見ると眠れなくなる彼岸島のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

彼岸島はあまり日本の漫画にはないホラー漫画の傑作のひとつと言えます。表現的にはおぞましいものがあるので、幼い子供には見せないほうがいい作品と言えますが大人なら十分楽しめる作品と言えます。

ここではその彼岸島の見どころや感想などを紹介していきますので、参考にしてみてください。きっと怖くなって夜も眠れなくなるかもしれません。

DVD・コミック料金比較

彼岸島
ドラマ化も映画化もされた彼岸島ですが、内容が内容だけに大ヒット映画になるには、少し荷が重そうですが、ホラーファンなら至福を味わえる作品となっています。

キャストはあまり有名な俳優さんではありませんが、この彼岸島を機にブレイクしてほしいものですね。

DVDはドラマ版で3本出ていますから、ドラマバージョンが見たい人は下記宅配会社の料金を参考に見てみて下さい。

レンタル会社DMMレンタルツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金1,555円1,833円1,860円
繰越最大8枚最大8枚最大8枚
上限枚数8枚8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料無料無料無料
その他プラン月4枚で907円月4枚で933円月4枚で900円
借り放題1,833円1,833円からなし
公式サイトDMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ
ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

彼岸島は33巻、最後の47日間は16巻で完結しています。彼岸島48日後は、まだ連載だれていますから、ここでは33巻と16巻の合計49巻のレンタルコミック料金を比べてみました。

DMMコミックが最安値価格で利用できるという結果になりました。送料は高いですが単価がそれを補う形で、まとめ借りには向いているということですね。

ちなみに購入するならオススメなのはeBookJapan
が人気もあるのでいいと思います。

スポンサーリンク

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

彼岸島は簡単にいうとある島で発生した大量の吸血鬼と普通の人間が闘うストーリーです。さきほど書いたように残虐な表現が多いので、大人向けの作品と言えるでしょう。

吸血鬼の表情がとにかくリアルでインパクトがありすぎますから、怖いもの見たさやホラーファンにはおすすめしますが、ハートが弱い人や子供は見ないほうが良いでしょう。

吸血鬼と戦うのは主人公の宮本明で、彼だけが驚異的な能力で吸血鬼を退治していきます。というかはっきり言って人間離れしています。が傷つきますし血も流すので至って普通の人間です。

最も強敵で、吸血鬼の親分と言える雅(みやび)を倒すことが彼岸島の最大のポイントなのですが、当然強すぎて全く太刀打ちできない状況が続いています。

そのため彼岸島は続編が、彼岸島 最後の47日間と彼岸島48日後と続いています。最後の47日間というタイトルだったのに続いてしまえば、何が最後だったのか?と思ったファンも多くいたと思います。

おそらくは終わるつもりで書いてきたのが、人気が出すぎて続編へと続いたのではないでしょうか。この辺りは想像にお任せします。

見どころ

吸血鬼の親分である雅との戦いは極めて少なく、子分たちとの戦いが主になります。

その子分たちは吸血鬼からさらに進化した化け物に変わっていくのですが、それらが強すぎて主人公の宮本明も徹底的にやられてしまいます。

また、その他登場人物も数多く出てくるのですが、まさかこの人物が!!と思う人がやられてしまう点が意外性もあり、面白いポイントととも言えます。

また主人公の兄の戦いも面白く、その結末はまさに誰もが息を呑む内容となっています。ネタバレになるのでこれ以上は書けませんが、そこはレンタルして興奮を味わってみてください。

後は圧倒的強さを誇っている主人公の強くなる前の軟弱さも見どころで、現代の強さをどう手に入れたかも注目ポイントと言えるでしょう。

感想

吸血鬼漫画なので、噛まれると感染するのはお馴染みの内容なのですが、彼岸島で出てくる吸血鬼は、ただ噛まれただけでは感染しません。そこは本編で詳細は見てください。

圧倒的な敵のスケールに驚く彼岸島はまさに迫力あるホラー漫画です。

人と人とのからみも面白いですが、やはり化け物たちとの戦いは興奮します。巨大な敵も多くとても人間では敵わない敵でも立ち向かっていく宮本明は、現代社会のサラリーマンとだぶらせて読む人も多いと思います。

また主人公一人が強いので、同等の力を持った仲間が登場すればどんなに心強いかなど考えるファンも多いと思います。

まさに多勢に無勢の戦いは、溜息つくシーンばかりなのでストレスも溜まること間違い無しです。

また数多くのヒロインも登場しますが、ホラー映画らしい結末を迎える人も多くいます。まあここまで書けば何となく意味は分かると思いますが、そこは本編で堪能してみてください。

どちらにしろ、まさかの展開が多くみられる彼岸島は、ホラー好きには一度は読んでもらいたい作品と言えるでしょう。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が、見ると眠れなくなる彼岸島のレンタル料金と見どころと感想まででした。

まだまだ続編が続いて終わらない、恐怖の吸血鬼漫画。なかなかのスリルが味わえると思います。その迫力は映画でもまた存分に味わえるのではないでしょうか。

興味があればDVDも鑑賞してみてください。