おしゃれに決めたい!参列者が身に付ける衣装から小物までの選び方

スポンサーリンク

結婚式への招待状が届くと、お祝いしたい気持ちと参列する楽しみでワクワクしますよね。でもどんなドレスを着ていこう、靴は?持ち物は?といろいろ悩んでしまうのも事実です。

そこで、よく悩みがちなポイント別に衣装選びのコツを紹介します。知識を得ておけば憂いなしです。

マナーを知っておく

2
マナーというまで堅苦しくはないですが、基本的な事のチェックポイントです。他人の目を気にしすぎることはありませんが、最低限のマナーとして覚えておきましょう。

もちろんおしゃれの情報も必見です。レンタルするか購入するかは、結婚式の参列者が選びたい格安衣装のレンタルショップ一覧を参考にしてください。

ドレスの丈は

結婚式・披露宴への参列は正装が基本ですよね。女性でいえばドレスになります。近年ではパンツドレスでも構わないという傾向がありますが、本来は女性はスカートドレスが正式な衣装となります。

スカートドレスでも、結婚式がデイウエディングかナイトウエディングかによって丈が違います。デイウエディングは露出度を控える必要があるため、スカートの丈は膝くらいまでのものを選びましょう。

逆にナイトウエディングは少し露出して膝上10cmくらいのスカート丈でも大丈夫です。また、ロングドレスはあまり好ましくないとされていますので避けたほうが良いでしょう。

レンタルにおすすめのお店一覧

などが挙げられます。頻度が少ないドレスですから買うより借りることも検討してみましょう。

ドレスのカラー

3
「花嫁と被るから白のドレスはNG」というのはよく聞きますが、同じ理由で淡いカラーも避けたほうがいいとされています。

たとえば淡いピンクや淡い黄色、淡い水色などは遠目で見たとき、または写真に撮ったときに白に見えてしまうということが理由です。できればはっきりとしたカラーのドレスを着るか、ショールなどに明るいカラーを取り入れましょう。

最近では、サムシングブルーの言い伝えに合わせて花嫁に近しい女性がブルー系のドレスを着る傾向も見られます。そのため、ブルー系のドレスもできれば避けれると良いでしょう。

ドレスのシルエット

結婚式への参加は「正装が基本」ですので、胸元の大きく空いたものやスカート部分にスリットが入ったものなどのセクシードレスはNGとなります。

シルエットには特に決まりはありませんが、女性はできれば鎖骨の見えるドレスが好ましいとされています。そのため、ハイネックのようなドレスはNGとなります。

スポンサーリンク

もし鎖骨を見せるドレスに抵抗を感じるのであれば、透ける素材のショール等を羽織ることをオススメします。また、ウエディングドレスに多いプリンセスラインのドレスは、参列者側が着るのは避けたほうが念のためです。

羽織りもの

パーティドレスに一番多い羽織りものといえばショールやボレロです。ショールやボレロでも、冬に多い「ファー素材」はNGとなります。

ショールやボレロだけでなく小物などでも同様ですが、ファーは殺生のイメージがあるために、おめでたい席では避けたほうがいいと言われています。

靴の選び方

4
本来、参列者はパンプスで参列するのが正しいとされています。露出が少なく、正装であるということからパンプスが選ばれています。

ローファーなどのヒールの低いものは避けたほうがいいのですが、妊娠中などの理由がある場合は構いません。

ただ、オープントゥやミュール、ブーティなどのカジュアルなものはNGとなります。

ヘアスタイル

5
結婚式に参列する場合、髪はアップにするのがマナーです。

ダウンスタイルが特に禁じられているというわけではありませんが、結婚式では正装感を出す必要があるため、ダウンスタイルではきちんとしていないとみなされるのです。

また、花嫁よりも目立ちそうな派手な髪飾りは避けましょう。

バッグ

小さな子供を連れている場合を除いては、小さめのバッグに必要最低限のものだけを入れて持っていくようにしましょう。

お財布等のかさばるものはクロークに預け、手元に持っておくバッグにはカメラ・ハンカチ・携帯電話・最低限のお金・最低限のメイク道具程度にとどめましょう。

こういったバッグ類や小物などのちょっとした利用なら、レンタルショップで利用するのが賢い選択です。


まとめ

以上がおしゃれに決めたい!参列者が身に付ける衣装から小物までの選び方でした。主役より目立ってはいけませんが、それでもそれなりにおしゃれを決めたい女性心のポイント集です。

今後のこういった結婚式やパーティなどの出席の際の参考にしてみてください。度重なる回数の場合はいつも同じドレスでは、イマイチ冴えないので、レンタルを利用しておけば、他人の目も気にならなくなります。

特にあまり着用しないドレスですから、買うにはもったいないですから、対費用効果もよく考えて検討しましょう。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket