漫画や小説が読める電子コミックRenta(レンタ)の始め方と特徴

2019年6月2日

今や世の中にはレンタルサービスが充実していて、DVDやCD,コミックだけでなく電子書籍のレンタルサービスも始まってきました。ここではその電子書籍レンタルサービスの筆頭であるRentaの始め方と特徴などを紹介していくので参考にしてみてください。

コミックにはない魅力が電子書籍には詰まっています。その代表格のRenta(レンタ)はまさに話題沸騰中です。

スポンサーリンク

Renta(レンタ)の始め方

Renta
Renta(レンタ)はスマホやタブレット、パソコンなどから読むことが出来る電子書籍のレンタルサイトで、主に漫画がメインで借りれますが小説の取り扱いもあるので、漫画好きや小説好きの人にはもってこいの電子書籍サイトと言えます。

初めて利用する人はRenta!に進んだ後、メニュー右上の無料登録をクリックします。すると初期登録画面が出てきます。

初期登録画面

内容は

  • ログインID(メールアドレス)
  • ログインパスワード
  • ニックネーム
  • 性別 生年月日
  • 成人向けコンテンツを利用しますか?

などを入力します。メールアドレスがログインIDなので、IDとパスワード管理はきちんと行いましょう。またヤフーやLINE、GoogleやツイッターのIDでもログイン可能です。

登録が終わると

メールへ登録完了のお知らせ

電子書店パピレス、Renta! をご利用いただきありがとうございます。下記のURLへアクセスし、登録の完了手続きをお願いいたします。以下略

が届くので24時間以内に指定URLをクリックします。するとパスワードの最終確認画面へと案内されます。さきほど入力したパスワードを入力しましょう。

パスワード確認画面

これで登録が完了しますが、Renta!で作品をレンタルするにはポイントが必要となります。

ここで注意点があり、読みたい漫画があらかじめ決まっている場合は登録の前に検索でその漫画があるかどうか検索してから登録しましょう。私の場合登録後に探したため、読みたかった漫画がなくて別の漫画読むことになりました。これだけは気を付けておきましょう。

ポイントの購入の仕方

ポイントを購入するボタンをクリックすると

ポイント例

1ポイント1円で100ポイント購入で108円。10,800円購入しても10,800ポイントなのでまずは1,080円ぐらいの購入がおすすめです。ポイントの有効期限は最後にポイントを購入もしくは最後にポイントを利用した日より3年間有効なので、1,080円ぐらいがうっかり忘れていても許容できる金額と言えます。

ただし多くのポイントを購入するときキャンペーン時ならポイントが多くついているときがあり、(500円分など)まとめ読みする予定がある人は多くポイントを購入してもいいと思います。

支払い方法は多くあり

  • クレジットカード VISA MASTER JCBなど5種類
  • 電子マネー ヤフーウォレット 楽天Edy Amazon Pay LINE PAY BitCash Suica ペイパル ウェブマネー
  • 携帯の引き落としと同じ自動引き落とし(au、ドコモ、ソフトバンク)

などがあります。電子マネーはお近くのコンビニでも買えるので、ネットに少し抵抗がある人にはおすすめの支払方法と言えます。

ここではクレジットカード決済での選択をしました。するとカード情報の入力画面に変わります。

カード情報入力画面

カード番号やセキュリティーコード有効期限などを入力しますが、最後に次回以降同じカードで利用するにチェックを入れておくと、次回以降のカード情報の入力の手間が省けます。

ポイント購入完了後トップページへ戻り、お好きな漫画を検索してみましょう。

漫画検索方法

読みたい漫画や小説を探す方法は

  1. 検索窓にタイトルを入力して検索
  2. メニューバーから探す
  3. ジャンル別で探す

があり、タイトルがわからない漫画を探す際にはジャンル別から探していきましょう。

またRenta!では、ジャンル別で漫画を探すと、新着順や人気順、レビュー評価順など人が読んだ感想を見てから購入できるので、面白そうだけどお金を出すかどうか躊躇する作品を見つけた場合、レビュー評価を見てレンタルすることが可能です。

人気作品は、殿堂入りやロングセラーのカテゴリーから探せるので、失敗したくない人はこれらの作品から読んでいきましょう。

そしてレンタには、無料サンプル機能が付いているので、気になった作品を最初の数ページ読むことができます。そこで面白そうと感じた作品をレンタルすればいいので、読んだことがない漫画を読むにはこの無料サンプル機能を利用しましょう。

また会員にならなくても無料で読める漫画や、会員になれば読める無料作品も多く紹介されています。なのでお金がないけど暇つぶししたい人は、この無料作品を読み漁るのも一つの賢い手段と言えます。

またこの無料作品の数はめまぐるしく変わっているので、全部読んで読む作品がなくなった!ということもありませんから、いつまでも長くレンタを楽しめます。

Renta(レンタ)の特徴

レンタの主な特徴は

  • 1冊48時間レンタル可能(無期限レンタルもあり)
  • レンタル価格は100円(税別)
  • 延滞料金は自動返却のため無し
  • 電子書籍なのでスマホやタブレットで外に持ち運んでもたくさん読める
  • 外出先でいつでも気になる漫画を読める

など。わざわざ近郊のお店に借りに行かなくても漫画が読めるので、旅行中などにも重宝します。

気にいった作品は無期限にアップグレードできる機能もあるので、レンタルだけでなくほぼ購入も可能という点も魅力です。ただしこれはレンタル中での決断となり、マンガを返し終えた後ではできないので、作品を気に入ればすぐ無期限レンタルを選ぶよう注意が必要です。

また運営会社の株式会社パピレスは上場企業なので、安心安全面でも信頼できる企業と言えます。自己資本比率も50%を超えているので倒産する気配はない企業と言えます。

近郊のレンタルコミックを利用すると返却を忘れると忘れた分延滞料金が発生しますし、紛失や汚損のリスクが発生する可能性もあります。

そういったことを考慮すると媒体があればどこでも読めるRenta(レンタ)は、延滞の不安もなく紛失の不安もなくそれでいてリーズナブルな価格設定ですから、スマホ社会の現代では会員登録をしておくと何かと便利な電子書籍サイトと言えます。

その他おすすめの理由

  1. IDとパスワード入力が必要なので、家族や友達が勝手に見ることができないのでプライバシーが守られます。
  2. 電子なので部屋に置く必要もなく、かさばらないから何冊でも利用できます。
  3. 全巻に無料サンプルが付いているので、ちょっとだけ読んで気になるものだけレンタル可能
  4. 専用ソフトが要らないので、煩わしさはありません。
  5. 無料会員登録すると、会員だけが読める無料作品が読み放題です。

48時間レンタルと永遠のレンタル(いわゆる購入)が選べるので、何度も読み返したい人にはRenta!はおすすめです。

まとめ

以上が漫画や小説が読める電子コミックRenta(レンタ)の始め方と特徴でした。

レンタルには常に延滞料金というリスクが発生します。そして誰もが思うのはなぜかレンタル料金より延滞料金のほうが高いという疑問点です。この変な仕組みのレンタル業界で延滞料金を気にしないでいいRenta!は、外出先で読みたいときに漫画や小説が読める最強のネット媒体の一つと言えるでしょう。

それでも手にコミックをもって読みたい人は、近郊のレンタルショップや下記ネットレンタルがおすすめです。