ海外ではモザイク描写が掛る程の推理よりも残酷描写の多い殺人事件が目立ちますが、巻数が2ケタまで来ると推理や暗号解読、トリックやアリバイ崩しを重点に置き、誘拐や強盗に爆弾事件といったハードアクションも有りの本格ミステリー漫画になっていきます。

特に20巻以降から今日まで時間をかけつつも「組織」に関わるキーパーソンの導入とそういった人物達の素性が次々と明らかになってゆく描写や真実が明らかになる時の演出は毎回衝撃的で「あの時の描写はコレだったのかぁ」と驚かされます。

そしてその合間に「組織」と関連ない事件を挟んでゆく。

「名探偵コナン」という作品の規則として「犯人」は必ずコナンが推理を始める前に必ず登場しているという規則があり、推理完了までの描写を隅々まで見れば一般読者でも推理可能という程があるので注意して読んでいけば存分に楽しめる作品だと私は思います。

基本この繰り返しで90巻近くまで続くロングセラーとなりました。

感想

アニメが始まって読み始めたのが私が小学生ぐらいの時でそこからずっと読み続けてます。その時、扱う事件によったり死体の描写は未だに若干抵抗がありますが今も昔も事件現場で頭を捻りながら推理を行うコナンの姿を現在もワクワクしながら読んでいます。

ただ、20年以上続くミステリー作品となっている為かインターネットや某バラエティ番組で検証実験が行われる程トリック事態に無理があるモノもあったり、犯人の動機が安易すぎたりする所は否めません。

しかし、アニメ化に際し特にスペシャルや数週跨ぎになりやすい長編の事件は私の見所です。事件の緊張感だけでなくその話に出てくる人間模様や因縁をいつもより多めのページ数で描くことによりストーリーに深みを増し推理モノ好きの私の心を引き立てます。

コミックレンタル

まとめ

matom
以上が映画も小説も大人気!名探偵コナンのレンタル料金と見どころと感想まででした。

週刊少年サンデーでも毎週連載されていますから、最新情報を読みたい人は週刊誌もチェックしましょう。ちなみに作者の青山 剛昌先生のその他の作品は

  • まじっく快斗
  • YAIBA
  • 4番サード

など。これらも面白さは当然折り紙付きといえます。ファンならば当然すべてを網羅していきましょう。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket