途中からハマる「天」天和通りの快男児のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

タイトルを見るとなんの漫画かわからないと思いますが、最初はお助けマン的要素が詰まった内容です。そして読んでいくと息詰まる麻雀漫画へと変化していきます。

あのアカギとの対決も見もので、結果を書くとネタバレになるので、ここでは伏せますがきっとハラハラドキドキすることでしょう。福本先生の売れるきっかけとなった、「天」天和通りの快男児は、麻雀好きなら必見の作品と言えます。

コミック料金比較

天 天和通りの快男児
ここでは、福本先生のファンなら押さえておきたい「天」天和通りの快男児のコミック利用した際の料金から、見どころなどを紹介していきます。

話の中にでてくる何人かのキャラクターが、のちの主人公となってまた違うストーリーで連載されてきたので、それぞれの登場人物も要チェックです。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全部で18巻で惜しまれながら完結した「天」天和通りの快男児ですが、ここではレンタルした場合の金額を計算してみました。

差はわずかですが、ツタヤディスカスが最安値を打ち出しました。10冊未満のレンタルだと送料が600円かかってしまうので、一気読みで利用していきましょう。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

「天 天和通りの快男児」は、1989年から2002年まで「近代麻雀ゴールド」で連載されていた麻雀漫画です。

この漫画に登場する天才博徒、赤木しげるを主人公とした「アカギ ~闇に降り立った天才~」および、井川ひろゆきを主人公とした「HERO -逆境の闘牌-」などのスピンオフ作品も人気となっています。

理詰めの麻雀を得意としていた井川ひろゆきは、ある日、型破りで粘り強い打ち筋で弱者を救い強者に勝つ男、天貴史と出会います。

スポンサーリンク

最初は人情ものですが、徐々に麻雀の戦略ものへ移行、特殊ルールを交えた変則麻雀勝負を経て、最終的には死生観を語る哲学的な漫画へと変遷していく様が面白い作品でした。

見どころ

ひとつひとつの麻雀勝負が面白いのは言うまでもないのですが、やはりこの漫画一番の見どころは、各キャラクターが勝負事に対して持っている信念と矜持だと思います。

主人公、天貴史は、ギャンブルに負けて多大な借金を負ってしまった一般の人々の代打ちとして麻雀勝負に挑むことが多かったのですが、負け続けて相手を油断させたところでイカサマを実行し、必ず天和九蓮宝燈で上がるというスタンスを貫いていました。

天和九蓮宝燈を上がる確率は500億分の1程度とのこと、イカサマなしではおそらく生涯上がることなどない手といえます。

つまり、誰から見ても間違いなくイカサマとわかる手で敢えて上がったうえで、対戦相手に殴られて勝負を終えることを信条としていました。

イカサマをしたのだからきちんと制裁は受けるけど、依頼人のために絶対に勝つという信念に基づいた行動です。

他のキャラクターにもそれぞれの信条があり、その心意気が面白い作品でした。

感想

最初から読んでみると絵的にも面白くなかった、この「天」天和通りの快男児ですが徐々に面白さが増してきます。

最初の一巻でやめてしまう人も多いかもしれませんが、とにかく5巻までは読んでみてください。

麻雀漫画でありながら、麻雀勝負よりも長く描かれ、印象的だったのが赤木しげるが語る死生観、人生観でした。

コミックのほぼ後半全てを費やし、麻雀は打たず、ただ天才が訥々と哲学的な話をするのみ。主人公のはずの天の出番もほとんどなく、赤木しげるの独壇場です。

麻雀漫画でよくこんな連載が許されたなと思うのですが、それでもとても面白いのだからたいしたものです。

赤木が語る信念は、凡人が真似をしたら破滅しそうな類のものではありましたが、たった一度の人生、周りの目を気にして普通、正常であることを目指して終わってしまっていいのか、という意味の問いには考えさせられるものがありました。

コミックレンタル

まとめ

matom
以上が途中からハマる「天」天和通りの快男児のレンタル料金と見どころと感想まででした。

最初は古臭さを感じるストーリーですが、徐々に面白くなる展開がやはり見逃せません。福本先生の感覚はこの天で開花したといっても過言ではないでしょう。

福本伸行先生のその他作品は

  • アカギ
  • 無頼伝 涯
  • 賭博黙示録カイジ
  • 銀と金

など。カイジなどは映画にもなった人気作品です。私はすべて読みましたので、福本先生の作品を面白いと思った人は、しらみつぶしに制覇してみてください。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket