不動産を購入したら考えられるリスクのまとめ

スポンサーリンク

一体どのようなリスクがあるでしょうか。一般的なもっとも大きいリスクは空き室が増え返済できなくなることです。これは誰もがわかる事でしょう。 他にはどのようなリスクがあるか。箇条書きで書いてみました。

物件購入時に考えられるリスク

購入前に一度はチェックしておきましょう。
syo

金利が上昇して返済金額も上昇する

どうにもならない課題で、固定金利であれば10年ぐらいは同じ金利でいけますが。それが終わったときどのような金利になるのが、今後の収入に大きく影響していきます。

購入を考えているのならバブル期の金利から現時点の金利などを比較してみて、きちんとプランニングしていきましょう。 現時点だけの金利を見るのは非常に危険です。

火災や地震などで建物が壊れ、収入が入らなくなる

滅多にはないでしょうが、考えられるリスクである以上きちんと計算しておかないといけない事です。

きちんと火災保険に入るなどの対策をしておきましょう。 地震保険を受け付けてくれない保険会社もあるので、きちんと調べておきましょう

マンションで事件や事故が発生して退去者が続出する

防ぎようがない最悪のリスクです。これが発生してしまうと状況にもよりますが、かなりの退去者が出てします場合があります。

出ていっただけなら良いですが、噂が広まって入居が戻らなかったりすると、手の打ちようがなくなります。

こういった状況は購入時に説明の義務がありますので、言われなくても訳あり物件かどうかの調査をしておきましょう。

複数の不動産会社に聞いた方が賢明です。 ひとつの会社では,売り上げを上げるために虚偽の内容を伝える可能性もあります。但し法律違反ですが。

道路開発などの交通事情で立ち退きを迫られる

これは立退料がもらえるので、あながちダメというわけではありませんが立ち退き代の算定に、固定資産台帳の価格しかもらえなかった場合などには注意が必要です。

返済金額>立退料となってしまっては目もあてられません。 逆にプラスになる場合もありますが、こればかりは運に左右されるのでそういった期待を込めるのはやめて、堅実な物件を選択しましょう

家賃滞納者が増え、返済しにくくなる

家賃滞納者が続出。もっとも嫌なパターンです。 特に若い人や外国人に多く見受けられるパターンです。滞納するだけ滞納して逃げられたら、大きな損害です。特に外国人の場合、祖国に戻られたら手の打ちようがありません。

よく空き室対策で外国人OKにすると空き室が減るのでおすすめと書いていますが、あまり過剰に行うとこうなったときのダメージも大きいのでよく考えて、もしくは契約書に盛り込んで契約しましょう

スポンサーリンク

老朽化が進みすぎて、修繕不可能になる

老朽化が進みすぎて、修繕不可能になる 6は古くなりすぎて直しても直しても壊れてしまう。高利回りに目がくらんで古い物件を購入したらよくある話です。

結局購入前に住人とこういった会話ができていないまま購入してしまうと、こういった痛い目にあいます。なのでしっかりと、情報収集しましょう。

修繕費用ばかりかかって、利益が生まれなくなる

修繕費用ばかりかかって、利益が生まれなくなる 7は上記と内容がかぶりますが、毎週、毎月のようにどこかが壊れ費用ばかりかかってしまうことです。

いっその事直さなければいいじゃないかと思いがちですが それによって退去者が続出したら目も当てられません。

とくに購入前はよくチェックして できれば修繕履歴などを、現所有者に見せてもらいましょう。 履歴がないというなら、修繕費の項目があるのでその金額を見せてもらう。拒否されるようなら、疑ってもよいわけですから、無理な購入は控えましょう。

訳あり物件には手を出さない方が賢明です。当たりの物件もあるかもしれませんが 外れた場合のリスクもよく考えておきましょう。

ちなみにもっとも注意が必要なのは水まわり。近年に大幅改修工事が行われていれば ある意味ラッキーな物件です。 もちろんきちんと治っていればの話ですが。 とにかく費用がかかるので、購入時にはここもきっちり押さえておきましょう

住人と近所のトラブルで、悪い噂が流れ空き室が増える

住人と近所のトラブルで、悪い噂が流れ空き室が増える 8これまた結構大切な事です。

いざ購入したら、うるさいご近所、ごみ屋敷やスクラップ広場があり悪臭がひどい そしてそれが原因で毎日トラブルが続いているなど。 こういった情報も必ず押さえておきましょう。 満室だから大丈夫という事はありません。

その物件を売るために満室にするため 不動産会社に高い広告料を払って、満室にして売るのも高く売るためのテクニックです。

売却しようとしたが、まったく売れない物件だった

売却しようとしたが、まったく売れない物件だった 9これもまたよくある話。 転売目的で購入したら、いざ売る時にまったく買い手がつかなかった。

など 自分が勝手にいいと思い込んで購入すると、ほかの情報が目に入らなくなって 購入するのはよくある話です。やはり周りの環境など、価格以外の要素もきちんと おさえておきましょう。

高家賃の一階テナントが空いてかなりの収入源になった

高家賃の一階テナントが空いてかなりの収入源になった 高い利回りだったので購入したら1年後一階のテナントが出て行ってあっという間に低い収入になった。

このテナントが出ていくリスクはかなりもの購入まえには必ず、テナント料を引いた金額で購入するよう計算しておきましょう。

決してあてにはせずに、テナント料はあくまでプラスオンの利益で考えておきましょう。 もちろん場所にもよると思いますが、なかなか入らないのがテナント物件です。 以上不動産投資のリスクを知るでした。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket