浦沢直樹代表作MONSTERのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

浦沢直樹先生の代表作といえば、YAWARA!かこのMONSTERといっても過言ではありません。どちらも全く異なるストーリーで、観るものすべてを魅了する作品ですから、まだ見ていない人は欠かさずチェックしておきましょう。

ここではMONSTERをお得に楽しむための料金を掲載してみましたので、参考にしてみてください。

「MONSTER」は、1994年から2001年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された浦沢直樹の漫画です。

数々の漫画賞を受賞し、2004年にはアニメ化もされました。

一流の脳外科医としてドイツの病院に勤める日本人、天馬賢三は、ある日、頭部を銃で撃たれて瀕死の少年、ヨハンの命を救いました。

しかし、後にその少年がとんでもないモンスターに成長してしまったことを知ります。

ヨハンを助けなければよかったのかと自責の念に苛まれる天馬は、ヨハンが犯した犯罪の容疑者として、警察に追われることとなります。

警察の手を逃れながらヨハンを追跡し、自分が救った命のために、他の命が犠牲になることを防ごうとする天馬。

ドイツ、チェコをまたにかけた逃走と追跡の物語です。

コミック料金比較

monster
単行本では全部で18冊まで出ています。読み応えのあるストーリーですから一気読みよりじっくり読んでいくほうが、おすすめです。

まずは各社企業のレンタル料金を表にまとめてみました。

電子書籍/コミック料金/まとめ借り期間延滞料金送料
DMMコミック50円か85円
10冊時1,340円
25冊未満14泊/15日
25冊以上20泊/21日
1日25円840円
TSUTAYA DISCAS
90円

10冊時900円
20泊21日1日50円10冊未満600円
10冊以上で無料
Renta100円~

10冊時1,000円
48時間~0円0円
ゲオコミック124円

10冊時1,240円
14日間1日24円0円

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

1巻500円以上する「MONSTER」を買うかレンタルするか悩むところです。ここでは18巻までのレンタル金額を計算してみました。

まとめ借りするなら、DMMやツタヤディスカスがおすすめで、単品借りなら電子コミックのレンタがいいと思います。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

モンスターとなってしまったヨハンの暴走を止めるため、一流脳外科医の地位を捨てて、逃亡と追跡を続ける天馬の素晴らしい人間性がこの漫画一番の見どころです。

作品の主軸は、なぜヨハンがモンスターになってしまったのか、一体なにをやろうとしているのか、天馬は彼を止められるのか、といったところですが、逃亡中に天馬が出会う人々との温かい触れ合いがとても心に残る作品です。

とにかく天馬という人は、思いやり深く、優しく、困っている人を放っておけないのです。

自分も無実の罪で追われる大変な身でありながら、出会った人々を救いながら旅を続けます。

天馬と出会った人々は、天馬の人間性に惚れこみ、彼から受けた恩に感謝し、後に彼が指名手配の容疑者であると知っても天馬を信じ、助けようとします。

自分が惜しみなく与えた多くの恩、それが彼に返ってくるのです。

助けた人たちに助けられながら、真実を負い続ける天馬の姿に感動です。

簡単な説明

ドイツで優秀な脳外科医として活躍しはじめていた天馬賢三のもとに、ある日、重体の少年の患者が運びこまれます。少年の手術を担当するはずだった賢三は、後から運びこまれてきた市長の手術をするよう、院長から命令されます。市長が助かれば、病院への支援が期待できるため、院長は、患者の順序をいれかえたのです。

スポンサーリンク

しかし賢三が担当しなければ、少年は命をおとすことが明らかだったので、賢三は院長の命令にそむき、少年の手術を強行します。少年は一命をとりとめますが、市長は命をおとします。賢三は院長の怒りを買い、出世街道からはずされます。

ところが、当の院長らが何者かに命を奪われるという事件が発生、賢三が手術で命を救った少年が病院から姿をくらまします。賢三はふたたび出世街道に復帰しますが、数年後、少年が院長殺害の犯人であることがわかると、次々と被害者をつくる少年の行動に終止符を打つべく、名誉ある地位を捨て、少年を追います。

見どころ

「人の命は平等じゃない」という、賢三の元婚約者・エヴァのセリフが印象的です。

そこから物語が出発するかのように、賢三が命を救ったヨハン少年が犯人と見られる事件が多発します。

かつて東西に分裂していたドイツ。東側陣営で進行していた極秘計画、「511キンダーハイム」という子供たちを集めた実験場で、教育の名の下、いったい何が行われていたのか。その子供たちの中で、ヨハン少年は頭角を現し、やがてそこで凄絶なバトルロワイヤルが行われたらしきことがわかってきます。

ヨハンと双子の美しい女性・ニナ。想像以上の苦痛の体験のために、少女時代のニナの記憶は失われています。様々な人との出会いがあり、ヨハンを中心に、らせんを描くように、賢三や、記憶をとりもどしていくニナが集結し、おそろしい出来事が再現されようとします。

1994年から2001年にかけて連載された、浦沢直樹の手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作。

感想

全18巻の壮大な漫画ですが、謎をのこしながら物語が進行するので、続きを読む楽しみで、長さはまったく感じさせません。
犯人捜しのミステリーという大きな枠物語と、それとは別に、一話一話完結する人情話の方も引き込まれるものがあります。漫画を読む楽しみを堪能できる作品です。

最近の小説家が挑戦しないような壮大なエンターテインメント・ミステリーに、この漫画家はあえて野心的に挑んでいると思われます。
全部読み終わってもまだ謎はのこりますが、読者ひとり一人が推理するおもしろさがある作品とも言えます。

仕事一筋だったルンゲ警部は、賢三に疑いをかけ、はじめて犯人の推理に失敗しますが、一連の騒動のなか、最後まで執念の捜査をし、魅せてくれます。家族をかえりみるようになるルンゲの成長にも注目です。

どこにも登場してくるヨハンの信奉者ロベルトがおそろしく、ページをめくって誰が登場するかにハラハラさせられっぱなしの漫画です。

ヨハンはなぜモンスターになってしまったのか。

最後に明かされる真実に驚愕し、とても悲しくなりました。

人によっては「たったそれだけのことで?」と感じるかもしれません。

確かにヨハンの心を壊した出来事は、彼の身に起きたその他たくさんの辛い出来事と比べると、瑣末なことだったようにも思えます。

だけど、何が人を傷つけ、何が人を救うかなんてわからないものなのかもしれません。

ヨハンが生きた人生の、ほんの数分間の出来事。

ちょっとした会話のやりとり。

その内容ひとつで、ある人はモンスターになり、ある人は立ち直ることができたりする。

それが人間の心なのかもしれません。

人間の心の強さ、弱さを洗い出した、一流のサスペンスだと思いました。

コミックレンタル

まとめ

matom
以上が浦沢直樹代表作MONSTERのレンタル料金と見どころと感想まででした。

そのほかの浦沢直樹先生の作品は

  • YAWARA!
  • 20世紀少年
  • パイナップルARMY
  • MASTERキートン

など。

動画やDVDなども楽しめるモンスターの魅力をまずは、マンガで味わってみてください。

電子書籍 コミック

宅配DVDレンタル定額料金比較と借りたい時に借りる人向け簡単比較表

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket