聲の形(こえのかたち)のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

漢字が難しくてタイトルが読めない作品は多くありますが、この聲の形も同様ではないでしょうか。ちなみに読み方は「こえのかたち」です。

大今良時先生が描いたこの作品の見どころなどをここでは紹介していきます。テーマは現代社会に永遠に課題とされる「いじめ」となっています。この作品を見て影響を受けた人たちが大きなうねりとなれば、いじめ撲滅の可能性も少しは増えるかもしれません。

DVD・コミック料金比較

聲の形
DVDは1巻のみレンタルできます。下記は単発で借りる際の金額を比較してみました。

近くで借りるかネット利用するか考えている人は参考にしてみてください。

レンタル会社DMMレンタルツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金1,555円1,833円1,860円
繰越最大8枚最大8枚最大8枚
上限枚数8枚8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料無料無料無料
その他プラン月4枚で907円月4枚で933円月4枚で900円
借り放題1,833円1,833円からなし
公式サイトDMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ
ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

聲の形は全巻で7冊です。ネットで借りてみたい人のために7冊借りるとどれくらい料金がかかるか計算してみました。

結果を見ると電子データで見れるレンタが最安値です。送料+延滞料ともに0円なので、小ロットの利用にはここがおすすめと言えます。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、eBookJapan
が人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

小学生の主人公、石田将也はやんちゃな性格で好奇心が旺盛だった。転校してきた耳の聞こえない少女、西宮硝子に日々ちょっかいをだしていたのだがだんだんとエスカレートしてしまい次第にいじめへと変わっていく。

そして、ある事件をきっかけに周りからも距離をとられるようになり気づけばいじめの対象が自分へと変わっていく。

仲の良かった友達も手のひらを返すように離れていき時は過ぎ高校生になってしまう。将也は硝子に対するどうしようもない
思いもあり手話の勉強をしながら硝子を探していた。そして再会を果たした2人は・・・。

見どころ

この漫画の見どころは言いたいのに言えなかったり、思ってるのに伝わらなかったりする葛藤のようなところにあると思っています。小学生時代の一件があり、高校生になった将也は性格も変わっています。

昔は何も気にせず言動していましたが、現在は人の目を見れなくなってしまい心を閉ざしてしまっているので言いたいことを言い出せないことも度々あります。

硝子を中心に新しい高校の友達や蟠りが取れないままの小学生時代の友達との関係を描いていくのですが、言葉で表せないこともあり、暴力などのドロドロとした展開も多くあります。

感想

可愛らしい作画とは裏腹に人間の汚い部分や嫌な部分を上手く描いていると思いました。上手く描くというのはただ嫌な部分を描くのではなくなぜ、そうしてしまうかという理由が読者に見えてきて、なんだかわかる気がすると感じさせられるような部分があるといったイメージです。

私はこのわかる気がするという感覚があったことで自然とその人物に感情移入することができ物語をより近くに感じられました。

また、面白いのが主人公とヒロインの硝子が中心ではあるのですが、周りにいる友達や知り合いの人達が欠かせない存在だということです。

一見、脇役の様で引き立てているだけに感じるのですがそうではなく周りの人達がいないと物語が成立しないほどに重要な要素を持っている人達ばかりなのです。

それでいて主人公達より前に出ることが無いというところに見せ方のうまさを感じました。

きっとこの漫画を読むとみなさんも一度はこんな思いをしたことがあると感じられる作品だと思います。ジャンルとしては恋愛漫画になるのですが、それだけではとどまらない物語になっていると思いますので読んでみても損はないでしょう。
コミックレンタル

まとめ

matom

以上が、聲の形(こえのかたち)のレンタル料金と見どころと感想まででした。

平和な日本ではありますが、平和過ぎるゆえにこういった「いじめ」問題はなかなかなくならない課題と言えます。

それぞれの家庭環境や性格、人間関係など様々な原因があるわけですから、それぞれの問題解決に取り組み続けても、また違う問題が出てそれがストレスになる負の連鎖が続く以上撲滅は難しいと言えるでしょう。

それでも何かしら行動をすることで、その悩みが少しでも解決できるよう我々大人たちもいろいろ考えさせられる作品と言えます。