映画で話題沸騰テルマエ・ロマエのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

映画で話題爆発したテルマエ・ロマエは、主演阿部寛さんの濃いキャラクターがぴったりで、原作を知るファンならばまさにはまり役とうなったのではないでしょうか。

ここではそのテルマエ・ロマエの見どころと感想を利用金額の比較とともに紹介していきますので、参考にしてみてください。

DVD・コミック料金比較

テルマエ・ロマエ

DVDは単行本では出ていないのですが、阿部寛さんの映画で借りることが可能です。上戸彩さんや竹内力さんなど豪華共演者も魅力の一つと言えます。

まずは定額で借りた際の各社の金額を比較してみました。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全部で6巻でているテルマエ・ロマエを単行本で読む場合ネット利用したらどれくらい金額がかかるか比較してみました。

少数レンタルなら送料がかからないレンタが圧倒的に安く借りれます。返却も自動で行われるので、特に延滞料金を気にすることもありませんからね。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

スポンサーリンク

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

この作品は古代ローマを舞台に始まる。主人公はルシウスという浴場の設計技師であるが、性格が頑固一徹なためか仕事にあぶれ、妻には離婚されてしまっている。

困り果てた状態にあるルシウスが、ある日浴場の湯の中に排水溝のようなものがあるのを見つけ、不思議に思って近づくと中に吸い込まれ気を失ってしまう。

気づくと現代の日本の浴場におり、まわりには平たい顔を人間たちがいるのだった。タイムスリップしたわけだが、ルシウスは同時代の別の文明に移動してしまったと考えた。そこで見た浴場のアイデアは専門技師である彼を大きく触発する。

元の時代に戻ることができたルシウスは、後ろめたさを感じながらもアイデアをそのままローマの浴場に持ち込み、大評判となるのだった。それ以後同じようなタイムスリップがくりかえされることになる。

見どころ

この漫画は大きく分けると2つの部分になる。前半はローマ皇帝ハドリアヌスとルシウスのかかわりであり、後半は小達さつき(おだてさつき)という現代日本の女性とルシウスのかかわりである。

ハドリアヌスは実在した皇帝であり、本作品の中で史実に対してどのような扱い方をしているかは興味深い。

ルシウスという職人気質の古代ローマ人が現代日本の浴場の設備を目にしたときの解釈とハドリアヌスがそれをどう判断するかが見どころといえる。後半から登場するさつきという女性はローマオタクで何ヶ国語も習得している才女であり、かつ舞妓の仕事もするという美女である。

読者はさつきの行動から目が離せなくなるだろう。作品の中のいたるところでルシウスの頑固さがユーモラスに表現されていくが、そんな彼とさつきの不器用な恋愛事情も注目点である。

感想

古代の外国が舞台ということでカタカナの名前がたくさん出てくるが、主人公とハドリアヌスがストーリーを作っていくことを頭においておけば話の筋を見失うことはないだろう。

登場する古代ローマ人たちが自分のよく知っている日本人たちとあまり変わらなく感じながら読めるのは楽しい。とくにルシウスの頑固一徹な職人気質というのは日本の職人さんそのものではないのだろうか。

この作品は映画化されてイタリアでも上演されたと聞くが、翻訳されたものも受け入れられたとすれば、非常に興味深いことだ。さつきが登場してからは推理小説を読むような楽しみも加わった。

話の展開のテンボが良いのはひとつひとつのエピソードが濃縮されているからだろう。本作の作者もさつきのような才女かもと想像してしまう。

コミックレンタル

まとめ

matom
以上が映画で話題沸騰テルマエ・ロマエのレンタル料金と見どころと感想まででした。

日本人離れした阿部寛さんのキャラは、まさにこの映画にはぴったりと言えます。単行本を全巻読破して映画を見れば、その面白さは倍増するでしょう。

作者のヤマザキ マリ先生のその他作品は

  • アジアで花咲け!なでしこたち
  • スティーブ・ジョブズ
  • プリニウス
  • 3月のライオン

など、まだまだ魅力ある作品だらけなので、これを機会に色々読んでみてください。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket