男子アナの人気はギャップが魅力の桝太一が独走態勢に!

スポンサーリンク

今年の男性アナランキングもまたまた、桝アナウンサーがタイトルを獲得したが、それも当然で、他に個性的なアナウンサーがいないのである。

2位3位も含めて、いつ番組に出てんの?というような顔ぶればかりだから、勝って当然なのである。要するにライバルがいないのだ。

人気男性アナは桝太一が3連覇

masu

何故このような状況が、起きているかというと各局が女子アナに力を入れすぎてしまい、男性アナの立場がなくなりつつあるからである。

男子アナの中堅クラスは、すっかり夕方番組に出番が限られ定着し、若手はどちらかというと朝番組か、バラエティにちょこっと顔を出すだけである。

戦略がずれるばかりのTV局もある

フジテレビなどは、最近では男子アナも顔でとるようになり、視聴率を顔でとれるという勘違いが入ってきている。

かつては視聴率独走だったフジテレビは、もはや過去の遺物。女子アナがきれいだったから視聴率が取れたわけではなく、あくまで顔と個性である。

美人は3日で飽きるが、~は噛めば噛むほど味が出るといわれているように、もう少し顔だけでなく個性が強いアナウンサーを積極的に登用していけばよい。

じゃあどんな男性をアナウンサーにするの?

何も高学歴にこだわらなくてよいと思うので、私だったら狩野英孝か杉村太蔵などを思い切って採用してみる。

スポンサーリンク

高学歴から抜け出せない局アナの壁を是非撃破してほしいものだ。

話は戻るが、ZIPでお馴染みの桝太一アナがここまで活躍するのは、顔も当然だが、あの腰の低さも魅力的な要因である。

高学歴なのに変な被り物の衣装は着るし、バラエティでは体を張るところがお茶の間のファンを増やす要因でもある。

固いイメージの男性アナたちも桝アナを見習って、固い何かをとって外すものをはずしてしまおう!

人気の最大の要因はギャップと地方性

gap

今男子アナに求められているのは、ギャップである。このギャップが桝太一の人気を不動のものにしているのであろう。

性格は堅そうだが、外すととても面白い人物なのが好印象なところ。また地方球団のカープファンでも有名なアナウンサーである。

ああいった、都会の局アナが地方球団のファンであるところなどが、また人気に拍車をかけるところである。

私もカープファンなので、ぜひとも今後の活躍を応援したいアナウンサーなのでした。

第2の桝太一は誰か?今後は各局がどういったキャラアナを押し出してくるか、楽しみにTVを見ていたいと思います。独走体制、絶対王者の貫録を今後も期待したいところですね。

スポンサーリンク



厳選記事

今や本は電子媒体となり、場所をとる事もなく借りても返す手間がなくなり、コミックレンタル(漫画)よりはるかに人気の媒体となってきました。

ネットで利用できる宅配大手3社で安心なところばかり集めてみました。スポットレンタルでの金額も掲載しているので、どちらを選べばよいか分かりやす…

スポンサーリンク


広告