あだちワールド炸裂!クロスゲームのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

週刊少年サンデーで連載されてきたクロスゲームは、あのタッチの作者であるあだち充先生の作品です。

あだち先生は野球漫画と恋愛を混ぜたストーリーの作品が多く、クロスゲームもその系統で展開されている作品です。

それにも関わらずクロスゲームも絶大な人気を誇り、アニメ化もされ飽きのこないあだちワールドが詰まった作品と言えるでしょう。

DVD・コミック料金比較

クロスゲーム

DVDも13巻出ていますからアニメ好きの人は、DVDも要チェックと言えます。数も多いのでスポットレンタルより定額プランで鑑賞しましょう。

各社ネットで利用できる料金プランを比較してみました。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全巻は17冊出ている単行本ですが、ネットで借りるといくらになるのか計算してみましたので、参考にしてみてください。

とツタヤディスカスが最も安く利用可能です。DVDもレンタルできるので、ツタヤ会員になっておけば、何かと便利と言えるでしょう。

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

スポンサーリンク

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

『クロスゲーム』の概要

クロスゲームはあだち充に連載作品の一つで、ラブコメを中心とした野球漫画です。あだち充先生の作品と聞くと大体はヒーローヒロイン1人ずつの王道漫画を想像しますが、本作のヒロインは2人。

しかも、1人は幼くしてなくなっているため、主人公は彼女の面影を追って生きているというなんともシリアスなお話です。主人公、光は野球部に所属する高校2年生。

小学5年で死別した幼馴染若葉のために、毎年誕生日にはプレゼントを買い続け、若葉の夢だった甲子園に連れて行くべく野球部に入っています。

その様子を見守るのが、若葉の一つ下の妹の青葉です。微妙な二人の関係は、10年も続いていましたが、若葉にそっくりのあかねの出現で、今二人の関係に変化が現れ始めました。

見どころ

クロスゲームの見どころは、光、青葉、あかね、若葉の関係の変化にあります。光も青葉も幼い頃から活発で可愛かった若葉が大好きで、若葉が亡くなった後もその存在に囚われているようなところがありましたが、あかねの出現によって光は、新しい恋を見つけます。

蒼葉も同時に自分が「160kmのボールを投げる男」に執着して光と接していたことに気づき、光に固執するのではなく、新たな恋を見つけます。

また、クロスゲームのもう一つの見どころは、作中なんども開催される野球の試合です。野球の試合は毎度手に汗握る場面も多く、最終回の竜旺戦はおきまりの延長戦となります。

決勝戦が、あかねの主日人重なる点は、さすがあだち作品の演出と評するべき見どころです。。

感想

あだち充先生の作品はその多くが映像化されています。ほとんど変わらぬ容姿のキャラクターと似ているような設定の数々がいまでも愛され続けている理由はどこにあるのでしょうか?

私は、クロスゲームの中にもある、「幼馴染の死」「青春時代の野球部」「勝利して成功に近づいて行く」という要素は、間違いなく読者に愛される作品の要素だとこの作品の中から感じました。

作中、青葉と光の微妙な関係は、あかねの登場まで続きます。このつかず離れず似た者同士の同族嫌悪のような関係は他の作品でも見ることがありますが、あだち先生が書くとなかなか「本当に仲が悪い2人組」ではなく、どこか仲が良くこそばゆい関係に思われるのが魅力的です。

青春の甘酸っぱさを味わいたいなら、ぜひクロスゲームをご覧ください。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上があだちワールド炸裂!クロスゲームのレンタル料金と見どころと感想まででした。

あだち充先生のその他作品は

  • ナイン
  • H2
  • 陽あたり良好!
  • みゆき
  • タッチ
  • スローステップ
  • ラフ
  • 虹色とうがらし

などいずれも有名な作品ばかりが揃っていますから、上記に挙げた作品すべて読んで見る価値があると思います。

野球関連がとにかく多いのですが、それでもワンパターンではなく各作品にそれぞれの個性が光っている作品ばかりと言えるでしょう。

スポンサーリンク