可愛らしい主人公夏子の酒のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

美しい顔をした主人公の佐伯夏子は、女性にはあまり縁がない造り酒屋をテーマにした作品となっています。モーニングで連載された夏子の酒は、彼女が経験する様々な試練を描いた人気漫画です。

ここではその夏子の酒の見どころなどを紹介していきますので、参考にしてみてください。

DVD・コミック料金比較

夏子の酒
ドラマ化された夏子の酒は、アニメで見ることはできませんが和久井映見さん主演でDVDレンタル可能です。

ネットで借りるならお試し期間がついた定額プランがおすすめなので、各社料金を比較してみました。

レンタル会社DMMレンタルツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金1,555円1,833円1,860円
繰越最大8枚最大8枚最大8枚
上限枚数8枚8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料無料無料無料
その他プラン月4枚で907円月4枚で933円月4枚で900円
借り放題1,833円1,833円からなし
公式サイトDMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ
ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

単行本では12冊出ている夏子の酒をDVD同様に、ネットでレンタルした場合の金額を計算してみました。

計算した結果、DVDレンタルもお得なツタヤディスカスが安く借りることができます。会員になっておけば何かと便利なので、これを機会にTカード作成と併用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

「夏子の酒」は、1988年から1991年に講談社の「モーニング」に連載された漫画で、作者は尾瀬あきらである。

「夏子の酒」の内容は、主人公の兄である佐伯康男が、幻の酒米「龍錦」を使用し、最高の酒を造ろうと実家で頑張っていたが、志半ばでガンで亡くなってしまう。

葬儀の際、康男の妹で、本作品の主人公の佐伯夏子は、東京の広告代理店でコピーライターとして大きな仕事を始めたばかりだったが、会社を退職する決意をし、実家に戻り、兄の夢を引き継いだ。

漫画の中では、主人公の佐伯夏子が米造り、酒造りを通して、数々の問題に対処していくことが主な内容です。

1994年に、フジテレビ系列でテレビドラマ化(和久井映見主演)されたこともあり、全国に日本酒ブームを巻き起こした。また、コメを始めとする日本の農業問題を取り上げるきっかけとなった作品です。

また、尾瀬あきらによる続編「奈津の蔵」も1998年から2000年に講談社の「モーニング」で連載され、夏子の祖母の話が取り上げられている。

見どころ

まず初めの見どころは、たった1350粒しか残されていない、幻の酒米「龍錦」の栽培です。

「龍錦」は、山田錦などに比べ、一粒が大きく、質や脂肪分少ないので、酒造りには非常に向いているのですが、背の高さは1mを越えるため、倒伏しやすい性質を持ち、化学肥料や農薬を使用しづらい酒米でした。

そのため、夏子は有機栽培で栽培することを決めたのですが、夏子自身が米栽培をしたこともなく、ひたすら試練に向き合って、解決していくところが見どころです。

幻の酒米「龍錦」の栽培が進んでからの見どころは、「純米大吟醸・康龍」を作るまでの杜氏としての職人肌を表現しています。

酒造りだけではなく、他の業種の職人や、職人に憧れる読者は、自然に物語に入り込むことができるのではないでしょうか。

感想

「夏子の酒」は、日本酒ブームの先駆けとなった作品であるが、作者の取材や下調べが緻密だったこともあり、日頃、日本酒を飲まないけれども、酒米造り、酒造りの方法などが簡単に理解できました。

酒造りに関わる方々のお酒にかける情熱があるからこそ、おいしい日本酒が飲めるし、このような方々がいるからこそ、外国人にも有名なお酒になるんだと感心しました。

ストーリーも12巻でしっかりとまとめ、無駄もなく、非常に丁寧に説明が行われ、普段漫画をあまり読まない方でも読みやすい作りになっていると思いました。

コミックレンタル

まとめ

matom

以上が、可愛らしい主人公夏子の酒のレンタル料金と見どころと感想まででした。

やはり漫画を見るうえで、主人公が可愛い、もしくは格好いいのは当たり前なのですが、夏子の美しさはまさに男女問わず引き込まれる魅力と言えるのではないでしょうか。

よくあるフィギアキャラとは違う大人の魅力をこの夏子の酒で堪能してみてください。