人とは違うおしゃれで可愛らしいランドセルを贈って喜ぶ顔を見よう!

スポンサーリンク

ランドセルをプレゼントするといえば入学前のお話ですが、用意は半年前からする人も非常に多いのです。理由はやはり売り切れ対策のためです。欲しいデザインや人気のコンセプト商品はすぐなくなります。

可愛い孫や子供にプレゼントしたい代表格といえばこのランドセル。値段もピンキリですが長く使う事を考えればなるべくいいものを贈りたいですよね。

特に小さい子供が背負うわけですから、楽に背負える軽量なものを選ぶことも考えてあげましょう。

番号を選ぶと読みたい箇所に移動します

おすすめショップ

ランドセル
プラスで教科書や筆記用具も中にいれるので、重たいとしんどいですし歩いて登校する子にはまさにハードトレーニングです。男の子ならともかく女の子の場合は、無意味なトレーニングですからそういった点も考慮して考えてあげましょう。

在庫は3月になると極めて少なくなるので、早めに購入しておきましょう。ベーシックなブラックやレッドを揃えています。

asa

フィットちゃんやくるピタパールランドセルなど取り扱いがあります。子供受けもいい品ばかりあると思います。売り切れには注意です。

スポンサーリンク

人とは違うデザインが欲しいならここがおすすめです。こんなランドセルを販売しています。

kooo

おしゃれで可愛らしいデザインですね。男の子も女の子も満足してもらえると思います。可愛い孫たちに喜んでもらえるならどれを選ぶかはセンスが問われますが、やっぱりかわいいのが一番だと思います。

上記は楽天ばかり紹介してきましたがamazonランドセルなどでもランキングをチェックしてみましょう。

普通のランドセルを選ぼう

ランドセルもピンからキリまで品ぞろえがありますが、価格帯は3~8万円とかなりの値幅があります。

6年間使うわけですから、丈夫で軽くて長持ちするものを選んでいくことが、基本的な選び方と言えます。

テレビでは変わり種のランドセルを紹介して、視聴者を驚かせていましたがあまり変わったものを選ぶと、からかわれたりしてよろしくない傾向があるので、基本はスタンダードなのが無難と言えます。

色も女の子なら赤や茶色で紫は目立ちますが、微妙なところと言えます。男の子は定番の黒で十分ですし、青や緑などは目立ちすぎる傾向が見受けられます。

高学年になったときのことを考えて色もきちんと選んでおきましょう。デザインは収納が多く、物を出し入れしやすいものを選んで後はとにかく重量です。

低学年の時に重たいランドセルを背負うのは、見ていても心苦しいですからね。

まとめ

matome
ちなみに使われている材料は牛革と人工皮革の2種類が主な素材で人気となっています。どちらも丈夫で長持ちしやすい材質なので、長年使用されてきました。6年間使う事を考えれば、すぐボロボロにならないものを選びたいですよね。

ランドセルも時代の変化とともにおしゃれなタイプが増えてきました。カラーは男の子は黒、女の子は赤という流れもすこしづつ変わりつつあります。

ちなみに購入されるランドセルの平均金額は40,000円前後が主流となります。買うときの参考にしておいてください。

ちなみに中国では大人に日本製のランドセルが人気となっていて、可愛いからとカバン代わりに使用する人が増えているとか、中国人の人口を考えると少しアレンジしたランドセルを販売すれば、面白いのかもしれませんね。