週刊少年マガジンで大人気!波打ち際のむろみさんのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

名島啓二先生が描く波打ち際のむろみさんの可愛らしさは、女性はもちろん大人の男性でもハマるほどのビジュアルです。

週刊少年マガジン(講談社)で連載され予想以上雄の人気となったこの作品は、短期で終わる予定だったのが延長されたほどの漫画なのです。

コミック料金比較

波打ち際のむろみさん
オークションで中古販売されていたり、全巻セットで販売されていたり様々な販売方法がありますが、ここではタイトル通りレンタル金額を算出してみましたので、買う場合との価格比較に利用してみてください。

マニアならフィギア感覚で当然全巻買いそろえることでしょう。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全部で11冊発売されている波打ち際のむろみさんは、買いそろえるにも手頃な冊数ですが、ここでは全巻借りた場合の金額を算出してみましたので、参考にしてみてください。

ツタヤディスカスが1,000円を切るコストパフォーマンスという結果に終わりました。送料がかかるのは10冊未満なので、そこをクリアしている点がポイントです。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

週刊少年マガジン 2009年~2014年まで掲載。釣り好き以外はいたって普通の男子高校生、向島 拓郎とひょんなことから魚と間違えて釣り上げた人魚の女性、むろみと出会い、それをきっかけに始まる ゆるゆるのギャグ漫画。

序盤の不定期連載時の時はこの二人をメインに絡めた日常ギャグの漫画でしたが、作品が進むにつれてむろみを取り巻く仲間の人魚や海洋生物 河童やツチノコ、雪男といった伝説上の生き物に、同作者の別作品にあたる「聖★ピスタチオ学園」のキャラクターを拓郎のクラスメイトとして絡めていき、メインキャラ二人以外が活躍する話も増えて群集劇へと展開していく。

そして、終盤で拓郎が受験生となり大学進学が決まり、むろみと彼女を取り巻く、仲間と過ごした刺激的な毎日を思い返しつつ、最終回は大学生となった拓郎がマレーシアの海でむろみと再開するところで幕を閉じる。

見どころ

もともと、釣好きの主人公・拓郎と人魚のむろみとのゆるい日常を描いた読み切り作品でしたが人気があったことによりマガジン本誌に不定期掲載が開始し、そしてレギュラー連載にいたった作品です。

スポンサーリンク

コッミクス版では第一巻でその時の設定裏話と共に本編が掲載されており、作者の自虐がかった解説と読み切り時と連載時の違いが見て楽しめます。

それ以降徐々に伝説上の生き物達や拓郎のクラスメイトが絡んだ話やメジャーなものからマイナーなものまで様々な海洋生物が登場し、おまけページでは登場生物の解説やキャラ設定も観ることができます。

中盤からはそういった、メインの二人以外のキャラが活躍する話が多くなり、各キャラクター達の人間模様を描いたお話を見ることができ、作品自体に深みがあるものとなっていきます。

終盤ではそういった話も絡めつつ、高校生である主人公・拓郎が大学受験を控えて、その後合格し、海でむろみに
「どんな環境になっても釣りは続けるし、必ず会いに来る」と宣言した所に今まで登場した様々なキャラクターが乱入し、はやし立てる場面はギャグ作品の集大成として圧巻だと思います。

感想

どことなく少年マガジンでは今まで見かけなかったゆるい絵柄を気に入り読み始めたのがきっかけでした。

1話6ページ程度の短い作品でしたが日常ギャグのテイストが好きになり単行本も買い揃えるきっかけとなりました。

ストーリーが進むにつれて、人魚伝説や竜宮城にヤマタノオロチといった各地の伝説ネタとそれに因む新キャラやマイナーな海洋生物達も増えていきましたが、コミックスのおまけページに解説や豆知識も掲載されており、ちょっとした勉強にもなりました。

群集劇路線になってからも各、脇役キャラクター達の絡みも楽しめましたし、過去の生い立ちや因縁といったお話にも注目をし、読んでおりました。

しかし、そのまま路線変更もなく基本一話完結でありマンネリの為か第213話で主人公・拓郎が受験生であると判明し、その後、大学へと進んだ所、第235話で最終回を向えてしまいました。

でもこの手のギャグ路線でコミックスに換算して実に10巻以上も続いたのらば十分、上出来な作品であると感じました。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が週刊少年マガジンで大人気!波打ち際のむろみさんのレンタル料金と見どころと感想まででした。

無料動画でも配信されているので、まずはどのようなものか見てみるとその面白さが伝わってくるでしょう。

名前 無料期間 月額料金 動画数 メリット
「dTV」 31日間 500円 12万本以上 低価格
U-NEXT 16日間 1,990円 11万本以上 ジャンルが豊富
Hulu 14日間 933円 1万本以上 高画質
ツタヤ DISCAS 31日間 1、865円 月20本まで CDも含む
スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket