まもなく公開!3月のライオンのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

NHK総合テレビで放送されている3月のライオンは、映画でも放送された非常に人気の作品です。映画の出演キャストも豪華なメンバーで、2017年3月に全編が公開予定となっています。

となると、上映前にチェックしたくなるのが人間の性ですから、ここでは3月のライオンのレンタル料金から見どころと感想などを紹介していきますので、参考にしてみてください。

コミック料金比較

3月のライオン
アニメは放送されていますが、映画はこれからなので、まずは単行本で内容をチェックしてみましょう。

そうすると面白さが半減するという人もいますが、逆に面白くなるという人もいます。人それぞれですから、自分流の楽しみ方を見つけ出しましょう。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全部で11冊出ている3月のライオンを全巻そろえるか、借りるか考えてしまうと思います。なのでここでは全冊借りた場合の金額を算出してみましたので、参考にしてみてください。

10冊を超えると送料が無料になるツタヤが最安値という結果がでました。ゆえに10冊未満を借りる際には電子書籍のレンタが安く利用できます。

レンタは自動返却なので、延滞料金も発生しません。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

3月のライオン。作者は780万部以上の大ヒット作「ハチミツとクローバー」の作者「羽海野チカ」さんの作品です。

スポンサーリンク

主人公は17歳で将棋の天才プロ棋士、桐山零という青年。しかし、彼には幼い頃に家族を事故で失い、深く心に傷を負っていた。

義父の家に世話になるが、自分の居場所がなく、東京の下町で孤独な生活を送っていた。そんな折、同じく父母が居ない3姉妹、あかり。ひなた。モモ。の家族と出会う。

生真面目で暗く心を閉ざしていた主人公の零に対し、3姉妹の長女あかりは親類の店を手伝いながら、中学生の次女ひなた。まだ保育園児のモモの面倒をみながら、明るく前向きに暮らしていた。

その姉妹と関わりながら主人公は一度失った人の温かさや閉ざした心を少しずつ取り戻していく。それと同時に棋士として、そして一人の男として成長していく物語です。

見どころ

見所は羽海野チカさんの作品の特徴でもある登場人物の全てがまるで主人公のように個性的で特徴をもっているところにあるでしょう。

そして、その登場人物達が主人公と見事にシンクロしていくところに目が離せなくなります。主人公の成長していく過程も誰もが若い時に経験した心の動揺や不安そして喜び悲しみがあり、共感します。

一見、将棋というと難しく感じますが、将棋が分からなくても、その試合をする人の感情や心をうまく描写しているので、それも見所の一つです。

そんな緊迫感のある中に主人公と3姉妹とのやりとりが、とても和やかでほのぼのし、主人公の心の疲れや傷をやわらげていくのが手に取るように読む人の心も癒してくれます。

棋士としてのシビアな世界の人間関係と、ほのぼのと温かい周りの人間関係、その狭間で主人公が成長していく過程がこの漫画の魅力だと思います。

感想

初め、羽海野チカさんが手塚治虫賞。ついでマンガ大賞を受賞したと知り、ファンだった私はすぐに本を手にしました。でも、将棋の漫画?難しいのかな?と、あまり期待せずに1巻を読みました。

冒頭はシリアスな感じでの始まりでしたが、すぐに3姉妹が出てきて、くすっと笑えるようなほのぼのなシーンがあり、読みすすめると、私は泣いていました。

そこで、この漫画の素晴らしさがわかり、虜になりました。 緊迫感や、優しさ感や、悲しさ感や、面白感が、交互にあって、それでいて主人公を中心にしてまとまっている。

すぐに続きを読みたくなりました。そうして、読んで私が思ったこと、この本に対しての感想を一言でいうととても、とても、優しさに満ちた物語だと思います。
コミックレンタル

まとめ

matom
以上がまもなく公開!3月のライオンのレンタル料金と見どころと感想まででした。

コミックも独特の雰囲気がありますが、動画などアニメもまた別の雰囲気を感じることができてきます。早く映画版やアニメのDVDなどが発売されるのが待ち遠しいばかりです。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket