寄生獣の映像技術はようやく日本が世界に認められるか

スポンサーリンク

原作では主人公の新一が、寄生獣であるミギーに脳を支配される寸前でなんとか逃れて、友達となっていく。

右手をのっとったから名前はミギーである。安直だが覚えやすいネーミングだ。

結果人類の情報を数々取得した結果、主人公の新一とともに町に住む寄生獣たちを倒していくというストーリーだ。

映画寄生獣の簡単ストーリー

主に人間をエサにしている寄生獣たちのなかで、ミギーだけは人間の食べ物に従順していくといういかにも漫画らしい展開が待っている。

最終的には、寄生獣最強の敵である後藤との対決が待ち受けている。

後藤はその名の通り5頭の寄生獣からなるひとつのモンスターだ。

コントロールするのが難しいといわれる、寄生獣複合体のなかで、極めて優秀な頭脳と抑制力を兼ね備えた完全体に近い生物である。

弱点はやはりその五体をコントロールする頭で、新一とミギーもここを破壊することに全力を傾けた結果、かろうじて勝利をおさめたのだ。

こうして人類は救われ、もとのめでたい平和な人類が戻ってきたのである。

スポンサーリンク

しかし寄生獣は全滅したわけではなく、あくまで人間と共存していっただけの話。

もしかしたらあなたのそばに寄生獣が・・・・なんて話は昭和の時代によくありました。(笑)

追い付き追い越せ日本の映画技術

どちらにしろ迫力ある映像が見られる、近代映画の日本の躍進を期待できる作品です。

映画館に行って見るのもよし。漫画を購入して読むのもよし。

漫画をレンタルして読むのもよし。漫画喫茶で読むのいいでしょう。

漫画寄生獣がヒットした理由は、身近な学園ストーリーの中で高校生である主人公が、のっとられた寄生獣とともに闘う姿が、好感を持たれているといえる。

漫画も非常に面白いので是非読んでもらいたい。

日本の映画技術は海外と比べると大幅に遅れているが、負け時と技術の進化をとげていき以前と比べると、大きく飛躍した。

電化製品はMADE IN JAPANといわれる中でなぜか映画の技術だけが遅れている日本の映画界。

この映画で日本の技術の躍進を見せつけてもらいたい。

今後日本の映画界が躍進していくには、大手企業の参入も必要不可欠となってくるでしょう。

スポンサーリンク



厳選記事

今や本は電子媒体となり、場所をとる事もなく借りても返す手間がなくなり、コミックレンタル(漫画)よりはるかに人気の媒体となってきました。

ネットで利用できる宅配大手3社で安心なところばかり集めてみました。スポットレンタルでの金額も掲載しているので、どちらを選べばよいか分かりやす…

スポンサーリンク


広告