銀行で混雑する給料日のATM対策を考えてみた!

スポンサーリンク

毎月15日や25日、月末などの世間で言われる給料日になると、やたら混雑する銀行のATMコーナー。

もう少し銀行側も工夫してはどうなのかと思う。


忙しい銀行になると、案内係か説明係か知らないが、ATMの近くに立っている人がいるが、あんな人も上手に使えば、並んでいる客のイライラも解消されると思う。

銀行のATMの忙しいときはこう変えてくれ!

atm

人間など使い方次第だが、使い方を知らないと客にストレスを与えるだけだ。


混雑時にイライラしてATMを待っているときに、特にボケっと立っているあの姿。もう少し気配りを教えるなど教育をしてほしいと思う。

例えば声掛けをするなど。


「振り込みの方は混雑していますので、お早目にお願いします」

など、この声ひとつで待っている人間のストレスは緩和されるのがわからないのだろうか?

立っているだけの姿を見ると人間は余計にストレスを感じるのだ。


一応ATMの張り紙に混雑時は、おひとり様5件までと書いているが、あれも守っているのかどうか怪しいものだし、5件も振込すればさらに混むだけの何の意味もない記述である。

スポンサーリンク

こちらは10秒で終わる通帳記帳やお金をおろすだけなのにとにかく待たされる。

ATMコーナーに分別を付ける

気の利かない銀行に知恵を貸そう。

ATMが3台以上あるところは、もう少し知恵を絞って欲しい。なので私が知恵を貸す事にした。


頭取でも誰でもよいのでこの方法を採用してください。要するに3台以上ATMがあれば1台は引き落とし用、残りは振込用とすればよいのである。

よく銀行に行くと行列対策のパーテーションがあるから、そこに看板でも立てて
表示すればよいのだ。


「1番は引き落としのみ。2番3番は振込可能など。」

そうする事で、振込しないただのお金をおろしたい人たちのストレスも緩和されるし振込で待っている人は、どうせ自分も待たせるのだからと思っているからそんなにストレスは感じないだろう。


そして質問がなければボケっと突っ立っている案内係が、混雑具合を見て、今ならすいているのでこちらもどうぞ!などの判断をすればよいのだ。

毎月数回の混雑時の工夫は、こうしてほしいと思う今日この頃。


できれば採用してほしいが、銀行はみな経営が違うのでこのシステムが実現するには、ニュースか何かでとりあげられないと難しいであろう。

スポンサーリンク



厳選記事

今や本は電子媒体となり、場所をとる事もなく借りても返す手間がなくなり、コミックレンタル(漫画)よりはるかに人気の媒体となってきました。

ネットで利用できる宅配大手3社で安心なところばかり集めてみました。スポットレンタルでの金額も掲載しているので、どちらを選べばよいか分かりやす…

スポンサーリンク


広告