手塚治虫作品のバンパイヤのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

手塚治虫先生が描くバンパイヤは、正義ものシリーズが多い手塚先生の作品の中でも異彩を放つ人間への復讐を描くSF作品です。

手塚先生自身が本作品に登場するなど、話題に事欠かないバンパイヤですが、ここではその見どころなどを紹介していきます。

コミック料金比較

バンパイヤ
バンパイアは残念ながらDVDで発売はされていますが、レンタルはできません。なので単行本でその魅力を知ってみてください。

そういえばバンパイアとドラキュラという言い方は何故2通りあるのでしょうか。調べたらバンパイアは血だけでなく人間の精気を吸う怪物だということです。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

バンパイアは全部で4巻完結です。4巻借りるとどれくらい金額がかかるでしょうか。

インターネット時代ですからネットでの利用を計算してみました。4冊借りるのに自宅に居ながら借りれるのなら、とても便利ですからね。

と、100円レンタルのレンタが圧勝と言う形となりました。何冊借りても送料はかからない電子データで読むタイプですから、まさに延滞も発生しないのが特徴的と言えます。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

この漫画の主人公立花特平(トッペイ)は木曽の山奥の村に住む夜泣き一族の少年である。夜泣き一族は狼に変身する吸血鬼(バンパイヤ)の集団だった。

トッペイは母と弟の3人家族で生活していたが、行方不明の父親を探すために東京に出てきた。仕事もしなくてはならなかったが、アニメーターを志望していたことから手塚治虫(この作品の作者本人)の虫プロダクションで働くことになる。

スポンサーリンク

しかし、しばらくすると手塚はトッペイがバンパイヤであることに気づいてしまう。手塚が相談をもちかけた超常現象の研究家である熱海教授は、トッペイを無理やり変身させてみせた。そのため狼男に変身したトッペイに追いかけられ崖から転落死する。

その光景を偶然目撃し、バンパイヤ一族の存在を知った間久部緑郎(通称ロック)はトッペイを利用して世界征服を実現しようと考えるのだった。

見どころ

この漫画の大きな特徴は、作者の手塚治虫が主要な登場人物として作品の中で動き回ることである。さらにはトッペイが虫プロダクションで働くという設定のため、作者の仕事現場が披露される。

のちに実写版のドラマが放映されたときには、特撮によるアニメと実写の合成や、実際に映し出される虫プロダクションの仕事現場とスタッフたちの映像、主人公のトッペイ役は水谷豊(デビュー作)といった今となっては大変貴重な作品となっている。

また、突然登場してくるロックについては3人の占い師の予言や本名(間久部)の設定は、作者自身も誌上で述べているがマクベスをもとにしている。

この作品が連載された当時は虫プロダクションの経営が冬の時代をむかえたといわれており、苦境を乗り越えようとする作者の底力を感じさせる意気込みが伝わってくる。

感想

この漫画を読んで印象に残ったのはバンパイヤの変身に関する話である。狼に変身したりバンパイヤであること自体は、圧倒的に普通の人間よりまさっているはずなのだ。

にもかかわらず、丸いものにはなんにでも反応して変身してしまうまるでギャグ漫画のような展開やロックひとりにふりまわされる狼一族に対して同情せざるを得なかった。

しかし、それと同時に必死になって反撃しようとするトッペイたちに声援を送り続けて読んだのである。トッペイの側から読んでもロックの側から読んでも、ストーリーが強い生命力を感じさせるという便利な構造にもなっている。

作者の人生観がそのままのりうつったような作品の力はどの年代の方にも伝わるはずだ。その傾向は続いて執筆された『どろろ』にもひきつがれている。
コミックレンタル

まとめ

matom

以上が手塚治虫作品のバンパイヤのレンタル料金と見どころと感想まででした。手塚治虫先生の作品でその他読んでほしいのは

  • 鉄腕アトム
  • ブラックジャック
  • 海のトリトン
  • ジャングル大帝レオ
  • ブッダ
  • どろろ

など数えきれない程の名作ぞろいですから、手塚ワールドを制覇するのを夢見て全作品を鑑賞してみてください。

スポンサーリンク