アニメも捨てがたい屍鬼のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

小野不由美先生の小説から話題となり、藤崎竜先生がマンガ化した屍鬼は、コミックの累計は100万部を突破しています。

動画配信サイトのヴォイスコミックステーションでも放送され話題となったこの屍鬼の面白さは、廉価版などでも楽しむことが可能です。

ここでは、その屍鬼の見どころなどを、感想を交えて紹介していきたいと思いますので、まだ読んでいない人はぜひ借りてみてください。

DVD・コミック料金比較

屍鬼
DVDは9巻まで出ています。音声付きで楽しみたい人は、定額プランで比べた料金体系を参考に興味があれば利用してみてください。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

11巻で完結している屍鬼ですが、まとめ借りをしたほうが安くレンタル可能となっています。

その根拠を全巻利用した場合の計算で算出してみましたので、参考にしてみてください。

1,000円を切って利用できるのは、ツタヤディスカスという結果になりました。10冊以上なら送料が0円となることが、この価格を打ち出しているのです。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

「屍鬼」は小野不由美が1998年に執筆した小説で、2008年に漫画化、2010年にアニメ化された作品です。

作者は後にこの作品を「スティーブン・キングの“呪われた町”」へのオマージュだと述べたとのことですが、この「屍鬼」は、有名なホラーゲーム「サイレン」のオマージュ作品となっており、他の作品とのつながりも意識しながら鑑賞すると楽しい作品です。

ホラーでありながら、最後には深い感動を覚える、濃厚なヒューマンドラマにもなっています。

前代未聞の大災厄に見舞われたひとつの村で、各々が自分と向き合い、行動を選択していくのですが、自分だったらどう振舞うだろうと考えずにはいられませんでした。

見どころ

この漫画の見どころはたくさんあるのですが、まずは序盤の恐怖感がすごい。平和で小さな外場村で、村人たちがひとり、またひとりと、不審な亡くなり方をしていきます。

村唯一の医師、尾崎敏夫は、村に異変が起こりつつあることにいち早く気づき、なんとか原因を突き止めようと努力します。明らかにいつもと違う、でもなにが原因で、どう違ってきているのかはっきりしない。

この「わからなさ」が非常にうまく表現されているため、もどかしさと気持ち悪さも相まって、恐怖感が他のホラーとは一線を画しています。

こんな秀逸なホラーみたことない、といっても過言ではありません。

そして、村になにが起きているかが明らかになってからは、一気に感動の群像劇へと変貌していきます。

愛する人がいて、憎い人がいて、昨日までとは違う自分と相手がいて、そんなとき、誰がどう考えてどう行動するのか。そのひとつひとつの物語に、悲しさや憤りや感動がありました。

感想

難題に直面したときの振る舞いこそが、その人の真の人格を表しているとはよくいわれます。

この漫画に登場する人々も、ほぼ前例のない大災厄に際して、とんでもない卑劣な行動に走ったり、ただおびえて逃げたり、あるいは聖人君主のごとく立派に振舞ったりと、それぞれの信念に沿った行動を起こします。

だけど、全ての人の全ての行動に共感を覚えずにはいられません。どんなに卑怯でも、恥ずかしくても、逆に勇敢でも慈悲深くても、全ての心情が理解できるのです。

これは善悪の問題ではないのだと、善悪に分類できる出来事は、まだまだ単純なことなのだと痛感する作品でした。

だれが読んでも、自分だったらこの人のように振舞うだろうというモデルが見つかることと思います。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が、アニメも捨てがたい屍鬼のレンタル料金と見どころと感想まででした。

タイトルの割には美的感覚がうかがえるこのマンガは、単に怖いだけでなくどことなく美しさを感じさせる興味深い作品となっています。

後は読んでみないとその面白さは伝わらないので、ここではネタバレなしで見どころと感想を書いてみました。後は買うなり借りるなりして、作品をお楽しみください。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket