旅行や出張などで留守にする際のペットホテルを借りた場合の注意点

スポンサーリンク

自身が旅行や出張などで、愛犬や猫などをやむなくホテルに預ける場合のポイントを紹介していきます。本当は友達や家族、親せきに預けたいのだけど都合が付かなかったなど諸事情は人それぞれです。

食べる物が決まっている犬は、しっかりおやつやドッグフードを持参しましょう。

慣れない環境に置いていかれる、ペットの気持ちは大好きな食べ物を食べなくなる場合もよくあるケースです。

日頃の習慣もしっかり伝えておく

DSC_0141
また一日何回餌をあげているか、トイレの頻度なども話をしておきましょう。

コミュニケーション不足でトラブルが起きるなどよくある話です。忘れないよう紙に書いて渡す方法もあります。

ホテル側がしてくれるサービス

無料や有料などそのホテル側のサービス次第なので、しっかり確認しておきましょう。

  1. 散歩
  2. ホテル側が用意してくれたおやつ
  3. トリミング
  4. シャンプー
  5. 肛門絞り
  6. 爪切り
  7. 耳掃除

などがあります。もちろんホテルによってサービス内容の差はあるので、しっかりチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

もちろん別料金であったり、価格の中に含まれたりします。出来ることなら込でやってくれるサービスなどを探してみましょう。

散歩などは意外にしてくれるところがなかったりします。普段散歩に連れていっているペットが急に一室に閉じ込められて、外にも出られないなら強いストレスを感じてしまいます。

なのでこの散歩サービスが含まれているペットホテルなどを探しましょう。

後はオプション価格で依頼している所も多いので、自分の予算次第です。

旅行から帰ってきた時に、ぴかぴかでお出迎えしてほしい人はしっかり、日々の汚れなどを落としてもらい、お手入れとおめかしをお願いしておきましょう。

注意点

自分の旅行の帰宅時間とホテルの営業時間がずれていないか。

旅行というのは、何かとトラブルはつきもの。飛行機のフライト時間が遅れたり、荷物が機械の故障でなかなか出てこなかったり、自分は大丈夫でも他の乗客が乗り遅れたりと原因は様々です。

もしもの時に備えて、ホテル側の電話番号は必ず控えておきましょう。

多くのペットホテルは、万が一の事を考えて、狂犬病予防注射や混合ワクチンの接種が証明できるものを必要としている所も多く存在します。

いろいろな犬が出入りする場所であることから、ショップでのトラブル防止のためこういった証明書を求めてくる事は多いですが、逆にいえばそういったところの方が信頼できる点も頭に入れておきましょう。

後はニオイに敏感な、犬などは家で使用していたタオルや布団やマットなどを持参して、不慣れな環境を感じさせない状況を、飼い主さんが思いやりを持って作ってあげましょう。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket