涙無しでは読めない!がんばれ元気のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

昭和の時代にボクシング漫画は数々のヒットを生み出しましたが、そんな中がんばれ元気は人気漫画として様々な影響を与えた作品と言えます。

幼き頃に受けた少年の傷は大きくなるにつれて逞しく育っていき、父親の無念を晴らすべく立ち上がる時が来ます。

そんな涙ぐましいストーリーが、タイトル通りがんばれ元気に詰まっていますから、この作品は見るべき漫画と言えます。

コミック料金比較

がんばれ元気

DVDはレンタルが出来ないのですが、購入は可能となっています。しかし漫画で見るほうが断然面白いので、ネットで利用して読んで見てください。

なのでネットレンタルした場合の金額は下記で参考にしてみてください。

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全部で16冊出ているがんばれ元気ですが、全巻借りるにはどこがお得なのでしょうか。

店舗で借りると各社店によって競合等に合わせて価格が違うので、ネットで利用した場合の金額を計算してみました。

ツタヤディスカスが、ここでは最安値で借りることができます。ただし10冊以上借りないと送料がかかるので、そこは注意が必要です。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

この漫画の主人公は堀口元気という名のプロボクサーを目指す少年である。母は元気が生まれてまもなく亡くなっている。

プロボクサーであった父も元気が5歳のときに試合がもとで亡くなり、裕福な母方の祖父母によって大事に育てられた。

元気は父にボクシングの手ほどきをうけており、死んだ父の意思を受け継いで中学を卒業するとともに上京し、プロボクサーになるための練習を始める。目標は父を倒した天才ボクサー関拳児だ。関は元気の父であるシャーク堀口との試合で自慢の鼻をへし折られたいきさつがある。

スポンサーリンク

本格派のボクサーを目指すきっかけをつくったシャーク堀口の息子である元気に対しては特別の思いを持っている。

恩師である芦川先生にも支えられながら元気はプロボクサーへの道をまっしぐらに進んでいく。スポーツ根性ものの原点にたちかえったとされる作品である。

見どころ

この漫画の見どころはなんといっても元気のアクションシーンである。資産家の祖父母に育てれられすこやかに成長した元気だが、父から受け継いだ野生的な血が流れていることを思わせる場面がところどころに描かれていくのだ。

基本的にはユーモラスなタッチであるがゆえに、ときおりのぞく荒々しさがより印象的である。ストーリーの展開は現代劇と言うより時代劇のような哀調をおびている。

元気の前にたちはだかるライバルたちはいずれも憎みきれない。読者は多かれ少なかれ、たちむかっていく元気に声援を送る一方で戦いの敗者に対する共感をおぼえるにちがいない。

とくに海道卓の登場はこの作品を単なるボクシング漫画で終わらせない大きな見どころとなっている。ボクシング以外の要素としては、芦川先生の存在が大きい。

連載当時は読者の間で、芦川先生の美貌と年齢に関する話題が盛り上がったものである。

感想

この作品を読むと、タイトルのとおり元気が出てくるのである。作者の絵はじつに力強く、そのせいもあってかどの登場人物もそれぞれにはっきりとした性格をしている。

当然元気のさわやかさはきわだっているのだが、これほどさわやかな主人公が登場する作品は少ない。はやいうちから登場する火山尊(ひやま・たける)もかなりの悪役だが、どうしても嫌いになりきれない。

自分の中にもあるものを感じて共感するところが多いのだ。元気のジムの会長親子やそのほか同級生たちに関しても生々しく描かれていてボクシングの世界が舞台になった人情話を読んだ感じである。

どなたにおすすめできる名作だが、水戸黄門が好きな人が読むとずいぶんしっくりくるはずである。
コミックレンタル

まとめ

matom
以上が涙無しでは読めない!がんばれ元気のレンタル料金と見どころと感想まででした。

がんばれ元気の作者である小山ゆう先生のその他の作品は

  • おれは直角
  • いざ!竜馬
  • お〜い!竜馬
  • チェンジ
  • ももたろう
  • あずみ
  • サムライ数馬
  • 愛がゆく
  • スプリンター
  • 原宿ストーリー

など。あずみやおーい竜馬などは是非とも読んでほしい作品ばかりです。画風がどれも似ているのが特徴的ですが、当然ストーリーは全く違い、読むものすべてを引き込む作品ばかりです。

小山ゆう先生の魅力をこれらで感じてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク