ポッシュヘアケアシャンプーNSの気になる魅力とおすすめの理由

スポンサーリンク

本物のノンシリコンシャンプーはこれです!ポッシュヘアケアシャンプーNSで、本当のノンシリコンを体験しよう!

近年、シリコンの入ったシャンプーで髪を洗うとヘアカラー剤が落ちやすいと言う事から、ノンシリコンのシャンプーが店頭でもよく見られるようになりました。

ヘアカラーの需要の高まりと共にノンシリコンの有用性が理解されてきたと言う感じです。ただ、未だに多くのシャンプーにはシリコンが使われていますが、それが絶対悪だとも言いきれません。

おすすめする理由

bosh
シリコン入りのシャンプーで洗うと、洗い上がりの髪はツルツルなめらかで理想の手触りになっていると思います。

それがシリコンの効果なのですが、それが無いと洗った気がしないと思う人が多いのも事実なのです。

しかし、シリコン入りのシャンプーで起こるのが、せっかく染めたヘアカラー剤の色落ちが早い事や頭皮にトラブルのある人には刺激を感じる場合がある事なのです。

そんなお悩みを解決して、更に、シリコン入りのシャンプーで洗ったよりももっと手触りよく洗い上げて仕上げてくれるシャンプーがあります。

それは、ポッシュ ヘアケアシャンプーNSです。

主な特徴

13種類にも及ぶ植物エキスと、頭皮の健康を守るスカルプケアに5種類の植物成分~など、ポッシュ ヘアケアシャンプーNSにはシリコンに負けない洗い上がりと潤いを実現する成分がたくさん使われているので、スッキリ洗えるのにしっとり仕上がってしかも乾いた後はボリュームがアップすると大人気です。

女性にも男性にも、年齢性別を問わず使える処方になっているので、当然赤ちゃんの髪にも使う事が出来ます。

また、シリコンの他の表示指定成分や石油系界面活性剤も使っていないので、今までのシャンプーが合わなかったり満足していなかった人にお勧めです。

ポッシュ ヘアケアシャンプーNSで、髪と地肌を健康にして理想の髪になりましょう。


ドラッグストアでよく売れていた市販のシャンプー商品の紹介です

ドラッグストアで売れていたのは、やはりCMの放送量といってもおかしくない商品ばかりです。見てガッカリしないでください。元ドラッグストア店長の勝手にランキングを見てください。

多少の誤差はご勘弁ください。

  • 第一位 LUX
  • 第二位 パンテーン
  • 第三位 TSUBAKI
  • 第四位 エッセンシャル
  • 第五位 メリット

まさにCMの放送量に比例しているかのごとくのランキングでした。


こっからは、独り言の冗談なので興味ある人だけ読んでください。

  • 一位のLUXはいつもCMのモデルが外国人です。髪質は日本人と一緒なの?といつも突っ込みをいれたくなっています。
  • 日本人は横文字が好きなので、漢字で書ける椿でさえアルファベットの名前を使用しています。
  • シャンプーのCMを見ていると、大体豪華女優陣が髪をなびかせていますが面白い事に、ほとんどの商品が、私が使っていますみたいな表現がありません。

商品名をつぶやくCMばかり・・・

スポンサーリンク

商品名○○○!みたいな


本当に使っているんでしょうか・・・ひねくれた見方ですいません。変な目線で見てしまうのはやはり、業界人だったからでしょう。ごめんなさい。

この記事を見て笑ってもらえたら光栄です。あくまでネタです。


追記 この記事を書いてからシャンプーCMがめっきり減ってしまいました。きっとこの記事を読んだのでしょう。

シャンプーの解析は批判が多すぎる。安い商品にもよいところはあるのです。

メーカーの戦略でシャンプーは、一定の価格帯で作られる

パソコン
色々なシャンプーの解析サイトやブログを見ると、シリコンはダメだとか、大手は危険なものを使いまくっているなどの意見が多く、すすめてくるのは、値段が高めのシャンプーが多いように見受けられます。

そりゃあある程度金額をだせば、よい商品の選択肢が増えてくるのは当たり前です。

これはどんな商品にもいえるでしょう。

安価な商品にも当然いいとこはあります。一番の売りは安い!ということです。

批判もよいですが、値段なりに頑張っているシャンプーも多くあるので、一概にダメだと決めつけるのはやめましょう。自分が使ってみて、ダメだと思った商品がダメな商品なので、人の意見は参考程度にしておきましょう。

大手メーカーだって、よい商品はコストをかければ当然生産可能です。

でもそれをしても、一部のコアなユーザーには受けがよいだけで、世間一般のユーザーに対しては、対費用効果でなかなか継続販売に結びつきません。


大手は売れる価格帯で販売

なのである一定の価格ラインで勝負をしてきます。販売の経験上、シャンプー本体は1,300円前後に限界を感じるかな?

このあたりを超えると、大きく目立つよう店舗で展示しても、ある程度の期間は売れても、価格面で継続販売は難しいと思いました。

ようするにロングセラーにはならないのです。

そうなるとメーカー側も開発費や販促費ばかりがかかり、販売が難しくなってくるので上記価格ラインを超えた商品を、あまりつくりたがらないのです。

なおかつ商品には大手になればなるほど、広告費がかかってきます。

この広告費が大きいため、よりよい商品を特別な配合で作るには、コストがかかってしまい、売れない値段設定をせざるを得なくなってきます。


失敗する確率が高い商品を、わかっていて作るメーカーはあまりありません。ここをよく認識してシャンプー選びをしましょう。

スポンサーリンク



厳選記事

今や本は電子媒体となり、場所をとる事もなく借りても返す手間がなくなり、コミックレンタル(漫画)よりはるかに人気の媒体となってきました。

ネットで利用できる宅配大手3社で安心なところばかり集めてみました。スポットレンタルでの金額も掲載しているので、どちらを選べばよいか分かりやす…

スポンサーリンク


広告