計算式で見るマンションの購入後の感想とメリットデメリット

マンションと一軒家を購入するのに悩む人も非常に多いと思います。そんな中で実際に両方購入した経験がある私自身がその実体験をもとにメリットやデメリットを書いてみたいと思います。

人生で一番高いと言われる買い物ですから、どのようなメリットデメリットがあるか気になるのはこれから購入を考えている人には必見の内容と言えるでしょう。

ネットで探しても両方購入した人は少ないと思いますので、リアルな内容を書いてみたいと思います。ただし価格はそれぞれ違いますので、価格以外の内容となります。

スポンサーリンク

マンションと一軒家の違い

リビングルーム
単純にマンションと一軒家の違いはお金を払い終わらないという点が最も重要項目です。何故ならマンションには管理費と言う名の毎月の維持費が月1万から3万円必要となります。

主な内容は

  1. 駐車場代(無料のところもあり)
  2. 修繕費
  3. エレベーター管理費
  4. 共用部分の電気代

など。一軒家だと修繕費以外はかからないものです。この毎月の管理費を死ぬまで払い続けるという点が大きなデメリットとなります。なので実際に住んでみると3~5年で出ていく人も多いのが現状です。

なのでマンション購入の際はしっかり計算して購入を考えましょう。

マンションと一軒家の購入価格の計算式

一軒家の購入価格+庭の外壁代+庭のガーデン代=マンションの購入価格+(共益費×予定居住年数×12)

となります。建物と土地代だけに見えるのがそれぞれの盲点で、そこからさらに上記経費がかかります。

もちろんここに固定資産税もさらに加わりますが、どちらを購入しても税金は払う必要があるためここでは割愛しています。予定居住年数が死ぬまでの場合は、残りの人生をおおよそで算出して計算してみるといいでしょう。

価格3,000万円の一軒家とマンションを購入した場合 残りの人生50年と過程して、共益費は駐車場を入れて月2万円さらに固定資産税はそれぞれ同価格の8万円で計算していますので50年で400万という前提です。

一軒家 3,000万円+外壁代200万+庭のガーデン代100万+固定資産税400万=3,700万円

マンション 3,000万円+(共益費年間24万×50年 1,200万)+固定資産税400万 =4,600万円

です。あくまでおおよその計算となりますリフォーム代などは含めていません。そして60年生きればさらにマンションは支払いが増えていきます。

マンション購入後の良かった感想

マンション購入後の良かった感想いわゆるメリットは

  • 利便性があるので買い物や通勤に便利
  • ワンフロアーなので部屋での移動や掃除が楽
  • ワンフロアーなので家族との交流が増える
  • 高い階なら防犯性が高い
  • 家に比べると価格は同じ立地なら安い
  • 庭の手入れが不要
  • 自治会などがないので掃除や草むしりがない

などワンフロアーなので家族とのコミュニケーションが一軒家よりも増えます。何故ならばリビングにいる割合が一軒家と比べて多くなりますし、二階に行くとお互いがその部屋に行くのが面倒なので、ワンフロアーだと行き来がしやすいのです。ただし思春期の子供さんからすると迷惑となるでしょう。

もし自分らが死んでマンションを売る際には、長い年月が経ったマンションほど価格は安くなります。もちろん一軒家も同様ですが、一軒家は価格がそこまで変わらない土地という財産が付いてきます。

子孫に土地を残したいなら一軒家のほうが土地としての財産があるので、おすすめと言えます。

マンションなどは逆に築100年経ったら一体どうなるのでしょうかね。子孫が住むには老朽化しすぎて不安しか残らないと言えるでしょう。

マンション購入後の悪かった感想

マンション購入後の悪かった感想いわゆるデメリットは

  • ベランダの規制が多い
  • ふとんを干してはいけない
  • 煙草を吸ってはいけない
  • プール遊びをしてはいけない
  • 1階までエレベーターで降りるのが面倒
  • 高い階だとエレベーターを待つのが長い
  • 近所づきあいがない
  • 洗車できない
  • 子供が庭遊びできない
  • 立体駐車場が混雑して車の出し入れが時間がかかる

など。規約が多いため自由度は低いといえます。また引っ越しもみなほぼ同時だったため引っ越しの挨拶をどうしようか考えていたら誰も来なかったので我が家もしませんでした。

また隣人などは5年で引っ越しをしたため一度も顔を見ることなく去っていきました。このくらい干渉されることがないといえます。なので干渉される人が嫌な人にはマンションはおあつらえ向きと言えるでしょう。

老後と子供のことを考える

利便性を考えてローン完済後もお金をはらえる余裕がある人はマンションでもいいですが、老後に支払いの不安がある人は一軒家のほうがいいでしょう。

人間年をとると何かと不安が出てきます。足が悪くなると階段の上り下りがきつい、車で買い物や病院に行けるかどうかわからないなど。

ただ老後の病院通いや最近の免許返納の流れを考えると、車のいらない利便性のある場所でマンションを買うほうが、老後だけをみると階段が部屋にないマンションがおすすめと言えます。

実際に一軒家とマンション両方に住んだ感想としては子供がいるなら近所づきあいも兼ねて一軒家がおすすめと言えます。近所づきあいがないと子供も友達ができにくくなります。

もちろん同じマンションの人と友達になる必要はありませんが、それでも友達の家は安全面を含めても近いに越したことはありませんからね。



まとめ

以上が計算式で見るマンションの購入後の感想とメリットデメリットでした。

老後までを考えると免許返納を考えてマンションがおすすめですが、老後に管理費を支払い続けるという大きなデメリットがあります。また固定資産税も死ぬまで払い続けなければなりませんから、これらをしっかり計算してマンションを購入するか一軒家を購入するかの参考にしてみてください。

また子供のことを考えるなら幼稚園や小学校、中学校までの通学距離もしっかり押さえておきましょう。あまりに遠いと低学年までの小学生は可哀そうですからね。

知識

Posted by Logメイト