妖怪たちの大冒険!ゲゲゲの鬼太郎のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

昭和で放送された怖い漫画と言えば有名なのが、ゲゲゲの鬼太郎ですが子供が見たら怖いかもしれませんが、大人ではさしたる怖さは感じない作品と言えます。

しかし子供の頃に見た記憶が残っている人には、やはりゲゲゲの鬼太郎のインパクトは大きく、よくテレビアニメで放送されたなと感じる作品でもあります。

鳥取県の境港市では、作者の名前からとった水木しげるロードなるものがあり、ゲゲゲの鬼太郎に出てくる妖怪たちの置物が多数置かれて、人気の観光スポットともなっています。

DVD・コミック料金比較

ゲゲゲの鬼太郎
そんな人気漫画ゲゲゲの鬼太郎のDVDも19本と豊富なラインアップが取り揃えられています。

全部借りるには定額制を利用したほうがお得なので、ネット利用時の各社の金額を計算してみました。

レンタル会社DMMレンタルツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金1,555円1,833円1,860円
繰越最大8枚最大8枚最大8枚
上限枚数8枚8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料無料無料無料
その他プラン月4枚で907円月4枚で933円月4枚で900円
借り放題1,833円1,833円からなし
公式サイトDMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ
ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

単行本は17冊発売されていて、DVDとどちらを利用するか悩むところですが、とりあえず全部借りた際の金額を計算してみましたので、DVDかコミック利用か考える目安にしてみてください。

ツタヤディスカスが最安値で借りれる結果となりました。DVDも利用できるので、どちらか悩んでいてもとりあえずは、ツタヤディスカスで会員になっておきましょう。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのはeBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

この漫画の主人公は鬼太郎という妖怪族の少年である。主な登場人物は鬼太郎の唯一の家族である父親の目玉のおやじとねずみ男だ。

鬼太郎は霊的能力をもっており目玉のおやじとともに、悪い妖怪にとりつかれた人間を助ける話になっている。毎回ねずみ男というずるがしこい妖怪が事件にからんできて混乱を呼ぶことになる。

鬼太郎に関する作品を通しで読みたい場合には、この作品が複数の出版社から発表されてきたことを知っておかねばならない。出版社によって作品や鬼太郎の雰囲気が違っているのである。

ゲゲゲの鬼太郎という作品名は、本作がアニメ化された際に命名されたもので、それ以後はさまざまなバリエーションのある鬼太郎作品の総称となっている。

作品群の中の大きな2本柱は、貸本漫画時代の「鬼太郎夜話」と少年漫画雑誌に連載された「墓場の鬼太郎」になる。

見どころ

この漫画のみどころはなんといっても、一つの話の中に登場する悪役の妖怪である。まず作者の描く独特の妖怪の姿に見入ってしまう。

アニメ化されたものを見たことがある読者は漫画に描かれている妖怪の方がずっと怖いことに気づくはずである。怖さの効果も手伝ってその正体が紹介されるのを読み込んでしまうのだ。

妖怪族の話なので人間界の常識でははかれない展開を見せるのは怖い中にどこか面白さがある。鬼太郎は悪役の妖怪と戦うにしてはあまり強そうな印象はないし、実際ひどい目に会ってしまう。

それをどうやってはねかえして勝利するかというところもポイントである。全体の流れを面白くさせている存在がねずみ男である。

ねずみ男が出てきたとたんにギャグ漫画の雰囲気になってしまうのは、このキャラクターの魅力である。

感想

何種類もある鬼太郎の登場するシリーズをそれぞれ読んでみると、ねずみ男だけは変わりないキャラクターであることに気づく。

対象となる読者の層が変わっても、ねずみ男のような存在はどこにでもいるということに違いない。ねずみ男は実にのびのびと思いのままに行動する。悪いことをするし、計算高く平気で裏切ったりもするのだが、どこか憎めない。

読者は人間とはこういうものではないのかと考えさせられてしまうはずである。そんなねずみ男がときには改心して主人公の手助けをするとほっとさせられるのだ。

作品に登場する妖怪は多いが、どれもその向こうから作者の語りかけてくる声が聞こえてきそうな気がする。水木しげるワールドにどっぷりと浸かる心地よさがある。

これほど素直に作者の思い入れが伝わってくる作品はめずらしい。
コミックレンタル

まとめ

matom
妖怪たちの大冒険!ゲゲゲの鬼太郎のレンタル料金と見どころと感想まででした。

最初は怖い漫画だったゲゲゲの鬼太郎ですが、気が付けば正義のヒーローとなっていました。やはり人気が出ると最初の趣旨が変わってしまいますが、妖怪がヒーローという異色のこの漫画、昔を思い出すのに読んでみてはいかがでしょうか。