館ひろしさんの男らしさがさく裂!男組のレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

週間少年サンデーで連載されてきた男組は、まさに熱血硬派の男たちが繰り広げる熱いストーリーとなっています。

またジャニーズ事務所でデビューした男闘呼組とも間違える人も多いかもしれませんが、少なからずネーミングに影響があったと思うのは私だけではないかもしれません。

ここでは漫画の男組の見どころなどを紹介していきます。

DVD・コミック料金比較

ドラマ版では、あの石原軍団の館ひろしさんが主演を務めるなど、なかなか力の入った作品に仕上がっています。

アニメ版のDVDレンタルはありませんが、館ひろしさんが出ている男組 少年刑務所編ならDVD鑑賞可能となっています。1本だけ借りるならスポットレンタルがよいのですが、その他作品を見ることを踏まえて、下記では定額プランを比較してみました。

月額料金1,555円1,833円1,860円

繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

男組は単行本で25巻出ています。中々の巻数なので借りた場合はいくらかかるでしょうか。その金額を少し比較してみました。

中々のボリュームですから単品50円のDMMが最安値で借りれます。数が多い利用ならDMMが一番優良なので、これを機会にチェックしておいてください。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

この漫画の舞台は関東にある名門校私立青雲学園である。青雲学園は神竜剛次という生徒に支配されており、その勢力は周辺の高校をも次々と従えつつあった。

神竜は一握りのエリートによって支配されるのが理想社会であるとし、そのために暴力を行使するという信念の持ち主だ。

そして剣術の達人でもあり、常に日本刀をたずさえている。たまりかねた青雲学園の校長は、神竜を倒すために中国拳法の達人である関東少年刑務所の囚人を生徒に迎え入れることを決断する。この囚人が主人公の流全次郎(ながれ・ぜんじろう)である。

流は青雲学園においても、権力にふみつぶされた者たちに対する誓いとして手錠を決してはずそうとしない。彼は支配するものとされるものが存在しない社会を理想としている。相異なる主義を持ち、ともに武術の達人であるふたりと彼らを取り巻く男たちの死闘がはじまったのである。

見どころ

この作品は原作者と作画担当者が別の人物である。それぞれの意気込みが感じられ、その両方が見どころとなっている。ストーリーの中で登場人物から発せられる数々の名言は、これが漫画とは思えないほどの迫力を持っている。

読者はその言葉のもつパワーに圧倒されるに違いない。さらに武術の扱い方がマニアックともいえるほどの力の入れようで、話が進んでいくにつれて作画担当者の絵が進化していくのが感じられる。原作者と漫画家の専門性が融合することで、他の作品では味わえないほどクオリティの高い格闘技の画像化がここに実現しているのである。

ストーリーの舞台も学園にとどまらず、どんどんスケールが大きくなっていくので読者は驚くにちがいない。読んでいくうちに多彩な登場人物たちの中から自分の思い入れの入る人物を探すのも楽しみになるはずである。

感想

この作品のタイトルに寄せた期待は裏切られることなく話が進んでいった。むしろそれ以上であったといってもよい。手錠をいっさいはずさないという流全次郎の生き様には最初からノックアウトされてしまった。

それに加えて神竜剛次の強さに圧倒されてしまう。その恐ろしい強さに対して素手でしかも手錠をかけたまま戦うという無鉄砲さに心をつかまれてしまって、冷静に読むことが難しかった。格闘シーンに限らず、とにかく絵のうまさに見とれてしまう。

読み終わったあとにふりかえって、登場した女性は山際涼子しか記憶になかったが、このたった一人が強烈な印象を残した。内容に興味がわかない方にも作画とストーリーの完成度からぜひ一読をおすすめする作品である。
コミックレンタル

まとめ

matom

以上が館ひろしさんの男らしさがさく裂!男組のレンタル料金と見どころと感想まででした。

最近ではあまり見かけなくなった日本男児の硬派を貫くこの姿勢。日本男児が軟弱になったのか、時代の流れになったのかわかりませんが、またこういったブームが再燃するのを願っている人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク