4コマストーリーのゆゆ式のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

三上小又先生が描くゆゆ式は、個性的なキャラクターが売り物のゆずこと唯と縁のゆとり漫画の代名詞ともいえる作品です。

こんなゆるゆる漫画でもアニメ化が決定するほどの人気ですから、ここで紹介する見どころと感想などをチェックして一度読んでみてはいかがでしょうか。

DVD・コミック料金比較

ゆゆ式
DVDで、そのゆるさと面白さをチェックしてみるのもいいでしょうから、ここでは定額料金のDVDプランを書いてみましたので、借りてみたい人は要チェックです。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

まだ8巻しか発売されていませんので、本気をだせば一日で読破できそうです。なのでネット宅配などを利用した場合の金額をここでは掲載してみました。

どこも僅差ですが、電子貸本のレンタが最もコストパフォーマンスの良い結果となりました。

スマホやタブレットなど電子媒体で読むタイプなので、漫画は手に取って読みたい人向けではないでしょう。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

概要

ゆゆ式は数多くの日常系漫画がアニメ化している、まんがタイムきららの連載作品です。

ゆずこ、縁、唯の女子高生3人組と周囲が織りなす、ゆるいけど楽しく不思議な日常が読者をとりこにします。ゆゆ式のお話は基本的に3人の学校生活が中心に描かれています。学校生活以外の場面で多く描かれているのが、3人の溜まり場である、ゆいちゃんの部屋やお家です。

ゆゆ式のお話は基本的に言葉のテンポで進んでいきます。特にゆずこのギャグは言葉の響き重視のギャグが多く、読んでいるだけで色々な言葉を知ることができます。

見どころ

ゆゆ式の見所は日常系漫画好きにはたまらないものばかりです。唯ちゃん大好きなゆずこと縁ちゃんのテンポのいいやりとりは沢山の神語を生み出しています。

「なんちゃってつっちゃった」「死なない死なない」「パン人間」「鬼かわいい」など挙げればきりがありません。また、唯ちゃんのことが好きな相川さんと相川さんが大好きな岡野さんの関係はなかなか懐かしい雰囲気です。

また、ゆずこと相川さん、縁ちゃんとふみよちゃん、唯ちゃんと岡野さんの新たな組み合わせも見所です。

感想

ゆゆ式は日常系漫画の金字塔です。まんがタイムきららの作品をアニメ化する際、最もネックとなることは、1話の短さです。4コマ漫画特有のこの特徴は1話を作る際、一度失敗してしまうとシリーズ構成が散らかってしまい2期制作にも影響します。

ちなみに、ゆゆ式の前作であるあっちこっちでは、1作品中で2回もバレンタインネタが取り上げられています。ゆゆ式にこのようなことがないのはまさに、シリーズ構成担当の腕の良さと言えるでしょう。

ギャグ混じりだけど、変に真面目なゆずこ、のんびりしていてマイペースなお嬢様のゆかりちゃんとしっかりツッコミ役を務めるも、壊れると侍になっちゃう唯ちゃんのキャラクターにしっくり馴染むキャラクターはそう沢山はいません。

そんな中で、合わせることのできるキャラクターはやはりあいちゃん、ふみちゃん、けいの3人組でしょう。これからの3対3のコラボレーションが増えることに期待したいです。

また、海の話のような3人で過ごす夏休みや休日の話がもっと増えることに期待したいです。あっちこっちの際も夏休みの旅行回では、ひざまくら、花火、バーベキューなどのイベントが満載で、人気になりました。

ゆゆ式のような日常系漫画の場合イベントは中々描かれにくいものですが、4コマ漫画という最もアニメにしにくい作品が作品となっていることからも、漫画の話の作り方によっては、どんな話にもなれる可能性を秘めているのが、ゆゆ式という作品だと思いました。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が4コマストーリーのゆゆ式のレンタル料金と見どころと感想まででした。

ちなみに「ゆゆしき」とはどういう意味なのか調べてみたら、由々しいという意味では、そのままにしておくととんでもないことが起きるとか・・・

こんな不思議なタイトルをつける三上小又先生は、まさにかなりのハイセンスと言えるでしょう。

スポンサーリンク
シェアお願いいたします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket