白髪隠し利尻ヘアカラートリートメントVSピュアリッチ・パーフェクト

スポンサーリンク

ここでは人気の利尻ヘアカラートリートメントとピュアリッチ・パーフェクトの使い勝手から寸評までを紹介していきます。

白髪染めも各社様々な商品を出していますが、やはりある程度年齢を重ねると重視したいのが、髪や頭皮への負担です。

頻度を考えたらなるべく良いものを

美容院の棚
自分は大丈夫と思うのはやめて、値段ではなくこういった頭皮や髪の事を考えた商品を選んでいきましょう。

シャンプーや化粧品などと違い毎日使うものではありません。なので多少はお金を出したほうが、頭皮や髪への影響を少なくて済むと思います。美容院へ行くことを考えるとはるかにお値打ちですしね。

利尻ヘアカラートリートメント

気軽に簡単!髪と頭皮を痛めない!利尻ヘアカラートリートメントで白髪を手軽に隠します。

最近、市販の普通のヘアカラー剤を使い続けているうちに、頭皮が痒くなって来てしまったりヒリヒリ痛みが出てきた~と言う人が増えて来ています。

ヘアカラー使用前にはパッチテストしたから大丈夫!だと思い込んでいる人が多いですが、パッチテストはあくまでもテストなので完全では無いのです。

しかも頭皮に傷などが知らないうちに出来ていたりすると、そこから化学成分が侵入してアレルギー状態になってしまって痒みを引き起こすのです。

では、そんな状態にならない様にする事に怯えずに、気軽に白髪を隠したい!場合は一体どうすれば?と言う方にお勧めなのが、この利尻ヘアカラートリートメントです。

天然利尻昆布の効果で髪を染めてくれるので、ヘアカラー剤で髪や頭皮を痛めたと言う経験の方にも安心して使う事が出来ます。

昆布の他にも28種類の植物由来の成分を配合しているので、敏感肌の方にお勧めです。

ただ、注意して欲しい事が一つだけあります。

それは、この利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアと言って、髪の表面だけを染めるタイプなので完全に染毛することは無いと言う事です。

毎日使い続ける事で自然なカラーに染まって行きますが、使用を止めると徐々に髪色が元に戻って行くのです。

シャンプーした後に使っていたトリートメントをこの利尻ヘアカラートリートメントに替える事で、毎日のシャンプータイムで白髪隠しが出来る様になるのです。

手に付いてしまっても石鹸で洗い流す事が出来るので、ヘアカラー剤の様にお肌に付く事を恐れながら染めなくても良いのです。


気軽にヘアカラーをしたい!方や敏感肌の方、ヘアカラーアレルギーの方は是非!利尻ヘアカラートリートメントを体感してみて下さい。

スポンサーリンク

ピュアリッチ・パーフェクト

市販のヘアカラー剤で刺激があった方必見!低刺激で染まるトリートメントタイプのヘアカラー、ピュアリッチ・パーフェクト

テレビのCMや雑誌の広告などでは、乾いた髪に塗って洗い流すヘアカラー剤の新商品が続々出てくる時期ですが、最近はヘアカラー剤の刺激が強すぎて髪や頭皮が痛んで来ている人が多く見られます。

そんな方のために!と最近頭角を現しているのが、シャンプーの後に使って染めるトリートメントタイプのヘアカラーです。

トリートメントタイプの良い所は、とにかく低刺激で嫌なにおいも少なかったり、普通のトリートメントと同じ位しっとりまとまるなど使い勝手が良い所が人気です。

そんなトリートメントタイプでもヘアカラーと言う部分で刺激が多少なりともあるのですが、その刺激さえも気になる方に残された道は諦めるしか無かった時期がありました。

しかし、殆ど刺激を感じずにじっくり染めるトリートメントタイプのヘアカラーが、ピュアリッチ・パーフェクトなのです。

ピュアリッチ・パーフェクトは、他のトリートメント商品に入っているキューティクルを開くアルカリ剤を使用していないので、頭皮にトリートメントが付着しても痒みなどを引き起こす事がありません。

また、6種類の無農薬ハーブをふんだんに使ったトリートメント成分で、しなやかで美しい髪に導く事が出来ます。

髪を染めるヘアカラーも粒子がとても細かいので、短時間でギュっと髪の毛の中に浸透して染め上げてくれます。

もし、今既にトリートメントタイプのヘアカラー剤を使っていて、頭皮にちょっと気になる事がある~方はこのピュアリッチ・パーフェクトに切り替えてみると良いでしょう。

刺激があるまま使い続けていると、例えトリートメント剤でもヘアカラーアレルギーを引き起こす可能性があるそうなので、是非自分に合ったモノを使って行きましょう。

ちなみにドラッグストアで売れていたヘアカラーの特徴

  1. メジャーブランド
  2. 泡タイプ
  3. 激安広告に出ていた安価な商品

などです。ワンランク上の商品ではウエラのヘアカラーがよく出ていましたが、最も売れていたのはCMでお馴染みのビゲンヘアカラーです。

安いのが悪いとまではいいませんが、大切な自分の髪や頭皮の事を考えると、毎日使うわけではないのでより良いものを使っていきましょう。

泡タイプは浸透性では人気で、たれ落ちない点も高評価の一つでした。

そして抜け毛や髪のボリュームなどが気になりだしたら、育毛剤やアミノ酸系シャンプーなどを意識して使うようにしてください。

ケア一つで、髪の寿命も随分変わってきます。何もしないよりかはもっと自分の髪と向き合って日々知識を吸収していく方が自分のためにもおすすめです。

スポンサーリンク



厳選記事

今や本は電子媒体となり、場所をとる事もなく借りても返す手間がなくなり、コミックレンタル(漫画)よりはるかに人気の媒体となってきました。

ネットで利用できる宅配大手3社で安心なところばかり集めてみました。スポットレンタルでの金額も掲載しているので、どちらを選べばよいか分かりやす…

スポンサーリンク


広告