綾野剛はまり役!新宿スワンのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

主人公と綾野剛さんの風貌が似せて作られたといえ、これほどまでに似るのだろうかといえるほどの、はまり役となった新宿スワンですが、ここではそのレンタル料金と見どころと感想までを紹介していきます。

映画の感想ではなくコミックの感想なので、(あまり変わらないかもしれませんが)映画を見る前にチェックしてみる見方がおすすめです。

DVD・コミック料金比較

新宿スワン

映画では綾野剛さん山田孝之さん沢尻エリカさん伊勢谷友介さんと豪華キャストが、出演しているというぐらい力が入っています。

DVDでその演技や迫力を見てみたい人は、下記大手DVD会社の定額プランの価格を掲載してみましたので参考にしてみてください。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全部で38冊発売されている新宿スワンの単行本ですから、全巻そろえるとなるとかなりの出費といえます。

もちろん面白ければそろえるのも当然ありですが、ここでは全巻借りた場合の金額を算出してみましたので、参考にしてみて下さい。

ここでもDMMが圧勝となりました。とにかく大量利用するなら圧倒的コストパフォーマンスを誇るのがここDMM.COMなのです。

スポンサーリンク

2冊3冊程度の利用なら電子貸本レンタがお手軽と言えるでしょう。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

「新宿スワン -歌舞伎町スカウトサバイバル- 」は、週刊ヤングマガジンに掲載されていた、スカウト会社「バースト」で働くタツヒコ(白鳥龍彦)を主人公にした面白くてハードな水商売系の漫画です。

後に実写化され映画が公開された人気の作品です。新宿区歌舞伎町が舞台となり、ハチャメチャだけど真面目なスカウトマン「タツヒコ」を主人公に夜の世界に群がる男と女と、ヤクザやアウトロー、他のスカウト会社との抗争などが描かれています。

見どころ

スカウト会社「バースト」は、新宿歌舞伎町を拠点とするスカウト会社では最大手、そのバーストにタツヒコが入社するところからストーリーは開始されます。

バーストは後に渋谷や横浜にも進出して勢力を拡大していきます。バーストのバックには暴力団がケツモチとしてついています。そのバーストを中心として社長の山城神、真虎(マコ)、関玄介、時正らと主人公のタツヒコが「バースト」の活躍と衰退、そして復活を描いていきます。

他のスカウト会社との戦いも当然あり、なかでも「ミネルバ」とのエピソードは色々な意味で「新宿スワン」のセンターピンです。ミネルバは全国に支部を持ち500人を超える人員を抱える大手で、社長の山城尊はバーストの社長 山城神の弟です。

そして新宿をナワバリにする「紋舞会」の組長である天野修繕と、本当に濃い登場人物が歌舞伎町、渋谷、横浜、北海道などで暴れまわります。そして、物語りの途中から「ホスト編」が始まり、タツヒコはホストになります。

ホスト編がおわって、スカウトに戻ったタツヒコが、ライバル「ミネルバ」へスパイとして潜入する「ミネルバ潜入編」、独立し「バーストネオ」を立ち上げる「すすきの編」、等を経て、最終的にはヤクザ柚木組の跡目抗争を描いた話へとすすみ、紋舞会の天野と真虎との決着を描いた最終章へと生き急ぎます。

読み応えのある漫画となっており、人気の高さが納得できます。タツヒコが大人になっていく様と、真虎との関係など見どころ満載です。

感想

この作品の面白さは、歌舞伎町の裏を描いた作品であり、作者も元スカウトマン(バーストという会社名だったらしい)のため、リアルな描写が続きます。

コミカルな描写も多いのですが、基本的にはシビアな男の世界が描かれています。アウトロー達が多く登場するこの作品で、繁華街の裏事情を知ることができます。

そして真虎の使い方が非常にいい。真虎っていったい・・・と思いながら最終話まで目が離せませんよ!オススメです!

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が綾野剛はまり役!新宿スワンのレンタル料金と見どころと感想まででした。

あまりの人気に映画では新宿スワン2の製作が決まりました。ということはそれだけ見る価値がある映画でありコミックであるといえるのではないでしょうか。

3までいけばまさに鉄板映画と言えるでしょう。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket