amazonとローソンが荷物受取システムを提携。気になる問題点をピックアップ

スポンサーリンク

自宅にいるのは夜遅くなので・・・

こんな思いで商品を購入するのをためらったり、
止めた苦い経験はありませんか?

AMZONの商品をついにコンビニで受け取れる

仕事が遅い、宅配の時間が都合でどうしても合わないという人が
年々増えていることから、

ついに大手コンビニのローソンが、コンビニでうけとれる
システムを導入する事を決定しました。


考えられる問題点

早速ですが、この場合の問題点を勝手にピックアップ!

  1. 大型商品はどうするの?
  2. 生ものの取扱いは大丈夫なの?
  3. 取りに来なかったらお店が困るのでは?
  4. 返品はローソンでできるの?
  5. ローソンが近くにありません・・・

などなど、皆が思っている素朴な疑問を並べてみました。


1の大型商品は、どう扱うのでしょうかね。置き場にも困るし
何日も取りに来なかったら、本当に迷惑ですよね。


また購入者の悪知恵で、すぐには要らないけど置き場に困るから
とりあえずローソンに置いておこう。

などなど、様々な問題点があると思います。


2などはいつぞや、どこかの宅配業者がクール便の扱いの
ずさんさを内部告発でばらされていました。


ああいったニュースを見るとまったく信用できないと思いますが
いかがなものでしょう。

スポンサーリンク

ましてやお互いがグループ会社でもなく、またコンビニオーナーも
個人経営者が多いわけですから、とても意思疎通がうまくいくとは
思えません。

今後のトラブルや苦情が増えそうですね。


3が一番の問題で、実際取りに来ない人は多いと思います。

私も小売業で働いていましたが、お金をもらっているのに取りに来ない。
電話して、とりに行きます。と答えてくれたのにやっぱり来ない。

とてもよくあるトラブルで、結局期間を決めて捨てていました。


実際物が増えると置き場の問題も出てくるので、特に注文が多そうな
首都圏などでは、この問題は深刻化しそうですね。


4返品はローソンでできるかどうか。

基本できないと思いますが、どうなるでしょうか。
取りに行くのが便利な分、持っていくのにも便利な点がありますよね。


案外これが狙いでサービスを始めたのかも・・・

運賃をもらっていくらか手数料を受け取るつもりでしょうから
この売り上げを見越して、提携を結んだのかもしれませんね。

もちろん、そのあとのお店のついで買いも計算に入れているでしょう。


5はまあ、問題外のお話でした。
関西圏で強いローソンですが、私の住んでいる中国圏では、ほぼみかけない
ローソンなので、縁がない地域もいっぱいありそうですね。


後はローソンがインフラ整備をこれからどこまで強化するかでしょう。

スポンサーリンク



厳選記事

今や本は電子媒体となり、場所をとる事もなく借りても返す手間がなくなり、コミックレンタル(漫画)よりはるかに人気の媒体となってきました。

ネットで利用できる宅配大手3社で安心なところばかり集めてみました。スポットレンタルでの金額も掲載しているので、どちらを選べばよいか分かりやす…

スポンサーリンク


広告