ここがポイント!見落としがちなお色直しのウエディングドレスの選び方

スポンサーリンク

女性にとって人生の最大イベントと言ってもおかしくない、ウエディングドレスといえば純白…を一番に思い浮かべるでしょうか?

でも披露宴ではお色直しでカラードレスを着る新婦がほとんどではないでしょうか。そこで、お色直しで着るドレスはどう選んだらいいのかをご紹介します。

レンタルするか購入するか悩むところですが、メインのドレス以外はやっぱり借りる方が断然お得です。

お色直しはレンタルが基本

ドレス
すべてのドレスを買うには費用が随分とかさんでしまうので、できることならメイン以外はレンタルでカバーしていきましょう。

式場で借りるとセット価格とはいえ決して安くありません。なので持ち込みができるか相談しながら、下記で借りて節約するのがおすすめです。

それではここからは、式場で働いた経験者が語るドレス選びのポイントを紹介していきます。

結婚式とはガラリと雰囲気を変える

式もしくは披露宴最初に着る、いわゆる純白のウエディングドレスとは、カラーやデザインをガラリと変えることによって、全然違う雰囲気を楽しむことができます。

たとえば最初がプリンセスラインだったらマーメイドラインやミニドレス、ふんわりとフリルたっぷりのガーリーなドレスだったらレースをあしらったセクシーなドレスなどを選ぶと、雰囲気が変わるのはもちろん花嫁の印象も大きく変わってきます。

ドレスのラインやスカート丈、トップの形などが全然違うタイプのドレスを選んでみてください。1着目と2着目以降の雰囲気をガラリと変えると、参列者も楽しめますしいろんな演出の幅が広がります。

結婚式から披露宴までトータルでのテーマを決めておいて、演出に合わせてドレスタイプを変えてみるというのも素敵な式になります。

会場に合わせた雰囲気

式場
結婚式で着るドレスは神聖で新婦をキレイに見せてくれるドレスが多いでしょう。でも、披露宴で着るドレスは会場の雰囲気に合ったものを選ぶと、会場・演出との一体感が出ます。

たとえば花や緑を多く使った会場であれば、ドレスにも花モチーフをあしらったものや落ち着いたパステルカラーのドレスを選ぶことをオススメします。

スポンサーリンク

たとえばガーデンパーティの雰囲気がある会場であれば、活発的な印象を与える明るいカラーや動きやすいミニドレスはいかがでしょうか。
会場もドレスも全体的なバランスが大切です。

なりたい印象別のカラー

2着目のドレスにはカラードレスを選択する新婦が多いと思いますが、選ぶカラーによって印象は全然違ってきます。どんなカラーがどんな雰囲気になるのかを知っておくことで、なりたい印象に合うカラーを選ぶことができます。

可愛らしい雰囲気を出したいのであれば、ピンクや淡い赤がオススメです。女性らしい雰囲気も出ますし、20代以下の新婦や色白な新婦にオススメです。

元気で明るい雰囲気を出したいのであれば、オレンジや明るい黄色がオススメです。パステルカラーにすると優しい雰囲気、ビビッドカラーにすると活発で元気な雰囲気になります。

大人っぽさを出したいのであれば、黒や深い紫がオススメです。ダークカラーにワンポイントで黒が入っているドレスも大人っぽくセクシーに決まります。

カラードレスは装飾も豪華に!

バージンロード
ウエディングドレスといえばあまり派手ではないものを、というイメージですが、披露宴で着るカラードレスはそんなことありません。リボンや花、スパンコールなどの装飾品をつけて豪華に演出しても構わないのです。

たとえば、スカート部分に花モチーフを散りばてあったり、胸元にスパンコールやパールなどをあしらってあったりすると華やかになります。

披露宴は多くの人にしっかりとドレスを見てもらえるシーンなので、誰よりも目立つような印象深いドレスを選んでみてください。

ベールも変えよう

ベールは結婚式のときだけで披露宴には必要ない、と思っていませんか?

実は女性がベールをかぶるときというのは結婚式だけ、という人がほとんどです。ということは、披露宴でもベールをかぶらないともったいないんです。

もちろん、結婚式で使用するロングベールは披露宴では使いづらいのでNGですが、ショートベールやポイントベールはOKなんです。

カラードレスに合ったカラー、ドレスのデザインに合わせた丈やデザイン、サイズのベールを選んでみてください。

二次会専用のドレス専門店ならここがおすすめです。


まとめ

以上がここがポイント!見落としがちなお色直しのウエディングドレスの選び方でした。一生に一度の最高のおめかしであるウェディングドレスですが、うまくレンタルなどを活用することで、指輪や旅行などにもしっかりお金をかけてみましょう。

後は思い出にしっかり残るよう演出などを、打ち合わせで決めておきましょう。二次会や引き出物などの予算取りもしっかり忘れないようにしてください。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket