レスリングブームを予見したアニマル1のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

川崎のぼる先生が描くアニマル1は、テレビアニメ化もされた人気作品です。ここではそのアニマル1の見どころなどを紹介していきます。

テーマはレスリングと今では吉田沙保里さんなどがレスリングブームに火を付けた時代ですが、当時の状況を考えるとマイナーなスポーツだったことから、レスリングをこの作品で初めて知った人も多いのではないでしょうか。

コミック料金比較

アニマル1
アニメで人気が出たアニマル1ですが、作品が古いのでDVDは発売されていません。ビデオと言ったほうが良いのかもしれませんね。

どちらにしろ本作品を知るには、コミックでしかその面白さを味わえないのが現状と言えます。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全巻で4冊しか出ていないアニマル1ですが、ネットで4冊借りた場合の金額を計算してみました。数が少ないので一気読みできる作品ですから、安いところで利用してみてはいかがでしょうか。

4冊利用でお得なのは1冊100円のレンタです。送料要らず、延滞料要らずのレンタは最近CMでも見かけるようになった大手企業なので、安心して利用できるでしょう。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

この漫画の主人公は東一郎(あずま・いちろう)という中学生である。母親はすでになくなっており、父親と6人の兄弟とともに船の上で暮らしていたが、ある日東京の中学校に転校してきた。

スポンサーリンク

転校当日、なぜか暴れ牛が学校に乱入してくるのだが、一郎はその牛を打ち負かしてしまう。そのため、一郎はいきなり学校中の人気者となり、スポーツ部からは誘いが絶えなくなる。

そんなスポーツ部のスカウトの中でも一番弱そうだったのがレスリング部の山彦正(やまびこ・ただし)であった。ところが、ちからじまんの一郎が山彦と勝負したところ、山彦がかんたんに一郎を負かしてしまったのである。

おどろいた一郎はレスリングに興味を持ち入部する。そして、メキシコオリンピックをめざしてきびしい練習にとりくむことになるのだった。

本作品は原作者がおり、梶原一騎である。絵は川崎のぼるであり、このコンビは同時期に『巨人の星』も連載していた。アニメ化もされており、主題歌はのちに紅白歌合戦にも出場した実力派歌手の朱里エイコが歌っているという貴重なものである。

見どころ

この漫画の大きな見どころは、梶原一騎原作のスポーツものということで、必殺技がかずかず登場してくるところである。絵を担当している川崎のぼるはレスリングにしろ野球にしろもともとスポーツに興味をもっていないというのが驚きの表現力だ。

川崎の絵には独特の表情があり、かつその表情の豊かさにも目を見張るものがある。シリアスな表情をもつ人物たちの中にギャグ調の人物を混在させても違和感がない。

また、緻密にかいている部分があるかと思えば、たくみにデフォルメさせたキャラクターを入れてくるという、実に器用な漫画家なのである。

川崎がギャグ漫画に開眼したのは本作品執筆中のことであり、その経緯を体験するというのも一興なのだ。主人公の一郎の兄弟が多いという設定は、のちの『てんとう虫の歌』にもひきつがれている。

感想

この作品を読んでまず感じることは、アマチュア・レスリングというけっしてポピュラーとはいいがたいテーマでよくぞここまで完成させたものだということである。

川崎のぼるの漫画ファンにとっては、他作品のさまざまな要素を含んでいる主人公にはたまらない魅力を感じることだろう。

主人公の設定に限らず、貧しいながら大家族が仲良く暮らしているという設定は作者の人生観が伝わってくるようである。『巨人の星』の左門もまた兄弟が多い。そしてナナ子のようなまだ幼い女の子が母親がわりをするという設定も似ているのが興味深いのである。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が、レスリングブームを予見したアニマル1のレンタル料金と見どころと感想まででした。

アニメが見れないのはファンとしては残念ですが、古き良き時代のいい作品は何年たっても色あせないものです。後世に伝えるには買うかレンタルでその魅力を教えていきたいものですね。

ちなみに川崎のぼる先生はあの巨人の星も描いています。主人公の画風を見て、ピンと来られた方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク