亀梨和也主演の妖怪人間べムのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

闇に隠れて生きるというフレーズが有名な妖怪人間べムは、怖い図柄にも関わらず、アニメ化やドラマ化されるなど一昔前の非常に人気があった漫画です。

ドラマ化されたのは、アニメ化から40年近く経ってからの作品ですから、その根強い人気ぶりが伝わってくるのではないでしょうか。

それだけ時を経ても面白い作品ですから、その魅力を知らない人は原作をぜひ読んで欲しいものです。

DVD・コミック料金比較

妖怪人間べム
アニメDVDでは5作品、ドラマでも5作品借りれますからどちらも鑑賞してみたい人は、ネット宅配の定額プランを利用してみましょう。

主演の亀梨和也さんの演技にも非常に注目です。またハリウッド男優の渡辺謙さんの娘、杏さんも妖怪役で出演していますから、メンバー的にもかなり豪華と言えます。

レンタル会社DMMレンタルツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金1,555円1,833円1,860円
繰越最大8枚最大8枚最大8枚
上限枚数8枚8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料無料無料無料
その他プラン月4枚で907円月4枚で933円月4枚で900円
借り放題1,833円1,833円からなし
公式サイトDMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ
ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

アニメのほうがインパクトが強いので、単行本の数を調べたら何と1冊しか出ていませんでした。

貸しているところも少ないですが、ここでは漫画1冊借りるのにネットで利用したらどこがお得なのか計算してみました。

漫画一冊借りるのに買ったほうが安い企業が2社出てきましたが、これは送料の影響なので、数を増やすとまた違った結果になるので、1冊時はレンタがお得ということが分かってきます。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

この漫画の主人公はペム、ペラ、ペロという名の3人の妖怪人間たちである。誰かは明かされないが、人間を作り出そうとする者の実験過程で生まれた人造人間が妖怪人間なのだ。

ベムは通常中年男性、ベラは通常若い女性、ペロは通常小学生くらいの男の子である。

彼らは普段は人間のように見えるが、敵の妖怪などと戦うときは本当の姿にもどる。形式は一話完結型だ。連載当時は妖怪ブームの真っ最中であり、他の漫画家の作品には『怪物くん』や『バンパイヤ』、テレビでは怪奇大作戦などが話題になっていた。

ちなみに放送開始が『ゲゲゲの鬼太郎』と同年である。本作品はアニメに遅れて漫画となっており、1968からと2006年からの2度連載された。

また、1993には続編『妖怪人間ベムRETURNNS』が連載され、2011年には実写版も放送されている。

見どころ

この漫画の大きな見どころは、妖怪人間たちのもつ超能力である。3人とも高速移動、とくに瞬間移動ができ、妖術によって相手を幻想の中におとしいれることができる。

鬼太郎の妖怪アンテナのように、妖怪の存在をキャッチすることも可能だ。個別の超能力もみどころとしては、ペラのもつ冷凍光線や雷を呼ぶというものがあり、これらはいずれも作中のクライマックスでの見せ場となっている。

舞台がどこの国なのかわからない、いわゆる無国籍風とよぶべき設定だが、雰囲気的には少し昔のヨーロッパのようであり作品の怖さをもりあげるのに非常に効果的である。

他の作品とくらべて怖さを強調しているが、ペロは行く先々で友だちを求めたり、助けたりといじらしい行動をとるので作品の幅が大きく広がっている。

感想

この作品はアニメが先行しているために、まずアニメをみたのであるが、アニメのベロの声をきいた瞬間に感動したことを覚えている。

その2年近く前に『鉄腕アトム』の放送が終了しており、リアルタイムのファンは心に大きな穴があいていたはずであった。そこに、突如アトムの声を担当していた清水マリの声がきこえたのである。

当時の子供たちはおどりあがってよろこんだにちがいない。ただし、同時期の多作品とくらぺてかなり怖い印象を持った。テーマソングにしても効果音楽がやや大人向けのものだったのだ。

数年前にアニメの一挙放送を見る機会があったが、動画の動き方についてはともかく、内容はいま見てもまったく古さを感じさせない完成度の高さに驚いた。

ホラー漫画ファンにはもちろんだが、どなたにもおすすめできる高品質の作品である。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が、亀梨和也主演の妖怪人間べムのレンタル料金と見どころと感想まででした。

ドラマを見るかアニメを見るか悩むところですが、とりあえずはアニメから見て、そのあとのドラマの出来栄えを見るのが、もっとも楽しめる鑑賞方法と言えるでしょう。