主人公の半生を描いたMAJORのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

数々の野球漫画は大ヒットしてきましたが、その中でもMAJORも人気を博した作品の一つと言えます。週刊少年サンデーで15年以上連載されてきたその魅力は、まだ読んでいない人は是非とも読んで見てください。

ここでは、満田拓也先生が描くMAJORの見どころなどをここでは紹介していきますので、参考にしてみてください。

DVD・コミック料金比較

MAJOR

アニメ化されたMAJORは、DVDで9巻ほど借りることができます。なのでネット宅配DVDを利用した際に、それくらい金額がかかるか比較してみました。

レンタル会社DMMレンタルツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金1,555円1,833円1,860円
繰越最大8枚最大8枚最大8枚
上限枚数8枚8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料無料無料無料
その他プラン月4枚で907円月4枚で933円月4枚で900円
借り放題1,833円1,833円からなし
公式サイトDMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ
ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

全巻で78冊出ているMAJORをレンタルした場合の金額を計算してみました。しかし78冊一気読みするのは大変ですが、下記は一気読みするならどれくらいの金額がかかるかの目安として捕えてみてください。

単価50円の強さでDMMが最安値で借りることができます。送料が高いのでこういったボリューム利用すれば、他社を圧倒したコストパフォーマンスが提供できるのです。

ちなみに購入するならオススメなのは、eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

野球は日本の国民的なスポーツの代表で、子どもを部活に入れるなら間違いなく候補の一つですよね。

ところで野球のマンガといえば、何を思い浮かべますでしょうか。昭和時代なら「巨人の星」、それとも「ドカベン」でしょうか。どちらも、泥臭くてかっこいい代表的な作品ですよね。

スポンサーリンク

中学生の時、Bookoffで偶然立ち読みをしていました。そこでこのマンガを手に取り、スッと引き寄せられたことは今も覚えています。

小さい時から野球を始め、野球でまわりの人を巻き込み、どんな逆境になっても野球と真剣に向き合うという主人公の生き様をリアルに描いたマンガです。

少年時代からメジャーリーグまで主人公の成長を描き、多くの挫折と一筋の栄光を経て自分の思う道を突き進むド直球の野球漫画、それが「MAJOR」です。

見どころ

まず、衝撃だったのは物語の始まりです。

主人公の父の本田選手はプロ野球選手で、投手から野手へ転向し、日本へ来た大物ギブソンから一攫千金のホームランを放つ。かっこいいですよ、本当に。

しかし、その直後にギブソンから死球を受けて急にこの世から去ってしまいました。残された子どもには辛すぎる父の死、主人公の吾郎は当時5歳、さすがに現実をすぐに受け入れることはできなかったですね。

次に、ドラマチックな主人公のリトルリーグ時代を紹介します。子は親に似るもので、主人公の吾郎くんは父の婚約者と一緒に過ごしても、茂野選手の息子となっても、自他とも認める野球一筋でした。

いじめっこ、いじめられっこ、さらには女の子まで巻き込んで、野球を通して団結して一つになっていく過程は、本当に目が離せないほど見守っていきたくなる展開でした。

吾郎くんが自分の体の限界まで戦って、全国NO.1にしてライバルの佐藤くんが率いる横浜リトルを破る話は、涙せずにはいられません。

物語の中で、やはり挫折をするのも成長の糧の布石なのです。リトルリーグで横浜リトルを破り、伝説を作り上げたのですが、吾郎君はお父さんの移籍によりひっそり福岡へ行くことになりました。

しかし作者の思惑もあって、3年後には再び横浜に戻ってきて、サッカー部に入っていたが結局野球部に入部することになり再び吾郎君の物語が動き出します。

高校ではマニュアル野球に嫌気がさして、我が道を進み野球部のない学校から野球部を全国ベスト8へ押し上げ、その活躍もあり、国内の球団からオファーをもらいました。

横浜に在籍した父親の永久欠番「17」を受け継ぐチャンスもあったのですが、みんなの後押しもありメジャーリーグへ行くことにした吾郎君でした。

メジャーリーグにおいても、ギブソンjr.との確執や体の限界からクローザ―への転向とさまざまな挫折を経て、ワールドシリーズを制覇し、日本代表に選ばれて人生でもっとも高いところまで登りつめる吾郎君でした。

感想

自分は、スポーツの中では野球ではなくサッカーが一番好きで、マンガの中で一番の作品は間違いなく「スラムダンク」としているのですが、この「MAJOR」は、すごい情熱を授けてくれた作品でした。

主人公の本当に小さい時からスポットライトを当てて、リトルリーグ~転校からの横浜復帰と忙しかった中学時代~まわりの大人に振り回された高校時代~メジャーリーグでの確執~日本代表としての活躍と本当に目が離せずに、思わず読み込んでしまいました。

一方で、小さいころに父親をなくし、父の同僚に引き取られ、父を死にさせてしまったが尊敬していたギブソンとその息子との出会いなど、伏線がたくさん貼られていて、実際に体感することは難しいものの感情移入してしまう場面もたくさんありました。

それにしても、いかなる困難にもまわりを巻き込む吾郎くんのカリスマ性と野球への情熱は火傷するほどで、野球をやっている人は読まない選択肢はないというほどおススメしたい作品です。

あと、吾郎君と薫ちゃんと結ばれたのは本当に自分のことのように喜んだのはここだけの秘密にします。息子の大吾くんが主人公の2ndシリーズの展開も素晴らしいですね。

それではぜひ、手にとってお読みください。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が主人公の半生を描いたMAJORのレンタル料金と見どころと感想まででした。

野球漫画でその他読んでほしい作品は

  • タッチ
  • ドカベン
  • 巨人の星
  • H2
  • キャプテン

など。その中でもMAJORは、上記と比較しても面白さで言えばNO1ともいえる作品と言えるでしょう。