人気のネイフィールウォーターをレンタルした場合のランニングコスト

スポンサーリンク

ネイフィールウォーターは舌を噛みそうな名前ですが、ウォーターサーバーの中でも特典が多く付くため非常に人気のサーバーとなっています。機械本体のレンタルは無料でボトルを購入するだけでメンテナンス費用もフリーとなります。

ここではレンタルした場合のコストなど、どれくらい費用が必要なのかを紹介していくので、契約する際の参考にしてみてください。

まずは気になるランニングコスト

ネイフル
ここは4種類の天然水のボトルがあります。種類が多いと飽きがこないから色々試してみましょう。

  • 京ほのか 12Lで税別1,760円。1Lあたり146円の価格です。注文単位は2本から
  • 日田ほのか 12Lで税別1,900円。1Lあたり約158円で同じく2本からの注文です。
  • 富士ほのか 12Lで税別1,980円。1Lあたり約165円です。
  • 富士の希 12Lで税別1,980円。1Lあたり約150円です。

サーバーのレンタル料や配達料金はいずれも無料で利用できますが、途中解約などの諸条件を満たした場合は、引取り料で5,400円から9,720円かかります。下記画像を参照してください。
引取り料金
らく楽スタイルウォーターサーバーとスタイリッシュサーバーの2種類があり、卓上タイプもあるので、場所まで抑えることが可能です。

らく楽スタイルウォーターサーバーの電気代は月400~450円とかなりの低コスト。スタイリッシュサーバーの電気代は冷水で85W温水で300~400Wの消費から計算すると、毎月700円前後が電気のランニングコストとなります。

公式サイト


ネイフィールウォーターサーバーの主な特徴

人気ランキング
らく楽スタイルウォーターサーバーは、本体下部に収納できるボトルinスタイルのため出し入れがとても簡単です。しかも上記であげたように電気代まで、かなりの節電可能です。

またバリエーション豊かなカラフルな5色のカラーラインナップが部屋にマッチする為、お部屋のデザインを損なわずに設置可能です。

クリーンサイクルシステムは、清潔さを保つために開発された独自のシステムなので、天然水の美味しさを損なわず、いつでも常に新鮮なまま、おいしく飲むことができます。

チャイルドロック
これが子供がやけどするのを防ぐチャイルドロックです。いたずら盛りの子供がいる家庭でも安心して導入できます。解除防止のチャイルドレジスタンス機能まであるまさに万全の体制です。

スポンサーリンク

スタイリッシュサーバー卓上タイプ

takujyou
サイズは幅30cm×底板36cm×高さ54cmとまさに究極のコンパクトサイズ。

ボトルカバーを装着時の高さは79cmで注水レバーの高さまでは約27cmです。

重量は14kgで温水の量が1.25L。冷水の量が2.4Lとなり、床置きタイプと違い温水の量が少ない為、消費電力が温水だと300Wで済む点がエコノミーと言えますね。

スタイリッシュサーバー床置きタイプ

yukaoki
サイズは幅30cm×底板36cm×高さ102cm。これでも他の規格と比べると小さめと言えます。

ボトルカバー装着時の高さは127cm、注水レバーの高さまでは約75cm

重さは16kgで卓上タイプと比較しても差は2kgと軽量サイズ。

温水の量が1.95L。冷水の量が2.4Lとなります。温水の量が多いので、比べてみると消費電力が温水だと400Wかかる点がややマイナスポイントと言えます。

置き場所を選ばないのが床置きタイプが人気の点で、卓上は机の上など置く場所が限定されるところが床置きに比べてやや人気がないと言える点です。

公式サイト


注意点をピックアップ

  1. 2ヶ月以上水の配送を中止した場合は、サーバー滞留課金として1ヶ月につき864円がかかってくるので、定期的に注文しましょう。
  2. 代金のお支払いは、クレジットカード決済か口座引落しか代金引換が選べます。口座引き落としが楽でおすすめです。

ちなみに口座引落しの場合は、毎月末締め切り分を翌月27日に引き落としされるので、口座に残高があるか確認しておきましょう。

領収書の発行は行っていないのですが、水の箱にある送り状の下部に貼付けられている納品請求書が領収書の代わりとなるので、失くさないよう気を付けましょう。特に初回納品時にはうっかり忘れがあるので必ず確認しましょう。

規定利用期間と料金は上記でも画像で紹介しましたが、念のためもう一度書いておきます。

  • らく楽スタイルウォーターサーバー シリーズ
    セレクトは規定利用期間は2年でそれ未満の場合だとサーバー引取料が税込で9,720円かかりサーバー交換料は税込で5,400円必要となってきます。

スタンダードの規定利用期間は6ヶ月で、サーバー引取料は税込9,720円でサーバー交換料は税込5,400円

  • スタイリッシュサーバー
    規定利用期間は1年でサーバー引取料は税込5,400円でサーバー交換料は税込5,400円となっています。

以上がネイフィールウォーターサーバーのランニングコストとおすすめの魅力とその他注意点でした。基本的には長く使っていけば、おいしく楽しく使う事が出来るでしょう。

天然水の種類も多いので、飽きがきにくいウォーターサーバーだと言えます。

公式サイト



ご家庭やオフィスのお茶やコーヒー、赤ちゃんの粉ミルクまで使い方は様々です。安心できるお水を飲んで明日から健康生活をエンジョイしていきましょう。

他にもおすすめウォーターサーバーはあるので、下記で参考にしてみてください。但し特典の多さはここがぴか一でしょう。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
広告

関連記事-こちらもどうぞ