ドラマも面白い信長協奏曲のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

信長協奏曲といえば、あの女優の山田優さんと結婚した小栗旬さんがフジテレビで主演を務めました。私はドラマから見たのですが、小栗さん演じる織田信長の演技や、俳優の山田孝之さんが演じる羽柴秀吉の演技にも興奮するほど面白かったと思います。

ここでは、信長協奏曲のDVDからコミックの料金情報から見どころと感想までをネタバレなしで紹介していきますので、参考にしてみてください。

ちなみに読めないという人のためにタイトルをカナで書くと、のぶながコンツェルトと読みます。

DVD・コミック料金比較

信長協奏曲
DVDで小栗旬さんの迫真の演技を見たいと思う人は、下記大手DVD三社で作品をチェックしてみましょう。

コミックにはない、熱き魂を感じることができると思います。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

現在は14巻まで出ていて、まだまだ連載は続いているのですが、ここでは14冊借りた場合の金額を算出してみましたので、目安として参考にしてみてください。

ツタヤディスカスが最もお値打ち価格で利用可能です。しかし10冊未満は送料がかかるので、単純に単価だけで判断しないようよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

現代人の高校生である主人公の「サブロー」は、学校の帰りに塀を歩いていたら、つい足を踏み外してしまいます。

そこから出てきた風景は、なんと戦国時代の尾張という風景。タイムスリップしてしまったサブローは、その時出会った「織田信長」と入れ替わることになり、戦国時代を生き抜かなければならなくなりました。

「信長協奏曲」は、アニメ化、ドラマ化、そして実写映画化しています。原作は石井あゆみ著、小学館の「ゲッサン」で連載中で、現在サンデーコミックス14巻まで販売中です。

見どころ

原作では上杉謙信が亡くなり、中国攻めが難航する等天下統一に向けてまだまだやらなければいけないことがあるといった雰囲気のサブローですが、運命の日である「天正10年6月2日」まであと約4年…完結までのタイムリミットが迫っています。

すでにドラマでは映画版で「本能寺の変」を描いていますが、原作でこれからこのクライマックスを迎えます。織田信長が出てくるタイムスリップものでは、この本能寺の変をどのように扱うか注目ポイントになるかと思います。

歴史どおりにするのか、それとも映画版のように歴史とは変わるのか…織田信長「サブロー」がどのようにこの日を迎えるのか、ラストシーン向け目が離せませんね。

感想

織田信長という日本史において超がつく有名人を題材にしたものですが、第1巻を見終わる頃には石井あゆみ版織田信長(サブロー)のとりこになってしまうこと間違いなしです。

歴史ものでタイムスリップものということでこちらもドラマ化した「JIN-仁―」と似た感じかと思っていましたが、「サブロー」というユルくて歴史に疎い現代の高校生がひょんなことから織田信長を演じることになり、先が読めない展開にわくわくしてしまします。

最低限の史実を知っているだけでも十分楽しく読むことができますので歴史が苦手な方でも十分楽しめますし、主人公であるサブローが現代っ子であるがゆえに現代を生きる人間の感覚でさまざまの出来事に相対していくため、史実はどうだったのだろうと日本史への興味にもつながります。

またとても変わった形で歴史解釈がなされている漫画ですので、史実を知っていれば知っているからこそ楽しく読めます。

歴史ものの好き嫌いにかかわらず、ぜひご一読ください。
コミックレンタル

まとめ

matom
以上がドラマも面白い信長協奏曲のレンタル料金と見どころと感想まででした。実際の歴史ストーリーとはやはり色々違いますが、信長ファンである私自身が納得できる内容と太鼓判を押せますから、ぜひ一度はご覧になってみてください。

コミックから先読んでみるかDVDから鑑賞してみるか非常に悩むところです。しかし原作が面白いからこそ映画化されるわけですから、基本はやっぱりコミックから読んでみるのがいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket