グルメマンガの異彩!少年ジャンプ連載のトリコのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

トリコは少年ジャンプ連載のグルメマンガですが、今までとは全く違うグルメマンガと言えます。

平和的なストーリーで日常生活が普通のグルメマンガと違い、様々なモンスターを倒してその美味を味わうという、斬新なストーリーが爆発的な人気を誇っています。

ここではそれだけ人気がある「トリコ」のレンタルした場合の料金比較をここでは紹介していきますので、参考にしてください。

コミック料金比較

toriko
まずはコミックのレンタル料金を比べてみました。38巻以上発売されていて、まだ連載は続いていますから早めに1巻から読んでストーリーに追いつきましょう。

電子書籍/コミック料金/まとめ借り期間延滞料金送料
DMMコミック50円か85円
10冊時1,340円
25冊未満14泊/15日
25冊以上20泊/21日
1日25円840円
TSUTAYA DISCAS
90円

10冊時900円
20泊21日1日50円10冊未満600円
10冊以上で無料
Renta100円~

10冊時1,000円
48時間~0円0円
ゲオコミック124円

10冊時1,240円
14日間1日24円0円

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

とりあえず35巻一気に借りる場合の価格計算をしてみました。大人借りしたい人はここを参考にしてください。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが一押しです。その他電子書籍ストアを見てみたい人は、下記を参考にしてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

人気少年誌であるジャンプで連載されている「トリコ」。作者は島袋光年さん。

単行本の表表紙のそで部分には、島袋光年さんのダイエット話や近況報告など、島袋光年さんの様子が覗けるので、漫画家としての島袋光年さんだけでなく、日常生活が分かるのも面白い。

この作品の主人公はトリコという”美食屋”が食材を求めて、後にコンビになる小松という料理人とともに旅をするストーリー。

スポンサーリンク

美食屋とは、依頼された食材を捕獲しに行く仕事をする人のことだ。このストーリーは”グルメ時代”という、わたしたちが存在している世界の規模が大きくなったその上に、過酷でもあり、穏やかでもある世界が描かれている。

何と言っても「食べることが最高の幸福」であるという概念が中心だ。作品の中には現実にはないアイディア満載の食材が数多く登場する。

作者が考えたものも多くあるが、読者が考えたものもあり、それは実にユニークなものばかりだ。時には食材がただ食べるだけのものではなく敵になることもある。

旅を進むにつれて、簡単には超えることの出来ない壁や、敵も現れる。だいたいの悪と戦う者は正義のためや、守りたいもののために戦う。

もちろん、トリコにもそういうシーンがあるが、このストーリーの面白いところは、食欲のために戦うシーンもあるところだ。

見どころ

このストーリーで見どころだと思うところは、ベジタブルスカイという天空の野菜畑に向かうシーンだ。野菜の楽園、目的地はとても魅力的なところだが着くまでは困難ばかりなのだ。

トリコのように特異体質であっても適応することが難しい環境で、小松を背負いながらゴールを目指す。2人の間に生まれていく絆のような温かいものがとても印象的だ。

攻略が厳しい場所で、お互いを信じ合う熱い部分にも感動がある。もちろん、その後2人はベジタブルスカイにて、野菜を堪能するのだが、そのシーンは読んでみないと分からない良さがある。何ともこう、本を読んでいるのに腹が減る。

感想

この作品は今の時代において、とても画期的なものだとわたしは思っている。好き嫌いの多い現代の子供たちには持ってこいだ。

なぜなら、この作品の中に出てくる食べ物はとてつもなく食をそそる。あんなに食べ物を食べたくなるような描き方をする漫画家が他にいるであろうか。

いや、いるわけがない。あんなにキラキラした世界観は島袋光年さんにしか描けない。咀嚼音1つとっても、素晴らしいと思う。音のない漫画の世界であんなに想像力を掻き立てる書き方は素敵すぎるのだ。
コミックレンタル

まとめ

matome
以上がグルメマンガの異彩!!少年ジャンプ連載のトリコのレンタル料金でした。

島袋光年先生のその他作品は

  • 世紀末リーダー伝たけし!
  • RING
  • エリヤ

など。独特の世界観を持つ島袋光年先生の作品を見逃さないよう要チェックです。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket